IntelliJ IDEA 2020.2ヘルプ

UML クラス図

IntelliJ IDEAを使用すると、プロジェクトのパッケージにダイアグラムを生成できます。このような図は、アプリケーションの実際のクラスとメソッドの構造を常に反映しています。

パッケージの図を表示する

  1. プロジェクトツールウィンドウで、ダイアグラムを作成するパッケージを右クリックし、ダイアグラム | ダイアグラムの表示Ctrl+Alt+Shift+U)を選択します。

  2. 表示されるリストで、Java クラス図を選択します。IntelliJ IDEAは、クラスとその依存関係のUMLダイアグラムを生成します。

クラス図の分析

メソッド、フィールド、およびその他のコード要素のリストを表示するには、ダイアグラムエディターの上部にあるダイアグラムツールバーの適切なアイコンを選択します。

Diagram editor

リストは、選択した表示レベルに基づいて表示されますが、これは変更できます。例:保護されたメソッドのみを表示するには、ダイアグラムツールバーの the Change Visibility Level button をクリックして、リストから保護を選択します。IntelliJ IDEAは、そのようなメソッドの横に修飾子アイコン key を表示します。

the class dependencies icon アイコンをクリックすると、クラスの依存関係が表示されます。IntelliJ IDEAはクラス間の関係を示すためにUMLの規約(英語)に従います。

class dependencies png

グラフのクラスをクリックすると、IntelliJ IDEAは同じパッケージ内に存在しないクラスをグレー表示します。これは、内部パッケージを含むパッケージにダイアグラムを生成するときに役立ちます。

different packages png

ダイアグラムをファイルとして保存するには、ダイアグラムエディターを右クリックし、コンテキストメニューからUMLダイアグラムを保存を選択します。

クラス図を管理する

ダイアグラムを扱うときは、ダイアグラムエディターのコンテキストメニューを使用してさまざまなタスクを実行します。クラスのメンバーの表示、新規追加、既存のメンバーの削除、実装の確認、親クラスの確認、基本的なリファクタリングの実行、メモの追加などができます。

既存のクラスをダイアグラムに追加する

  1. Spaceを押します。

  2. 表示された検索フィールドに、追加したいクラスの名前を入力します。次に、候補リストから目的のクラスを選択します。

    プロジェクトの範囲外のクラスを追加したい場合は、非プロジェクト項目を含めるチェックボックスを選択します。

ダイアグラムからノード要素を削除する

  1. ダイアグラムエディターで、削除するノード要素を選択します。

  2. 要素を右クリックし、コンテキストメニューから削除 Deleteを選択します。

    または、リファクタリング | 安全な削除 Alt+Deleteを選択します。この場合、IntelliJ IDEAは変更を適用する前に使用状況をチェックします。

新しいメンバーをクラスに追加する

ダイアグラムエディターでフォワードエンジニアリングを実行できます。

  1. ダイアグラムエディターで、任意の場所を右クリックしてコンテキストメニューから新規を選択します。次に、作成したいコード要素を選択します。

  2. 選択に応じて、IntelliJ IDEAは適切なダイアログを開き、そこで新しい要素を作成するために必要な情報を指定します。

IntelliJ IDEAは、アイテムをダイアグラムとプロジェクトツリーに追加します。

実装と親クラスの表示

ダイアグラムで実装や親クラスを表示できます。IntelliJ IDEAが複数の親クラスまたは実装を検出すると、適切な項目のリストが表示されます。親と子の間の接続を見るために必要なものを選択します。

  1. ダイアグラムエディターで、実装または親クラスを表示する項目を選択します。

  2. アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから実装の表示 Ctrl+Alt+B または親の表示 Ctrl+Alt+P をそれぞれ選択します。

  3. 表示されるポップアップで、必要な項目を選択して Enterを押します。ポップアップ内で選択を上下に拡張するには、それぞれ Shift + Up または Shift + Down を押します。

ダイアグラムの設定を構成する

ダイアグラムを設定すると、ダイアグラムを作成するときにデフォルトで使用可能なオプションが表示されます。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、ツール | ダイアグラムに移動します。

  2. 右側のペインで、デフォルトで表示したいオプションを選択し、OKをクリックして変更を適用します。

最終更新日: 2020年8月19日

関連ページ:

クラス図ツールバー、コンテキストメニュー、および凡例

UMLクラス図の使用方法については、UML クラス図を参照してください。ツールバー:このボタンをクリックすると、クラスノードのフィールドが表示されます。このボタンをクリックすると、クラスノードにコンストラクターが表示されます。このボタンをクリックすると、クラスノードにメソッドが表示されます。クラスノ...

使用箇所を検索

コードを記述または編集するときに、変更または削除するコード要素に遭遇する場合があります。変更を行う前に、コード要素がどこで使用され、アプリケーションにどのように影響するかを確認することをお勧めします。使用箇所の検索アクションを使用すると、コードベース全体でコード要素の参照を検索できます。検索プロセス...

スクラッチ・ファイル

場合によっては、一時的なメモを作成するか、プロジェクトコンテキストの外でコードを作成する必要があります。この目的で別のアプリケーションに切り替える代わりに、スクラッチファイルとスクラッチバッファーを使用できます。スクラッチ・ファイルは、完全に機能し、実行可能でデバッグ可能なファイルであり、構文の強調...

著作権

プロジェクトは著作権で保護したいファイルを含んでいるかもしれません。各ファイルに別々に著作権表示を挿入する代わりに、著作権プロファイルを使用できます。プロファイルは、著作権通知テキストと、このテキストが組み込まれる一連のファイル(スコープ)を定義します。同じプロジェクト内のファイルには、いくつかの異...