GoLand 2019.2ヘルプ

クイック・スタート・ガイド

このクイックスタートガイドでは、GoLandの基本概念を紹介し、最初のステップをお手伝いします。

ステップ 1. GoLandでプロジェクトを開くか作成する

GoLandをインストールして初めて起動した後は、プロジェクトを作成する必要があります。GoLandですることはすべて、プロジェクトのコンテキスト内で行われます。これは、コーディング支援、一括リファクタリング、コーディングスタイルの一貫性、およびその他の機能の基盤として機能します。

IDE内のプロジェクトで作業を開始するには、次の3つのオプションがあります。

既存のプロジェクトを開く

コンピューターに保存したプロジェクトを開くには、プロジェクトを開くをクリックします。ファイルブラウザで、プロジェクトファイルのあるフォルダーに移動して 開く をクリックします。

プロジェクトを開いたら、Go SDKの場所を指定する必要があります。SDKへのローカルパスを指定するか、ダウンロードできます。Go SDKを設定するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、Go | GOROOTに移動します。GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加ボタン(the Add SDK button)をクリックし、2つのオプションから選択します。

  • ローカル : ローカルのSDKコピーを使用してください。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

  • ダウンロード :SDKをダウンロードします。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

Welcome screen

バージョン管理システムから既存のプロジェクトを複製する

VCSのストレージまたはリポジトリからソースをダウンロードすることもできます。バージョン管理からチェック・アウトをクリックしてGit(GitHub)またはMercurialを選択します。

  • GitHubからファイルをチェックアウトするには、Github にログインをクリックして認証情報を入力します。ソースへのパスを入力して、リポジトリをコンピューターに複製します。

  • Mercurialからファイルをチェックアウトするには、Mercurialをインストールして設定し、GoLandを再起動します。ソースへのパスを入力して、リポジトリをコンピューターに複製します。

プロジェクトを開いたら、Go SDKの場所を指定する必要があります。SDKへのローカルパスを指定するか、ダウンロードできます。Go SDKを設定するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、Go | GOROOTに移動します。GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加ボタン(the Add SDK button)をクリックし、2つのオプションから選択します。

  • ローカル : ローカルのSDKコピーを使用してください。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

  • ダウンロード :SDKをダウンロードします。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

Clone a repository

バージョン管理システムの詳細については、バージョン管理を参照してください。

新規プロジェクトの作成

  1. プロジェクトを作成するには、次の操作のいずれかを実行します。

    • ファイル | 新規 | プロジェクトを選択します。

    • ようこそ画面で、新規プロジェクトをクリックします。

  2. 新規プロジェクトダイアログで、Goを選択します。

  3. GOROOTフィールドにGo SDKを指定します。SDKのローカルコピーを選択するかダウンロードすることができます。

    • Go SDKのローカルコピー選択するには、GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加アイコン(the Add SDK icon)をクリックし、ローカルを選択します。ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

    • Go SDKをダウンロードするには、GOROOTフィールドの近くにあるSDK を追加アイコン(the Add SDK icon)をクリックして、ダウンロードを選択します。バージョンリストから、SDKバージョンを選択します。ターゲットディレクトリーフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。OKをクリックします。

  4. 作成をクリックします。

Download Go SDK

Goファイルを作成する

新しいプロジェクトにはGoファイルがありません。Goファイルを作成するには、次の操作のいずれかを実行します。

  • プロジェクトの親フォルダーを右クリックして、新規 | Go ファイルを選択します。

  • プロジェクトの親フォルダーをクリックして Alt+Insertを押し、Go ファイルを選択します。

  • プロジェクトの親フォルダーをクリックし、ファイル | 新規 | Go ファイルに移動します。

新規 Go ファイルダイアログで、ファイルの名前を入力して、空のGoファイル(空のファイル)を作成するか、定義された main 関数(シンプル・アプリケーション)を使用してGoファイルを作成するかを選択します。

Create a Go file

ステップ 2. ユーザーインターフェースを調べる

初めてGoLandを起動すると、ようこそ画面ダイアログが表示されます。ようこそ画面ダイアログから、プロジェクトを作成して開いたり、バージョン管理システムからプロジェクトをチェックアウトしたり、ドキュメントを表示したり、IDEを設定したりできます。

プロジェクトを開くと、メインウィンドウがいくつかの論理領域に分割されています。

Project view, Editor, and Tool Windows
  1. 左側にあるプロジェクトツールウィンドウに、プロジェクトファイルが表示されます。ツールウィンドウは、プロジェクト管理、検索、実行およびデバッグ、バージョン管理システムとの統合、およびその他のタスクへのアクセスを提供するウィンドウです。すべてのツールウィンドウのリストを見るには、表示 | ツール・ウィンドウに移動してください。

  2. エディターペインは右側にあり、そこでコードを記述します。開いているファイル間を簡単に移動するためのタブがあります。

  3. ナビゲーションバーはエディターの上にあり、基本的なVCS アクションと同様にアプリケーションを素早く実行しデバッグすることができます。

  4. 左ガターはエディターの横にある縦縞です。ブレークポイントが表示され、定義や宣言に移動するのに便利な方法が提供されています。また、アプリケーションを実行アイコン(the Run Application icon)を使用してアプリケーションを実行またはデバッグすることもできます。

  5. エディターの右側にある右ガター。GoLandは、コードの品質を監視し、コードインスペクションの結果(エラー、警告、タイプミス、その他の課題)を表示します。ガターの上部にある標識は、ファイル全体に対するコードインスペクションの全体的な状況を示しています。

  6. ステータスバーはプロジェクトとIDE全体のステータスを示し、ファイルエンコーディング、行セパレーター、インスペクションプロファイル、その他の警告と情報メッセージに関する情報を表示します。

IDEの左下部分、状況バーには、Show tool window bars または Hide tool window bars ボタンがあります。これらのボタンはツールウィンドウポップアップの表示を切り替えます。このボタンの上にマウスポインタを合わせると、現在利用可能なツールウィンドウのリストが表示されます。

Quick access to tool windows

ステップ 3. あなたのコードを書く

エディターで作業している間、GoLandはあなたのコードを分析し、それを最適化する方法を探り、潜在的および実際の問題を検出します。次のリストには、コード作成に役立ち、生産性を向上させるのに役立つ可能性のある基本的な機能とツールが含まれています。

コード補完

GoLandには2種類のコード補完があります。

基本 コード補完 Ctrl+Space は、可視性スコープ内のタイプ、インターフェース、メソッド、およびキーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、GoLandはコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します。デフォルトでは、GoLandは入力時にコード補完ポップアップを自動的に表示します。

スマート コード補完 Ctrl+Shift+Space は候補リストをフィルタリングし、現在のコンテキストに適用可能なタイプのみを表示します。

次のアニメーションは、基本補完とスマート補完の違いを示しています: さまざまな補完タイプに推奨されるバリエーションの数に注意してください

コードの生成

GoLandは、共通のコード構成体と繰り返し要素を生成するための複数の方法を提供します。これは生産性の向上に役立ちます。これらは、コンテキスト、さまざまなラッパー、および文字の自動ペアリングに基づいて異なる方法で適用される定義済みテンプレートまたはカスタムテンプレートのいずれかです。

メインメニューからコード | 生成 Alt+Insert を選択して、生成可能な使用可能な構成体を含むポップアップメニューを開きます。

getter、setter、コンストラクター、不足メソッド、テストファイルを生成できます。生成アクションについて詳しくは、生成アクションの使用を参照してください。

ライブ・テンプレート

ライブテンプレートを使用することで、頻繁に使用される構造をコードに挿入できます: 例:ループ、条件、さまざまな宣言、またはprintステートメント

コードスニペットを拡張するには、対応するテンプレートの略語を入力して Tabを押します。 Tab を押し続けると、テンプレート内のある変数から次の変数にジャンプします。 Shift+Tab を押して前の変数に移動します。

ライブテンプレートのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | ライブ・テンプレートに移動します。

ライブテンプレートを使用してコード化されている Hello World プログラムの次の例を検討してください。

インスペクション

GoLandには、コンパイル前にプロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。

インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル内、または特定のスコープ内 (たとえば、本番コード内や変更済みファイル内など)のコードをスキャンできます。

すべてのインスペクションには、問題がコードに影響を与える可能性がある程度の重大度レベルがあります。重大度はエディター内で異なる方法で強調表示されるため、重大な問題と重要性の低いものとをすばやく区別できます。GoLandには事前定義された重大度のセットが付属しており、独自のものを作成できます。

インスペクションのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | インスペクションにナビゲートします。それらの一部を無効にするか、他を有効にし、さらに各インスペクションの重大度を調整します。エラーと見なすか、単なる警告と見なすかを決定します。

例:到達不能コード インスペクションは実行できないコード部分を検出します。

The unreachable code inspection

インテンション・アクション

エディターで作業している間、GoLandはあなたのコードを分析し、それを最適化する方法を探り、潜在的かつ実際の問題を検出します。インテンションのアクションは、エラーや警告から最適化の提案まで、幅広い状況をカバーします。

GoLandでは、次の種類のインテンションアクションを使用できます。

  • インテンションアクション yellow bulb icon:コードを生成するアクション、またはコードの代替バリアントを提案するアクション。通常、インテンションアクションは有効なコードに適用されます。黄色の電球アイコンをクリックすると、現在のコンテキストで使用可能なインテンションアクションを表示できます。例:構造体型の値を生成するコンストラクターを作成できます。または、if-elseステートメントを同等のステートメントに置き換えますが、条件を否定し、if-else ブランチを交換します。

  • クイック修正 red bulb icon:コードの問題の解決策を提案するアクション。通常、インテンションアクションはエラーのあるコードに適用されます。例:式の最後で括弧を見逃したとき。または、値を特定の型に変換するのを忘れたとき。

インテンションアクションのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | インテンションにナビゲートします。

  1. インテンションアクションを適用するには、電球アイコンをクリックして(または Alt+Enterキーを押して)候補のリストを開きます。

  2. リストからアクションを選択し、Enterを押します。

    例:インテンションアクションを使用して、コードに別の言語を挿入することができます。

ステップ 4. コードを実行してデバッグする

GoLandのコードは、キーボードから、コンテキストメニューから、ガターメニューから、または実行/デバッグ設定を使用して実行およびデバッグできます。

コードを実行する

アプリケーション Shift+F10を実行するには、アプリケーションを実行アイコン Run をクリックして、<application_name>を実行するを選択します。

Run your code from the gutter

コードをデバッグする

デバッグは、プログラムデータを調べることができるように、プログラムの実行を中断するブレークポイントを配置することから始めます。ブレークポイントを置きたい左のガターの行をクリックするだけです。

アプリケーション Shift+F9をデバッグするには、アプリケーションを実行アイコン Run をクリックして、<application_name>をデバッグします。を選択します。次に、プログラムの実行をステップごとに実行します(実行メニューまたはデバッグツールウィンドウで使用可能なオプションを参照してください)。

詳細はセクションデバッグを参照してください。

Debug your code
最終更新日: 2019年8月21日

関連ページ:

バージョン管理

VCS 操作のポップアップ( または)を使用すると、VCS関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっているVCSによって異なります。VCS 操作ポップアップコマンドのリストは構成可能です-GoLand設定 のページで追加または削除できます。最...

プラグインを管理する

プラグインはGoLandのコア機能を拡張します。たとえば、以下のことができます。バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、およびその他のツールとの統合を提供する、さまざまな言語とフレームワークのサポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどを使用して生産...

ようこそ画面

プロジェクトが開かれていない場合、GoLandはようこそ画面を表示します。例:GoLandを初めて実行したとき、またはプロジェクトの唯一開いているインスタンスを閉じたとき。この画面から、新しいプロジェクトを作成したり、バージョン管理から既存のプロジェクトをインポート、開いたり、チェックアウトしたりで...

プロジェクトツールウィンドウ

このツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリー、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウ内のほとんどの機能は、コンテンツペインおよび関連するショート...

エディターの基本

GoLandエディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用するIDEの主要部分です。エディターは次の領域で構成されています。スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。左のガターは行番号と注釈を示しています。タブには、現在開い...

ナビゲーション・バー

ナビゲーションバーは、プロジェクトツールウィンドウの迅速な代替手段です。バーの左側で、プロジェクトをナビゲートし、編集用にファイルを開くことができます。VCS 統合が有効になっている場合、ナビゲーションバーの項目はVCSファイルのステータスの色に従って強調表示されます。最終更新日: 2019年8月1...