GoLand 2020.2ヘルプ

Goモジュール

go get コマンドは、Goリポジトリのマスターブランチから依存関係の最新バージョンをダウンロードします。場合によっては、このアプローチは機能しません。例:サードパーティライブラリの異なるバージョンに依存する2つのプロジェクトがある場合。Goモジュール(旧称vgo)を使用すると、プロジェクトごとに必要なライブラリバージョンをダウンロードしてインポートできます。Goモジュールの詳細については、blog.golang.org(英語)を参照してください。

Goモジュールを統合してプロジェクトを作成する

  1. ファイル | 新規 | プロジェクトを選択します。

  2. 新規プロジェクトページで、Goモジュールを選択します。

  3. ロケーションフィールドで、プロジェクトを保存するパスを指定します。

  4. GOROOTフィールドで、Goインストールの場所を指定します。通常、場所は自動的に定義されます。

    Go SDKの新しいバージョンを変更またはインストールするには、SDK を追加ボタンをクリックしてローカルを選択し、ハードドライブ上のGo SDKバージョンを選択するか、ダウンロードを選択して公式リポジトリからGo SDKをダウンロードします。Go SDKのインストールの詳細については、Go SDKのインストールを参照してください。

  5. Vgo実行可能ファイルリストから、Goモジュールで使用する実行可能ファイルを選択します。

  6. 環境フィールドで、必要なすべての環境変数を指定します。例: GOPROXY 環境変数。環境変数の詳細については、環境変数のセクションを参照してください。

  7. (オプション)ベンダーモードを使用するには、ベンダー・モードチェックボックスを選択します。ベンダーの詳細については、仕入先を参照してください。

  8. 作成をクリックします。

    Integration with Go modules

Goモジュールの使用

プロジェクトツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | プロジェクト)では、Goモジュールは完全なインポートパスとともに表示されます。各Goモジュールのバージョンは、区別できるように、ミュートされたフォントの色で表示されます。

Goモジュールを使って依存関係を取得する

失われた依存関係をフェッチして、未使用の依存関係を削除できます。

  1. プロジェクトツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | プロジェクト)で、MODファイルをダブルクリックします。

  2. 依存関係宣言をクリックします。

  3. Alt+Enter を押して<project_name>の依存関係を同期を選択します。

    Fetch a source with Go modules

プロジェクトでGoモジュールを有効にする

新しいGoモジュールプロジェクトでは、すでにGoモジュールが有効になっています。GoモジュールプロジェクトをGithubからプルした場合、Goモジュールを手動で有効にする必要があります。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、 Go | Goモジュール (Vgo)に移動します。

  2. Goモジュールの統合を有効にするチェックボックスを選択し、Vgo実行可能ファイルフィールドが有効なプロジェクトSDKディレクトリを指していることを確認します。

  3. OKをクリックします。

    Enable Go modules in a project

依存関係の図を作成する

go.modファイルには、プロジェクトの依存関係がリストされています。このファイルを使用して、依存関係の図を作成できます。

開始する前に、プロジェクトがGOROOTにあることを確認してください。

  1. プロジェクトでGoモジュールを有効にします。

  2. プロジェクトのgo.modファイルを右クリックし、ダイアグラム | ダイアグラムの表示を選択します。

    Create a diagram of dependencies

ベンダーモードを有効にする

ベンダーモードは、Goバージョン1.13以前でのみ切り替えることができます。Go 1.14 RCでは、自動ベンダーモードが組み込みのGo機能になりました。

  1. Goモジュールプロジェクトの Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、Go | Goモジュールに移動します。

  2. ベンダーサポートを自動的に有効にするチェックボックスを選択し、OKをクリックします。

    Automatic vendoring mode in Go 1.13 and earlier versions
  1. プロジェクトツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | プロジェクト)で、go.mod ファイルをダブルクリックします。

  2. 依存関係インポートパスをクリックし、ナビゲート | 宣言または使用箇所 Ctrl+Bをクリックします。

    Navigate from a dependency import path to package source files

環境変数

環境変数は、アプリケーション実行パラメーターを設定する方法を提供します。環境変数には、依存関係のダウンロードに使用するプロキシサーバーのアドレス(GOPROXY)、プライベートと見なされるパッケージの名前(GOPRIVATE)、およびその他の値を格納できます。GoLandでは、環境変数に次のテンプレートを使用できます。

  • GOPROXY : 依存関係のダウンロードに使用する必要があるプロキシサーバーを定義します。これらのプロキシサーバーは、goコマンドをトリガーするときに使用されます。golang.orgでのモジュールのダウンロードと検証(英語)のGOPROXYの詳細を参照してください。

  • GOSUMDB : チェックサムデータベースの名前を識別します。チェックサムデータベースは、go.sum ファイルのパッケージが信頼できることを確認します。golang.orgでのモジュール認証の失敗(英語)のGOSUMDBの詳細を参照してください。

  • GOPRIVATE : プライベートと見なされるパッケージをリストします。goコマンドは、これらのパッケージをダウンロードして検証するときに、GOPRIVATEまたはチェックサムデータベースを使用しません。golang.orgでの非公開モジュールのモジュール構成(英語)のGOPRIVATEの詳細を参照してください。

  • GONOPROXY : プライベートと見なされるパッケージをリストします。goコマンドは、これらのパッケージをダウンロードするときにプロキシを使用しません。GONOPROXYはGOPRIVATEをオーバーライドします。

  • GONOSUMDB : プライベートと見なされるパッケージをリストします。goコマンドは、これらのパッケージの検証中にチェックサムデータベースを使用しません。GOPRIVATEをオーバーライドします。

  • その他 : any environment variable that you want to introduce. For example, you can introduce the GOMODCACHE environment variable that changes the default location of the Go modules cache from $GOPATH/pkg/mod to a user-defined location (for example, $WORK/modcache ).

プロジェクトに環境変数を導入する

  1. 新しいプロジェクトを作成するときは、新規プロジェクトウィンドウでGoモジュールをクリックします。

    既存のプロジェクトの場合、Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、Go | Goモジュール (Vgo)に移動します。

  2. In the 環境 field, click the 参照 icon at the end of the field.

  3. 環境変数ウィンドウで、追加ボタン(the Add button)をクリックし、追加するテンプレートを選択します。

    Introduce an environment variable in a new project

環境変数テンプレートに関する情報を取得する

  • 環境変数ウィンドウで、変数を説明するボタン(the Explain variable button)をクリックします。

    Introduce an environment variable in a new project

Go SDKのインストール

Go SDKのローカルコピーを選択する

Go SDKを含むフォルダーへの指定されたパスにbinフォルダーとsrcフォルダーが含まれていることを確認してください。

  1. 新規プロジェクトダイアログで、Goモジュールを選択します。

  2. SDK を追加ボタンをクリックしてローカルを選択します。

  3. ファイルブラウザで、ハードドライブにあるSDKのバージョンに移動します。

  4. 開くをクリックします。

    Select a local copy of Go SDK

Go SDKをダウンロードする

  1. 新規プロジェクトダイアログで、Goモジュールを選択します。

  2. SDK を追加ボタンをクリックして ダウンロード を選択します。

  3. バージョンリストからSDKのバージョンを選択します。

  4. ロケーションフィールドで、SDKのパスを指定します。ファイルブラウザを使用するには、参照アイコン the Browse iconをクリックします。

  5. OKをクリックします。

    Download the Go SDK

生産性のヒント

go.modファイルのローカルパス内置換について通知する

変更をコミットする前に、GoLandは、go.modファイルのローカルパスを置き換えたという通知を表示できます。これは、これらの置換が誤ってコミットされた状況を回避できます。

  1. Ctrl+Kを押します。

  2. コミットツールウィンドウ Alt+0で、コミットオプションを表示アイコン(the Show Commit Options icon)をクリックし、問題のあるコードが含まれるファイルを確認するチェックボックスを選択します。

    Notifications about replacements of local paths in the go.mod file
最終更新日: 2020年7月10日