IntelliJ IDEA 2021.1 ヘルプ

Code With Me 入門

IntelliJ IDEA を使用すると、ローカルで実行されているプロジェクトを誰とでも共有できる Code With Me プラグインを使用できます。

Code With Me を使用して、リアルタイムコラボレーション、コードの編集、サーバーの共有、デバッグセッションの実行を行うことができます。

Code With Me 共有セッションには、ホストと 1 人以上のゲスト間の相互作用が含まれます。

次の基本的なシナリオのいずれかでセッションを開始できます。

  • ペアプログラミングを行うことができます。この場合、IDE を 1 人の参加者と共有し、完全同期モードを使用するか、相互にフォローしてコードのさまざまな部分で共同作業を行います。開発者が単一の画面とキーボードを共有する従来のペアプログラミングとは異なり、独立して作業し、ゴールをより早く達成できます。

  • あなたをフォローしている多くの参加者がいる教師と生徒のシナリオを持つことができます。問題を説明し、プロジェクトのさまざまな部分をチームメンバーに示す必要があるとします。他の人にあなたをフォローさせるモードでそれを達成することができます。

  • 他の参加者と同時にコードのマルチ編集を行うことができます。この場合、参加者はコードをすばやく変更でき、同時にプロジェクトの他のファイルで作業することもできます。ただし、積極的に一緒に入力できる参加者の数には制限があります。制限は 5 で、これに達すると、IntelliJ IDEA は待機を提案するポップアップを表示します。さらに、パフォーマンスが低下する可能性があります。

ホストとして始めましょう

コンピューターをホストとして使用して、他の参加者を招待してコードで共同作業するためのリンクを作成できます。デバッグセッションを開始し、その状態とアクションを共有することもできます。

セッションを作成する

  1. Code With Me プラグインをインストールして有効にします。

  2. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

    または、メインメニューからツール | Code With Me を選択します。

  3. 開いたリストで、アクセスとコピーの招待リンクを有効にするをクリックします。

    Enable Access
  4. Code With Me: アクセスを有効にしてセッションを開始するダイアログで、ゲストのアクセス許可を構成し、アクセスを有効にするをクリックします。

    IntelliJ IDEA は、コラボレーションに招待したいゲストに送信できるリンクを作成します。

  5. リンクをゲストに送信します。ゲストがリンクをクリックすると、IntelliJ IDEA は、ゲストを受け入れるか拒否するかを提案するポップアップを表示します。

    Accept Guest
  6. 受諾をクリックします。ゲストがセッションに参加し、コラボレーションを開始できます。エディターに追加のキャレットが表示され、メインツールバーにアクティブなゲストを示すアイコンが表示されます。

アクティブなセッションを終了する

  1. メインツールバーで、Code With Me アイコン( the Code With Me icon )をクリックします。

  2. 表示されたリストからアクセスをオフにして、すべてを切断しますを選択します。

    Turn Off Access

    IntelliJ IDEA はセッションを終了し、すべてのゲストを無効にします。リンクも無効になり、別のセッションを開始するには新しいリンクを作成する必要があります。

参加者として別の IDE に参加する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックし、参加者として別の IDE に参加するを選択します。

    Join another IDE
  2. 開いたダイアログで、受信したリンクを追加し、OK をクリックします。承認されたら、別の IDE で共有セッションに参加できます。

許可

ホストとしての新しいゲストがあなたのマシンでアクセスできるものとできないものを構成できます。例: ゲストがファイルを編集し、ターミナルを使用し、コードを実行できるかどうかを指定します。音声呼び出しオプションを有効または無効にすることもできます。権限は、セッション全体またはセッション内の特定のゲストに対して構成できます。

権限を追加する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックし、権限とセキュリティを選択します。

    セッションを作成すると、権限オプションのあるダイアログが自動的に開きます。

  2. Code With Me: アクセスを有効にしてセッションを開始するダイアログで、次のオプションを指定します。

    • 読み取り専用 : ゲストがファイル、ターミナル、実行アクションへの表示専用アクセス権を持つには、この権限を選択します。

      Read only permissions

    • ファイルの編集 : ゲストがファイルのみを編集し、ターミナルにアクセスしたり、コードを実行したりしないようにする場合は、この権限を選択します。

      Edit files permissions

      一部のファイルをアクセスから除外できます。

      ファイルフィールドの隠しファイルを管理するをクリックし、除外されたファイルダイアログで、アクセスから除外するファイルを追加して、OK をクリックします。

      Excluded files

    • 全権アクセス : この権限を選択して、ゲストにすべてのファイル、ターミナルへのフルアクセスを許可し、マシンでアクションを実行します。

      Full access permissions

    • カスタム : この権限を選択して、ゲストのファイル、ターミナル、実行アクションへのアクセスをカスタマイズします。

      Custom permissions

  3. 音声呼び出しを自動的に開始オプションはデフォルトで有効になっていますが、無効にすると、セッションで音声呼び出しが無効になります。

  4. 権限を構成した後、セッションを作成している場合は、アクセスを有効にするをクリックします。権限を編集する場合は、適用をクリックします。

音声呼び出し

同僚と共同作業を行うと、セッションでチャットしたり、音声呼び出しやビデオ呼び出しを使用したりできます。

セッションを作成すると、音声呼び出しが自動的に利用可能になります。ただし、権限の編集ダイアログで無効にすることができます。

セッション中、音声呼び出しを管理できます。

音声呼び出しを管理する

  • メインツールバーで、呼び出しオプションの横にある適切なアイコンをクリックして、カメラとマイクを制御します。

    the Main toolbar

  • the More button をクリックして、呼び出しを処理するときに次のオプションを選択します。

    • 話を切る : このオプションを使用して、アクティブな呼び出しを無効にします。

    • サウンド設定 : このオプションを使用して Code With Me ツールウィンドウを開き、サウンド設定を管理します。

    • 呼び出しツールウィンドウを開く : このオプションを使用して、呼び出し、音声の管理、セッションチャットの使用を行うことができる Code With Me ツールウィンドウを開きます。

右側のツールバーから Code With Me ツールウィンドウにアクセスし、メインツールバーの代わりにそれを使用して呼び出しセッションを管理できます。チャットを使用したり、オーディオのマイクをミュートまたはミュート解除したり、カメラを管理したりできます。

the Code With Me tool window

ゲストとして始めましょう

ゲストとして、作成されたセッション中にホストをフォローし、ホストが機能しているコードを編集できます。他のセッション参加者をフォローして、プロジェクトの他の部分にアクセスすることもできます。さらに、ホストのマシンでコードを実行およびデバッグしたり、ターミナルツールウィンドウで作業したりできます。

招待を受け入れる

  1. 受信したリンクをクリックします。

  2. IntelliJ IDEA 軽量クライアントアプリケーションは実行時にダウンロードされます。

    軽量バージョンを機能させるために IntelliJ IDEA をインストールする必要はありません。

  3. インストールされると、IntelliJ IDEA は、ホストがセッションへの参加要求を受け入れるまで待つことを提案する通知を表示します。承認されると、セッションに参加できるようになります。ホストのプロジェクトを開くと、エディターにアクティブなファイルが表示されます。

    この時点で、ゲスト IDE をカスタマイズして、作業プロセスをより便利にすることができます。テーマや表示モードなどを変更できます。行った変更は、ゲスト IDE にのみ影響します。

セッションを終了する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 表示されたリストからプロジェクトを切断して閉じるを選択します。

    Disconnect and close project

    セッションが終了し、Code With Me ウェルカム画面が表示されます。同じリンクを使用するホストからのプロセスを受け入れることなく、同じセッションにすばやく戻ることができます。

    Code With Me Guest welcome screen

共有セッションで作業する

共有セッションが作成され、招待されたすべての参加者が受け入れられると、エディターに追加のキャレットが含まれ、メインツールバーにゲストのアイコンが表示され、音声呼び出しとチャットサポートを備えた Code With Me ツールウィンドウが利用可能になります。

Joined session: editor and the main toolbar

共有セッションでは、ホストのプロジェクトを個別に移動したり、他の参加者をフォローしたり、ターミナルツールウィンドウを使用したり、コードを編集したりするなど、さまざまなことを試すことができます。

参加者をフォローする

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 表示されたリストから、フォローする参加者の名前を選択し、従うを選択します。

    または、メインツールバーで、必要な参加者のアイコンをクリックします。

    IntelliJ IDEA は、参加者のキャレットの上部にキャレットを配置し、フォローしている参加者の名前を表示する小さなラベルが付いたフレームをエディターの周囲に配置します。

    Following other participant

    名前の横にある停止をクリックして、参加者のフォローを解除します。

    他の参加者の後に複数の参加者を含めることができます。フォロワーの 1 人がフォーカスを切り替えることを決定した場合、メインホストには影響しません。これは、教師と生徒のユースケースで役立ちます。

他のすべての人にあなたをフォローさせる

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 表示されたリストからすべての人にあなたをフォローさせるを選択します。

    Select Force All to Follow You

    この場合、すべてのゲストキャレットはホストの上に配置され、メインキャレットがプロジェクトの他のファイルに配置されている場合はフォーカスが切り替わります。

    Force Others to Follow You: editor

    参加者はいつでもメインキャレットのフォローを停止できます。

他の参加者にジャンプする

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 開いたリストから、参加者の名前をクリックして、移動するを選択します。

    または、メインツールバーで、参加者のアイコンを右クリックして、同じオプションを選択します。

    Jump to Other Participant

    キャレットは、選択したゲストのキャレットが配置されている行に配置されます。これは、特定の参加者のキャレットをすばやく見つけたい場合に役立つことがあります。

完全同期モードを使用する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 開いたリストから、参加者の名前を選択し、完全同期モードを選択します。

    または、メインツールバーで、参加者のアイコンを右クリックして、同じオプションを選択します。

    Select Full Sync Mode

    キャレットは、ホストのキャレットの上に配置されます。IntelliJ IDEA は、ホストのエディターとゲストのエディターの両方の周囲にフレームを配置し、完全同期モードがオンになっていることを示します。

    Full Sync Mode
    キャレットがプロジェクトの他の部分に配置されている場合でも、フォーカスはホストキャレット内にとどまります。このモードは通常、ペアプログラミングのシナリオで使用されます。

特定のユーザーの共有セッションを終了する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 開いたリストから、セッションを終了する参加者の名前をクリックして、キックユーザーを選択します。

    または、メインツールバーで参加者のアイコンを右クリックし、同じオプションを選択します。

    Kick User

    IntelliJ IDEA は、選択した参加者のセッションを終了し、ゲスト側に通知を表示します。IntelliJ IDEA はゲストプロジェクトを閉じ、ゲストを Code With Me ウェルカム画面に戻します。

    Welcome Screen

    ゲストが共有セッションに戻りたい場合は、ホストのアクセス許可が参加するのを待つ必要があります。

現在のゲストのログを収集する

  1. Code With Me のウェルカム画面で、設定 / 環境設定の横にある the More Options icon をクリックします。

  2. 表示されたリストからログと診断データを収集を選択します。

    Collect Logs and Diagnostic Data

    IntelliJ IDEA は、ローカルマシンにログファイルを作成します。ログファイルには、現在のプロジェクトのファイル名、コードの一部、キャレットの動き、入力されたシンボル、呼び出されたアクション、開いたファイル、ファイルパスなどのゲストのアクティビティに関する詳細情報が含まれます。

セッション内のすべてのログを収集する

  1. メインツールバーで、the Code With Me icon をクリックします。

  2. 開いたリストで、the More button をクリックし、フィードバックを送信を選択します。

    Collect Host and Client logs

  3. 開いたダイアログで、OK をクリックしてデータ収集を承認します。

    the Sensitive Data dialog

    ログの詳細が収集されると、YouTrack システム(英語)で新しく作成された課題に自動的に添付されます。

セッションサーバーのセッション名または URL を変更する

Code With Me 設定を使用して、作成されたセッションのデフォルト名を変更できます。

セッションに使用されるロビーサーバーの URL を変更することもできます。セキュリティ上の理由から、自社のサーバーに切り替えると便利な場合があります。

Code With Me 設定にアクセスする

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、Code With Me に移動します。

  2. ユーザー名フィールドに、セッションの新しい名前を入力します。再起動時にセッション名が変更されます。システム名を使用するをクリックすると、セッション名がデフォルトの名前にリセットされます。

    ロビーサーバーの URL フィールドで、デフォルトのサーバー URL を変更できます。

    詳細については、Code With Me(英語) ヘルプを参照してください。

  3. 変更を保存するには、OK をクリックします。