GoLand 2019.2ヘルプ

GoLandを初めて実行する

初めてGoLandを実行するとき、または以前のバージョンからGoLandをアップグレードした後は、インストールを完了し、インスタンスをカスタマイズし、IDEを使い始めるためにいくつかの手順が必要です。

GoLandの設定をインポートする

GoLand 設定のインポートダイアログで、IDE設定をインポートするかどうかを選択します。

Complete Installation dialog

これがGoLandの最初のインスタンスの場合は、設定をインポートしないオプションを選択します。

GoLandでプロジェクトを開始する

ようこそ画面では、以下のことができます。

既存のプロジェクトを開く

コンピューターに保存したプロジェクトを開くには、プロジェクトを開くをクリックします。ファイルブラウザで、プロジェクトファイルのあるフォルダーに移動して 開く をクリックします。

プロジェクトを開いたら、Go SDKの場所を指定する必要があります。SDKへのローカルパスを指定するか、ダウンロードできます。Go SDKを設定するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、Go | GOROOTに移動します。GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加ボタン(the Add SDK button)をクリックし、2つのオプションから選択します。

  • ローカル : ローカルのSDKコピーを使用してください。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

  • ダウンロード :SDKをダウンロードします。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

Welcome screen

バージョン管理システムから既存のプロジェクトを複製する

VCSのストレージまたはリポジトリからソースをダウンロードすることもできます。バージョン管理からチェック・アウトをクリックしてGit(GitHub)またはMercurialを選択します。

  • GitHubからファイルをチェックアウトするには、Github にログインをクリックして認証情報を入力します。ソースへのパスを入力して、リポジトリをコンピューターに複製します。

  • Mercurialからファイルをチェックアウトするには、Mercurialをインストールして設定し、GoLandを再起動します。ソースへのパスを入力して、リポジトリをコンピューターに複製します。

プロジェクトを開いたら、Go SDKの場所を指定する必要があります。SDKへのローカルパスを指定するか、ダウンロードできます。Go SDKを設定するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、Go | GOROOTに移動します。GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加ボタン(the Add SDK button)をクリックし、2つのオプションから選択します。

  • ローカル : ローカルのSDKコピーを使用してください。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

  • ダウンロード :SDKをダウンロードします。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

Clone a repository

バージョン管理システムの詳細については、バージョン管理を参照してください。

新規プロジェクトの作成

  1. プロジェクトを作成するには、次の操作のいずれかを実行します。

    • ファイル | 新規 | プロジェクトを選択します。

    • ようこそ画面で、新規プロジェクトをクリックします。

  2. 新規プロジェクトダイアログで、Goを選択します。

  3. GOROOTフィールドにGo SDKを指定します。SDKのローカルコピーを選択するかダウンロードすることができます。

    • Go SDKのローカルコピー選択するには、GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加アイコン(the Add SDK icon)をクリックし、ローカルを選択します。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

    • Go SDKをダウンロードするには、GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加アイコン(the Add SDK icon)をクリックして、ダウンロードを選択します。バージョンリストから、SDKバージョンを選択します。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

  4. 作成をクリックします。

Download Go SDK

Goファイルを作成する

新しいプロジェクトにはGoファイルがありません。Goファイルを作成するには、次の操作のいずれかを実行します。

  • プロジェクトの親フォルダーを右クリックして、新規 | Go ファイルを選択します。

  • プロジェクトの親フォルダーをクリックして Alt+Insertを押し、Go ファイルを選択します。

  • プロジェクトの親フォルダーをクリックし、ファイル | 新規 | Go ファイルに移動します。

新規 Go ファイルダイアログで、ファイルの名前を入力して、空のGoファイル(空のファイル)を作成するか、定義された main 関数(シンプル・アプリケーション)を使用してGoファイルを作成するかを選択します。

Create a Go file
最終更新日: 2019年9月6日

関連ページ:

GoLandのライセンス購入と登録

GoLandは最大30日間評価できます。その後、ライセンスを購入して登録する必要があります。早期アクセス・プログラムの一部であるGoLandのプレリリースビルドは登録を必要とせず、30日間のライセンスで提供されます。次のいずれかを実行してライセンス認証ダイアログを開きます。ようこそ画面で、をクリック...

IDE設定を共有する

GoLandを使用すると、IDEの異なるインスタンス間で設定を共有できます。これは、異なるコンピューターから作業していて、慣れ親しんだものとは違った見方や振る舞いの煩わしさを取り除く場合に、快適な作業環境を再現できます。次のいずれかの方法で設定を共有できます。IDE 設定同期機能を使用します。Jet...

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( または)を使用すると、VCS関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっているVCSによって異なります。VCS 操作ポップアップコマンドのリストは構成可能です-GoLand設定 のページで追加または削除できます。最...

プラグインを管理する

プラグインはGoLandのコア機能を拡張します。バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、その他のツールとの統合を提供、さまざまな言語およびフレームワークに対するコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどを使用して、生産性をBoost...

ようこそ画面

プロジェクトが開かれていない場合、GoLandはようこそ画面を表示します。例:GoLandを初めて実行したとき、またはプロジェクトの唯一開いているインスタンスを閉じたとき。この画面から、新しいプロジェクトを作成したり、バージョン管理から既存のプロジェクトをインポート、開いたり、チェックアウトしたりで...

GoLandをインストールする

GoLandは、Windows、macOS、およびLinuxオペレーティングシステムで一貫したエクスペリエンスを提供するクロスプラットフォームIDEです。GoLandはデフォルトでは英語です。日本語化したい場合は、インストール後、初めて起動する前に日本語化マニュアルを参照してください。システム要件:...