GoLand 2020.1ヘルプ

テストのプロファイリング

プロファイリングはプログラムのパフォーマンスの分析です。プロファイリング中に、CPUとメモリの使用状況、関数とメソッドの呼び出しの頻度と期間がわかります。この情報は、プログラムのパフォーマンスを最適化したい場合に役立ちます。

GoLand collects and visualizes CPU profiles, traces, and heap profiles for your Go tests and benchmarks. To collect all the necessary data, GoLand uses the pprof package. GoLand include four profilers that you can run from the user interface: CPU, memory, blocking (contention), and mutex.

プロファイリングを実行する

プロファイラを実行する手順は、すべてのプロファイラに共通です。

  1. Open the _test.go file.

  2. プロファイルする関数またはメソッドの近くで、ガター領域のアプリケーションを実行アイコン the Run Application icon をクリックして、'<profiler_name> Profiler'で<configuration_name>を実行するを選択します。

Run profiling

プロファイラー結果のインポート

プロファイラーコードを手動で実行し、結果をインポートしてGoLandに表示することができます。

プロファイリング結果をインポートするには、Shift をすばやく2回押し、Import Profiler Resultsと入力して Enterを押します。リストから結果を選択するか、ハードドライブから結果をアップロードするためにプロファイラ結果のインポートを選択してください。

Import profiler results
    最終更新日: 2020年5月08日