GoLand 2020.3 ヘルプ

ログオプションの設定

実行 / デバッグ構成ダイアログのログタブを使用して、アプリケーションまたはサーバーによって生成されたログファイルがコンソールに表示される方法を設定します。

アプリケーションまたはサーバーがログファイルを生成する場合、デフォルトのエントリは自動的に実行 / デバッグ構成ダイアログのログファイルリストに追加されます。

ログのオプションを設定する

  1. 実行 / デバッグ構成ダイアログで、ログタブをクリックします。ログファイルエイリアスの編集テーブルにログファイルのリストが表示されます。

  2. 追加ボタン the Add button をクリックします。

  3. エイリアスフィールドに、ログエントリのエイリアスを入力します。

  4. ログファイルのロケーションフィールドで、実行中またはデバッグ中に表示するログファイルを指定します。次の 2 つのオプションを使用して、ファイルを指定できます。

    • 特定のファイルへのフルパスを指定します。パスを手動で入力するか、参照ボタン the Browse button をクリックしてファイルを選択します。

    • ベースディレクトリを指定し、表示するファイルセット(英語)を定義する Ant パターン(英語)を追加します。

  5. (オプション)指定された Ant パターンと一致する各ログファイルに対して別々のタブを開くには、パターンでカバーできるすべてのファイルを表示するチェックボックスを選択します。

  6. OK をクリックします。

  7. ログファイルエイリアスの編集テーブルで、アクティブチェックボックスを選択して、ログエントリを実行ツールウィンドウまたはデバッグツールウィンドウの対応するタブに表示します。

  8. 選択したログの前の内容をスキップするには、内容のスキップ列のチェックボックスを選択します。

Configure log entries

関連ページ:

実行 / デバッグ構成ダイアログ

このダイアログを使用して、実行 / デバッグ構成を作成、編集、調整、または削除したり、新しく作成されたすべての実行 / デバッグ構成に適用されるデフォルトのテンプレートを構成したりします。プロジェクト構成は構成タイプによってグループ化されています。デフォルトの構成テンプレートは、ダイアログの左側のテンプレートノードにまとめられています。共通:実行構成を編集するとき(ただし実行構成テンプレートは編集しないとき)、次のオプションを指定できます。名前実行 / デバッグ構成の名前を指定して、たとえば実...

実行 / デバッグ構成を共有する

チームで作業している場合は、実行 / デバッグ構成を共有して、チームメイトが同じ構成を使用してアプリケーションを実行したり、実行中のプロセスにリモートで接続したりできるようにすることができます。これらの目的のために、GoLand は、実行 / デバッグ構成をプロジェクトファイルとして保存し、VCS を通じて共有するためのメカニズムを提供します。同じメカニズムは、構成をファイルとして他の人に送信する場合にも使用できます。これにより、実行 / デバッグ構成が洗練されることがあり、手動で同期を維持する...