GoLand 2018.3ヘルプ

後置補完

WindowsおよびLinux用 ファイル | 設定 | エディター | 一般 | 後置補完
macOS用 GoLand | 環境設定 | エディター | 一般 | 後置補完
Ctrl+Alt+S icons general settings svg


後置コード補完では、入力した式の周りにテンプレートコードを追加することができます。点の後ろに略語(後置詞)を入力して展開キーを押すか、コード補完ポップアップで略語を選択すると、テンプレートが展開されます。例:式に適用された .if ポストフィックスは、 if ステートメントでそれをラップします。GoLandにはあらかじめ定義された一連のポストフィックステンプレートが付属しており、JavaScriptおよびTypeScript用のカスタムテンプレートを定義することができます。JavaScriptテンプレートはTypeScriptファイルでも動作することに注意してください。

カスタムテンプレートは、コピー、更新、および削除できます。あらかじめ定義されたテンプレートの場合は、長いキーを短いキーに置き換えるなど、ポストフィックスを変更するか、テンプレートを適用できるエクスプレッションタイプのリストを展開するだけです。

このページでは、後置テンプレートを有効または無効にして新しいテンプレートを作成し、キーボードのキーを選択して展開します。

項目

説明

後置補完を使用可能にする

  • このチェックボックスを選択すると、後置固有のテンプレートを展開することによって、GoLandで式を後置式で他の式に変換できます。チェックボックスが選択されたら、下のリストで目的の接尾辞の横にあるチェックボックスを選択して、変換を適用する接尾辞を選択します。

  • このチェックボックスをオフにすると、テンプレートの展開は適用されません。

テンプレートを展開する

このドロップダウンボックスから、テンプレート展開を呼び出すキーボードキーを選択します。使用可能なオプションは、 TabEnter、またはスペースバーです。

利用可能な後置テンプレートの一覧

下の表は、使用可能なポストフィックステンプレートのリストです。テンプレートを有効または無効にするには、テンプレートの横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。テンプレートを選択すると、右側のペインにその説明が表示され、選択したテンプレートが適用される前と後の式を表示して、テンプレートの説明を表示します。

カスタムテンプレートは、コピー、更新、および削除できます。あらかじめ定義されたテンプレートの場合は、長いキーを短いキーに置き換えるなど、ポストフィックスを変更するか、テンプレートを適用できるエクスプレッションタイプのリストを展開するだけです。

  • カスタムテンプレートを追加するには、 Add button をクリックし、表示されるダイアログで新しいテンプレートを作成します。

  • テンプレートを削除するには、リストでテンプレートを選択し、 Remove buttonをクリックします。ユーザー定義のテンプレートのみを削除できます。事前に定義されているテンプレートのアイコンは使用できません。

  • テンプレートを編集するには、テンプレートを選択して Edit buttonをクリックします。

  • テンプレートをコピーするには、リストでテンプレートを選択し、 Duplicate buttonをクリックします。

最終更新日: 2019年2月6日