IntelliJ IDEA 2020.3 ヘルプ

Ruby インタープリターを構成する

IntelliJ IDEA で Ruby プロジェクトを使用するには、必要な Ruby インタープリターを構成する必要があります。現在開いているプロジェクトまたは新しいプロジェクトの作成時にインタープリターを設定できます。

Ruby インタープリターの構成は、インストール方法によって異なります。

  • パッケージマネージャー(Ubuntu では apt、macOS では Homebrew など)または Ruby インストーラー(たとえば、Windows では RubyInstaller)を使用して Ruby をインストールした場合は、手動で追加する必要があります。

  • バージョンマネージャーを使用して Ruby をインストールした場合、IntelliJ IDEA はインタープリターを自動的に検出するはずです。この場合、目的のバージョンを選択できます。

  • 分離された環境(Docker、Vagrant、WSL など)にインストールされた Ruby を使用している場合、IntelliJ IDEA を使用してリモートインタープリターとして構成できます。

ローカルインタープリターを追加する

インタープリターを追加する

ローカルインタープリターを手動で追加するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクト構造ダイアログ Ctrl+Alt+Shift+S を開き、左側のモジュールを選択します。

  2. Ruby SDK および Gem ページで、add ボタンをクリックし、新規ローカルを選択します:

    New local interpreter
  3. Ruby 実行可能ファイルへのパスを指定します。例:

    • Homebrew を使用して macOS にインストールされた Ruby の /usr/local/bin/ruby

    • Linux に apt を使用してインストールされた Ruby の /usr/bin/ruby

    • RubyInstaller を使用して Windows にインストールされた Ruby の C:\Ruby26-x64\bin\ruby.exe

    IntelliJ IDEA は、自動的に検出されたインタープリターとともに、追加されたインタープリターを表示します。

  4. リストからインタープリターを削除するには、インタープリターを選択して、remove ボタンをクリックします。

カスタム環境でインタープリターを追加する

IntelliJ IDEA を使用すると、カスタム環境を使用して、IntelliJ IDEA 内から任意の Ruby コマンドを実行できます。これを行うには、ローカルインタープリターを追加するときに、環境変数値または構成スクリプトへのパスを指定する必要があります。

  1. プロジェクト構造ダイアログ Ctrl+Alt+Shift+S を開き、左側のモジュールを選択します。

  2. Ruby SDK および Gem ページで、add ボタンをクリックし、カスタムコンフィギュレータを備えた新しいローカルを選択します:

  3. 呼び出されたダイアログで、インタープリターを追加する説明に従って Ruby 実行可能ファイルへのパスを指定します。次に下記のいずれかの方法でカスタムコンフィギュレータを構成します。

    • 環境変数の値を直接指定します。

      : env API_KEY=123

    • シェルスクリプトを使用して環境変数をロードする場合は、このスクリプトへの絶対パスを指定する必要があります。

      : /bin/bash /Users/jetbrains/sample_app/env.sh

    • direnv(英語) を使用して環境変数をロードおよびアンロードする場合は、.envrc ファイルを含むディレクトリへのパスを direnv exec コマンドに渡します。

      : direnv exec /Users/jetbrains/sample_app

    • Shadowenv(英語) を使用してプロジェクト環境をカスタマイズする場合は、プロジェクトディレクトリへのパスを shadow exec コマンドに渡します。

      : shadowenv exec --dir /Users/jetbrains/sample_app --

    OK をクリックして、インタープリターを追加します。

  4. 追加したインタープリターを選択し、設定 / 環境設定ダイアログで OK をクリックします。

自動検出されたインタープリターを選択してください

Ruby SDK および Gems ページでインタープリターを選択する

バージョンマネージャーによって管理されている自動検出された Ruby インタープリターを選択するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクト構造ダイアログ Ctrl+Alt+Shift+S を呼び出して、左側のモジュールを選択します。

  2. 必要な Ruby インタープリターを選択します。RVM および rbenv バージョンマネージャーの gemset を選択することもできます。

    Ruby SDK and Gems

  3. 選択した Ruby インタープリター / gemset の場合は、右側にインストールされている gems が表示されます。Ruby gems のサポートについて詳しくは、Bundler を参照してください。

なんでも実行を使用してインタープリターを切り替える

RVM または rbenv を使用してローカル Ruby SDK を管理する場合は、なんでも実行を使用して必要なインタープリターをすばやく設定できます。

  1. Ctrl を 2 回押します。

  2. 呼び出されたポップアップで、rvm use または rbenv shell と入力し始め、必要なインタープリターを選択して Enter を押します。

  3. (オプション)必要に応じて、変更された SDK について知らせるポップアップのロールバックボタンをクリックします。

リモートインタープリターを追加する

Docker、Vagrant、Windows Subsystem for Linux(WSL)などのさまざまなリモート開発ツールを使用すると、アプリケーションを開発するための分離された環境を使用できます。これは、たとえば次のような場合に、複数のケースで役立ちます。

  • ローカルマシン構成への影響を回避するために、隔離された環境で開発してください。

  • デプロイするのと同じオペレーティングシステムでアプリケーションを実行、デバッグ、テストします。

  • Windows Subsystem for Linux を使用して Linux にデプロイされたアプリケーションを開発します。

Docker Compose、Vagrant ボックス、または WSL を使用して、リモート環境で目的の Ruby / Rails セットアップを準備できます。次に、IntelliJ IDEA にリモート Ruby インタープリターを追加し、IDE から直接、隔離された環境でアプリケーションを実行デバッグ、およびテストできます。

リモート Ruby インタープリターを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ツールバーで、add をクリックし、新規リモート... を選択します。

    New remote interpreter

  2. リモート Ruby インタープリターの構成ダイアログで、必要なオプション(SSH、Docker Compose など)を選択し、必要な設定を指定します。

    Configure remote ruby interpreter

    リモートインタープリターを使用している場合、IntelliJ IDEA はリモートマシンからローカルキャッシュに gems をダウンロードして、コードインサイト機能を使用できることに注意してください。この場合、新しい gems が IDE 外のリモートマシンにインストールされた場合があります。ローカルキャッシュに保存されている gems のセットを更新するには、Ruby SDK および Gem ページの gems を同期させる Synchronize gems ボタンをクリックします。

  3. (オプション)ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトのファイル間のマッピングを指定します。これを行うには、Edit Path Mappings ボタンをクリックします。プロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで、ローカルおよびリモートプロジェクトのルートパスを指定します。

    Edit Project Path Mappings

    IntelliJ IDEA は、Vagrant 同期フォルダー(英語)、WSL マッピングなどを検出することに注意してください。これらのマッピングはこのダイアログに一覧表示され、変更することはできません。

関連ページ:

プロジェクト

IntelliJ IDEA では、プロジェクトを使用して、ソースコード、テスト、使用するライブラリ、ビルド手順、個人設定を 1 つのユニットに整理できます。プロジェクト内のアクション、設定、ファイル、またはシンボルをすばやく見つけるには、どこでも検索機能を使用します。を 2 回押して、ポップアップにクエリを入力します。プロジェクトを切り替える:複数のプロジェクトを同時に開いている場合は、次のオプションを使用してプロジェクトを切り替えることができます。次のプロジェクトウィンドウに切り替える:...

Ruby 開発環境をセットアップする

このトピックでは、開発マシンでローカル Ruby / Rails 環境を準備する方法と、IntelliJ IDEA がこのセットアップでの作業にどのように役立つかについて概要を説明します。前提条件の依存関係をインストールする:IntelliJ IDEA は、Ruby(Ruby MRI)のリファレンス実装と、JRuby や TruffleRuby などの代替実装をサポートしています。Ruby インタープリターをインストールする前に、Ruby をコンパイルするために必要な依存関係をマシンにインストー...

Ruby バージョンマネージャー

Linux または macOS に Ruby をインストールする最も一般的な方法は、バージョンマネージャー(RVM や rbenv など)を使用することです。バージョンマネージャーを使用すると、マシンに複数の Ruby バージョンをインストールして、すばやく切り替えることができます。IntelliJ IDEA は、ローカルマシンにインストールされ、次のバージョンマネージャーによって管理されるインタープリターを自動的に検出します。RVM、gemsets 用の rbenv-gemsets プラグインを備えた...

Bundler

IntelliJ IDEA は Bundler との統合をサポートし、IDE 内でアプリケーションの gem 依存関係を処理できるようにします。Bundler をインストールする:原則として、インストールされている Ruby インタープリターには Bundler がインストールされています。そうでない場合は、次のいずれかの方法でプロジェクト ZDK に Bundler をインストールできます。メインメニューからを選択します。を 2 回押し、呼び出されたポップアップでコマンドを実行します。Intell...

アプリケーションを実行する

プロジェクト / モジュールに SDK のセットアップがある場合は、IntelliJ IDEA から直接アプリケーションを実行できます。簡単な方法プログラムにパラメーターを渡さず、プログラムを開始する前に特定のアクションを実行する必要がない場合は、エディターから直接実行できます。実行するクラスには、有効なシグネチャーを持つメソッドが含まれている必要があります(例:)。クラス宣言の近くのガターでクリックし、実行を選択します。カスタマイズ可能な方法プログラムにパラメーターを渡す場合、VM オプションを追...

テストの実行

簡単な方法テストを開始する前に特定のアクションを必要とせず、コードカバレッジなどの追加オプションを構成したくない場合は、次のオプションを使用してテストを実行できます。キャレットをテストクラスに配置して、そのクラスのすべてのテストを実行するか、テストメソッドに配置し、を押します。または、テストクラスまたはテストメソッドの横にあるガターアイコンをクリックします。ガターアイコンは、テストの状態に応じて変化します。ガターアイコンは、新しいテストをマークします。ガターアイコンは、成功したテストを示します