IntelliJ IDEA 2024.1 ヘルプ

変更のコミットダイアログ

このダイアログを使用して、リポジトリへのローカルの変更をコミット(チェックイン)するを実行し、オプションでパッチファイルを作成します。

このダイアログで使用できるオプションは、使用しているバージョン管理システムによって異なります。

変更されたファイルペイン

このセクションには、最後のコミット以降に変更されたすべてのファイルが一覧表示されます。現在のコミットから除外するファイルの横にあるチェックボックスの選択を解除します。

変更されたファイルペインのツールバー

項目

ツールチップとショートカット

説明

the Show Diff button

差分の表示

Ctrl+D

選択したファイルのローカル作業コピーとそのリポジトリバージョンの違いをハイライトする相違ダイアログを開きます。

the Revert icon

前回保存した状態に戻す

選択したファイルのローカル作業コピーに加えられたすべての変更を元に戻します。

the Refresh button

変更のリフレッシュ

Ctrl+F5

このボタンをクリックすると、変更されたファイルツリービューが最新の状態になるように再ロードされます。

The Group By button

グループ化

変更したファイルをグループ化する方法を選択します。ディレクトリまたはモジュールごと

the Expand All button

the Collapse All button

すべてのノードを展開または折りたたむ

Ctrl+NumPad +

Ctrl+NumPad -

これらのボタンをクリックすると、ディレクトリツリーのすべてのノードが展開または折りたたまれます。これらのボタンはフラットビューでは使用できません。

変更リスト

なし

このリストから、チェックインする、パッチに含める修正ファイルを含む変更リストを選択します。有効な変更リストがデフォルトで選択されています。

変更されたファイルペインのサマリには、現在選択されている変更リストの統計情報(変更されたファイル、新規のファイル、削除されたファイル、バージョン管理されていないファイルの数など)が表示されます。この領域には、各タイプのファイル数と、コミットするファイルの数も表示されます。

コミットメッセージペイン

この領域に、現在のコミットにコメントを入力します。コミットメッセージ: フィールドに説明を入力するまで、変更を確定することはできません。

このコメントは、パッチを作成する場合にパッチファイルの名前としても使用されます。

コミットメッセージ履歴 Commit Message history Ctrl+M をクリックして、最近のコミットメッセージのリストから選択できます。

VCS 特有のコントロール

このセクションのコントロールは、ダイアログの右上の部分にあり、使用しているバージョン管理システムに固有のオプションが含まれています。

項目

説明

作成者

このリストを使用して、コミットする変更の作成者を選択します。これは、他の人が行った変更をコミットするときに役立ちます。

コミットの修正

以前のコミットを現在の変更で置き換えるには、このチェックボックスを選択します。詳細については、Git の基礎: 元に戻すこ(英語)とを参照してください。

Sign-off コミット

チェックインしようとしている変更が自分によって行われたことを証明するためにコミットをサインオフするか、コミットするコードの責任を取るかを選択します。

このオプションを有効にすると、コミットメッセージの最後に次の行が自動的に追加されます。Signed off by: <username>

項目

説明

コミットの修正

以前のコミットを現在の変更で置き換えるには、このチェックボックスを選択します。詳細については、Git の基礎: 元に戻すこ(英語)とを参照してください。

項目

説明

ファイルのロックを保持

チェックイン後、変更されたファイルをロックしたままにするには、このチェックボックスを選択します。

項目

説明

ジョブ

この領域は、Perforce の設定ページPerforce のジョブサポートを有効にするチェックボックスをオンにした場合にのみ使用できます。

この領域のコントロールを使用して、Perforce ジョブを検索し、選択した変更リストにジョブをリンクし、現在リンクされているジョブを切り離します。

  • Remove button 選択したジョブの関連付けを解除 : このボタンをクリックすると、選択したジョブを変更リストから切り離します。

  • Edit associated jobs button 関連ジョブの編集 : このボタンをクリックすると、使用可能なジョブを検索し、その詳細を表示し、ジョブを選択した変更リストにリンクする変更リストにリンクされたジョブを編集するダイアログを開きます。

  • Add button パターンにマッチするジョブの検索とリンク : このボタンをクリックして、フィールドで指定されたパターンと一致するジョブのクイック検索を開始し、そのジョブを変更リストに添付します。

    このフィールドには、Perforce ジョブの構文規則(英語)に従ってジョブの正確な名前または検索パターンを指定します。

エリア下部のリストには、選択した変更リストに現在アタッチされているジョブが表示されます。

送信 / コミットセクション

この領域のコントロールを使用して、選択したファイルをコミットするときに IntelliJ IDEA に実行させる追加アクションを定義します。

これらのコントロールは、次のバージョン管理システムで使用できます。

  • Git

  • Subversion

  • Perforce

項目

説明

コードの整形

プロジェクトコードのスタイル設定に従ってコードのフォーマットを実行します。

コードの再配置

配置規則の設定に従って、コードを再配置します。

インポートの最適化

冗長なインポートステートメントを削除します。

コードの解析

変更されたファイルをコミット中に分析します。「構成」をクリックして、IDE がインスペクションを実行するインスペクションプロファイルを選択します。

TODO の確認 (<フィルター名>)

指定されたフィルターに一致する TODO アイテムを確認してください。構成をクリックして既存の TODO フィルターを選択するか、TODO 設定ページを開いて適用する新しいフィルターを定義します。

クリーンアップ

コミット / シェルフするファイルに現在のインスペクションプロファイルを自動的に適用します。

コピーライトの更新

選択したコピーライトプロファイル - スコープの組み合わせに応じたコピーライト情報を追加または更新します

送信後 / コミット後セクション

この領域のコントロールを使用して、選択したファイルをコミットした後に IntelliJ IDEA に実行させたい追加のアクションを定義します。

項目

説明

以下のために利用可能

ツールを実行する

このリストから、選択した変更がコミットされた後に IntelliJ IDEA で起動する外部ツールを選択します。リストからツールを選択するか、参照ボタン the Browse button をクリックして、開いた外部ツールダイアログで外部ツールを構成できます。

すべての VCS

ファイルのアップロード

このリストから、コミットされたファイルをローカルまたはリモートホスト、マウントされたディスク、ディレクトリにアップロードするために使用するサーバーアクセス構成またはサーバーグループを選択します。

  • アップロードを抑止するには、なしを選択します。

  • リストにサーバー構成を追加するには、the Browse button をクリックし、表示されるサーバーの追加ダイアログで必要なフィールドに入力します。

このリストは、FTP/SFTP/WebDAV 接続プラグインが有効な場合にのみ使用できます。

すべての VCS

常に選択したサーバーまたはサーバーのグループを使用

選択したサーバーまたはサーバーグループに常にファイルをアップロードするには、このチェックボックスを選択します。

このチェックボックスは、FTP/SFTP/WebDAV 接続プラグインが有効な場合にのみ使用できます。

すべての VCS

コミット後の自動更新

コミット後にプロジェクトを自動的に更新するには、このチェックボックスを選択します。このオプションを有効にすると、作業コピーを複合リビジョン状態(英語)に対して防止できます。

作業コピーの混在リビジョン状態がフォルダーに適用される移動および名前変更リファクタリングに影響することがあります。その場合、移動されたサブツリールートとは異なるリビジョンのアイテムが別々に追跡されるため、混乱する可能性があります。

コミット後の自動更新オプションが有効な場合:

  • マージターゲットが改訂版の作業コピーが混在していると、マージはエラーで失敗します。

  • 自分の変更(英語)は決して 409 の競合を引き起こさないでしょう。

Subversion

差分ペイン

差分ペインを開くには、Ctrl+D を押すか、調査するファイルを右クリックしてコンテキストメニューで差分の表示を選択します。

このペインでは、選択したファイルのベースリポジトリバージョンとコミットしようとしているバージョンの違いを調べることができます。

差分ペインのツールバー

項目

ツールチップとショートカット

説明

the Previous Difference button / the Next Difference button

前の違い / 次の違い Shift+F7 F7

次または前の違いに移動します。

最後または最初の違いに達すると、IntelliJ IDEA は、矢印ボタンをクリックするか、F7/Shift+F7 をもう一度押して、ローカルで変更された他のファイルを比較することを提案します。この動作は、差分ビューアーの設定最後の変更の後に次のファイルに移動するオプションによって異なります。

the Jump to Source button

ソースに移動

F4

選択したファイルをエディターで開きます。キャレットは差分ビューアーと同じ位置に配置されます。

Back

Forward

前 / 次のファイルを比較する

Alt+Left Alt+Right

これらのボタンをクリックして、前後のファイルのローカルコピーとサーバーからの更新を比較します。

ビューアー

ビューアーモードを選択します: 横並びまたは統合。横並びモードには 2 つのパネルがあり、統合モードには 1 つのパネルがあります。

コードを編集して、両方のビューアーで受諾追加前回保存した状態に戻すアクションを実行できます。

テキストを変更できるのは、横並びビューアーの右側部分、または統合ビューアーの行のみです。

ファイルのローカルバージョンのみを編集できます。読み取り専用ステータスのファイルは編集できません。

空白

差分ビューアーが空白をどのように扱うかを定義します。

  • 無視しない : 空白は重要であり、すべての違いがハイライトされています。このオプションはデフォルトで選択されています。

  • 空白をトリム : 空白が行の最後と先頭にある場合は空白を削除します(("\t", " "))。

    • 2 行の末尾の空白のみが異なる場合、これらの行は等しいと見なされます。

    • 2 行が異なる場合、末尾の空白は単語モードでハイライトされません。

  • 空白を無視 : 空白は、ソースコード内の場所に関係なく、重要ではありません。

  • 空白と空行を無視 : 空白と空行を無視します。次のエンティティは無視されます。

    • すべての空白 (「ホワイトスペースを無視する」オプションのように)

    • 空白のみで構成される追加または削除されたすべての行

    • 空白以外の部分を変更せずに、線を分割または結合することで構成されるすべての変更。

      例: a b ca \n b c の違いは、このモードではハイライトされません。

  • インポートとフォーマットを無視 : インポート文と空白の変更は無視されます(ただし、文字列リテラル内の空白は考慮されます)。

ハイライトモード

差分の粒度がハイライトされる方法を選択します。

利用可能なオプションは以下のとおりです。

  • 変更された単語をハイライト : 変更された単語がハイライトされます

  • 変更行をハイライト : 変更された行がハイライトされます

  • 分割された変更をハイライト : このオプションを選択すると、大きな変更が小さな変更に分割されます。

    例: A \n B および A X \n B X は、1 つではなく 2 つの変更として扱われます。

  • 変更された文字をハイライト : 変更されたシンボルがハイライトされます

  • ハイライトしない : このオプションを選択した場合、違いはまったくハイライトされません。

    大幅に変更されたファイルを操作する場合は、ハイライトしないオプションを使用します。そのような場合、ハイライトすると、レビュー中にさらに困難が生じる可能性があります。

the Collapse Unchanged Fragments icon

変更されていないフラグメントを折りたたむ

両方のファイル内の変更されていないフラグメントをすべて折りたたみます。折りたたみできない変更されていない行の数は、差分 & マージ設定ページで設定できます。差分 & マージページを開くには、Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ツール | 差分 & マージに移動します。

Synchronize scrolling

スクロールの同期

両方の差分ペインを同時にスクロールします。このボタンを離すと、各ペインを個別にスクロールできます。

the Disable Editing icon

編集を使用不可にする

選択したファイルのローカルコピーの編集を有効にします。デフォルトでは無効になっています。編集を有効にすると、変更したファイルをコミットする前に、直前に変更を加えることができます。

the Gear icon

エディター設定

利用可能なオプションのリストを開きます。これらのオプションを選択またはクリアして、行番号、インデントガイド、空白、ソフトラップを表示または非表示にします。

the Help icon

ヘルプ

F1

ブラウザーを開き、対応するヘルプページを表示します。

上記のオプションはテキストファイルでのみ使用可能です。IntelliJ IDEA はバイナリファイルを比較できないため、ほとんどのコマンドはそれらのファイルでは使用できません。

サブミット / コミットボタン

このボタンをクリックして選択したファイルをコミットするか、このボタンの上にカーソルを置くと、次の利用可能なコミットオプションのいずれかが表示されます。

  • コミットとプッシュ : このオプションを選択すると、コミット直後に変更がリモートリポジトリにプッシュされます。このオプションは、Git または Mercurial をバージョン管理システムとして使用している場合に使用できます。

  • MQ パッチの作成 : 変更に基づいて MQ パッチを作成するには、このオプションを選択します。このオプションは、Mercurial をバージョン管理システムとして使用している場合にのみ使用できます。

  • パッチの作成 : コミットしようとしている変更に基づいて IntelliJ IDEA にパッチを生成させる場合は、このオプションを選択します。表示されるパッチの作成ダイアログで、パッチファイルの名前を入力し、リバースパッチが必要かどうかを指定します。

  • リモート実行 : 個人用ビルドを実行する(英語)には、このオプションを選択します。このオプションは、TeamCity にログインしている場合にのみ使用できます。詳細については、TeamCity プラグインドキュメント(英語)を参照してください。

関連ページ:

Git リポジトリに変更をコミットしてプッシュする

Git リポジトリに新しいファイルを追加するか、すでに Git バージョン管理下にあるファイルを変更し、現在の状態に満足したら、作業の結果を共有できます。これには、ローカルにコミットしてリポジトリのスナップショットをプロジェクト履歴に記録し、次にリモートリポジトリにプッシュして他のユーザーが使用できるようにすることが含まれます。Git ユーザー名を設定する Git は、コミットを ID に関連付けるために、ユーザー名を知っている必要があります。ユーザー名を設定していない場合、IntelliJ ID...

ファイルの差分ビューアー

この差分ビューアーは、2 つのファイルまたはファイルの 2 つのバージョン (ローカルの変更、またはローカルファイルとリモートリポジトリ内のそのリビジョン間の変更) を比較するときに表示されます。バイナリや .jar ファイルなど、あらゆる種類のファイルを比較できます。これを開くには、比較する 2 つのファイル、またはそのバージョンを比較するファイルを選択し、を押します。差分ビューアーが新しいタブで開きます。差分ビューアーは、コード補完、ライブテンプレート、その他の機能を有効にする強力なエディター...

コードスタイル

スキーム:この領域では、コードスタイルスキームを選択し、必要に応じて変更します。コードスタイルスキームの設定は、IntelliJ IDEA がコードを生成、リファクタリング、再フォーマットするたびに自動的に適用されます。IDE には、プロジェクトスキームとデフォルトスキームの 2 つの定義済みスキームが付属しています。プロジェクトスキームでは、構成する設定は現在のプロジェクトにのみ適用されます。これらの設定は、.idea の codeStyles フォルダーに保存され、VCS を介してプロジェクトと...

コードの整形

IntelliJ IDEA を使用すると、現在のコードスタイルスキームまたは .editorconfig ファイルで指定した要件に従ってコードを再フォーマットできます。で定義されていないものがあれば、プロジェクト設定から取得されます。コードの一部、ファイル全体、ファイルのグループ、ディレクトリ、モジュールを再フォーマットできます。コードの一部または一部のファイルを再フォーマットから除外することもできます。コードフラグメントを再フォーマットするエディターで、再フォーマットしたいコードフラグメントを選択...

プロファイルを構成する

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、これらのインスペクションが分析するファイルのスコープ、およびインスペクション重大度設定に関する情報を保持します。IntelliJ IDEA には、2 種類のプロファイルがあります。プロファイル IDE に保管は、IntelliJ IDEA 構成ディレクトリの inspection フォルダーに保存され、すべてのプロジェクトで使用できます。プロジェクトにコピーオプションを使用して、IDE プロファイルを現在のプロジェクトにコピーできます。プロファイル...

TODO コメント

時々、将来の参照のためにコードの一部をマークする必要があります: 最適化と改善の領域、起こり得る変更、議論される質問など。IntelliJ IDEA を使用すると、エディターでハイライトされ、インデックスが付けられ、TODO ツールウィンドウにリストされる特別なタイプのコメントを追加できます。この方法で、あなたのチームメイトは注意が必要な問題を追跡できます。1 行の TODO コメント、複数行の TODO コメント、通常のコメント行、TODO ツールウィンドウ、TODO アイテム、デフォルトでは、I...