GoLand 2018.3ヘルプ

ファイル監視

WindowsおよびLinux用 ファイル | 設定 | ツール | ファイル監視
macOS用 GoLand | 環境設定 | ツール | ファイル監視
Ctrl+Alt+S icons general settings svg


このページは、ファイル監視プラグインが有効な場合に使用できます。

ファイルウォッチャーは、ファイルへの変更を追跡し、サードパーティのスタンドアロンアプリケーションを実行するGoLandシステムです。GoLandは、このような標準的な人気の高いサードパーティ製ツール( コンパイラ(英語)、コンプレッサ、プリティファイヤー、その他)用の定義済みファイル監視テンプレートを提供しています。他のサードパーティ製ツールを実行するようにカスタムファイル監視を設定することもできます。

ファイルウォッチャーには2つの専用コード・インスペクションがあります。

  • 利用可能なファイルウォッチャーインスペクションは、定義済みのファイルウォッチャーが適用可能なすべてのファイルで実行されます。プロジェクトに関連するファイル監視が構成されていない場合は、GoLandが追加することを提案します。

  • ファイル監視問題 インスペクションは、実行中のFile Watcherによって呼び出され、それに特有のエラーを強調表示します。

ページは2つの部分で構成されています。

  • 現在のプロジェクトで使用可能なファイル監視のリスト。ファイルウォッチャーをアクティブにするには、その横にあるチェックボックスをオンにします。ファイルウォッチャーの実行中にエラーが発生すると、ファイルウォッチャーは自動的に無効になります。

  • このリストを管理するためのツールバー。

項目

ツールチップ/
ショートカット

説明

icons general add svg

追加
Alt+Insert

このボタンをクリックすると、テンプレートの選択ポップアップリストが開き、関連するタイプのファイルウォッチャーが選択されます。その後、GoLandは、現在のプロジェクトの設定に従って、定義済みのファイルウォッチャーをカスタマイズするための新規ウォッチャーダイアログボックスを開きます。

icons actions edit svg

編集
Enter

このボタンをクリックすると、ウォッチャーの編集ダイアログボックスで選択したファイルウォッチャーの設定を更新します。更新は現在のプロジェクトファイルウォッチャーにのみ適用され、定義済みのGoLandレベルのテンプレートには影響しません。

icons general remove svg

除去
Alt+Delete

このボタンをクリックすると、選択したファイルウォッチャーが削除されます。ファイルウォッチャーは現在のプロジェクトのファイルには適用されません。このアクションは、GoLandレベルでまだ使用可能な対応する事前定義されたテンプレートには影響しないことに注意してください。

icons actions previousOccurence svg icons actions nextOccurence svg

Up(Ctrl+Alt+Up
ダウン ( Ctrl+Alt+Down )

これらのボタンを使用して、リスト内のファイルウォッチャーの順序を変更します。これにより、複数のファイル監視が有効になっている場合、ファイル監視の起動順序が決まります。

copy

コピー

このボタンを使用して、選択したファイルウォッチャーのコピーを作成します。

import

インポート

このボタンをクリックすると、既存のファイルウォッチャーをインポートし、使用可能なファイルウォッチャーのリストに追加できます。

export

エクスポート

選択したウォッチャーをユーザーの自宅にある watchers.xml ファイルにエクスポートするには、このボタンをクリックします。

最終更新日: 2019年2月6日