GoLand 2020.3 ヘルプ

プロジェクト設定

プロジェクト設定は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。それらは、他のプロジェクトファイルと一緒に .xml 形式で .idea ディレクトリに保存されます。例: プロジェクトは、VCS 設定、コードスタイルのスペルチェッカー設定、言語インジェクションのリストなどを保持します。これらの設定は、VCS に送信するときに、アプリケーションコードとともにバージョン管理下に自動的に配置されます。

プロジェクト設定を構成するには、macOS(Ctrl+Alt+S)の場合は GoLand | 環境設定を、Windows および Linux の場合はファイル | 設定を選択します。

設定 / 環境設定ダイアログでは、Project configurable アイコンでマークされた設定は現在のプロジェクトにのみ適用されます。その他の設定はグローバルであり、既存のすべてのプロジェクトに適用されます。

Project settings

既存のプロジェクト間でプロジェクト設定を共有する場合は、設定リポジトリまたは設定の同期プラグインを使用できます。設定を ZIP アーカイブにエクスポートし、後で他の IDE インスタンスにインポートすることもできます。

新しいプロジェクトのデフォルト設定

現在のプロジェクトだけでなく、後で作成するすべてのプロジェクトのプロジェクト設定を構成できます。つまり、プロジェクトに新しいデフォルト設定を設定できます。

  • メインメニューからファイル | 新規プロジェクトの設定 | 新しいプロジェクトの設定 / 環境設定を選択します。

関連ページ:

IDE の設定

GoLand では、プロジェクトレベルとグローバルの 2 つのレベルで設定を構成できます。グローバル設定は、GoLand の特定のインストールまたはバージョンのすべてのプロジェクトに適用されます。このような設定には、IDE の外観(テーマ、配色、メニュー、ツールバー)、通知設定、インストールされ有効になっているプラグインのセット、デバッガー設定、コード補完などが含まれます。IDE を構成するには、macOS の場合は、Windows および Linux の場合はを選択します。または、を押すか、...

IDE 設定を共有する

GoLand を使用すると、製品の異なるインスタンス間、またはチームメンバー間で IDE 設定を共有できます。これにより、さまざまなコンピューターで作業していて、慣れ親しんでいるものとは異なる見た目や動作に煩わされたり、チーム全体で同じ標準を適用したりする場合に、快適な作業環境を再現できます。特定のプロジェクトに関連する設定を共有する方法については、VCS を介してプロジェクト設定を共有するを参照してください。次のいずれかを使用して、IDE 設定を共有できます。IDE 設定の同期: JetBra...

プロジェクトをインポートする

既存プロジェクトを開くコンピューターに保存しているプロジェクトを開くには、開くをクリックします。ファイルブラウザーで、プロジェクトファイルのあるフォルダーに移動し、開くをクリックします。プロジェクトを開いたら、Go SDK の場所を指定する必要があります。SDK へのローカルパスを指定するか、ダウンロードできます。Go SDK を設定するには、設定を開き、に移動します。SDK の追加ボタンをクリックして、2 つのオプションから選択します。ローカル: ローカル SDK コピーを使用します。ファ...

プロジェクトをテンプレートとして保存する

プロジェクトをテンプレートとして保存することができます。そうすることで、テンプレートベースのプロジェクト、つまりテンプレートプロジェクトとほぼ同じプロジェクトを作成することができます。テンプレートとして保存したプロジェクトは、新規プロジェクトの作成ダイアログダイアログの User-defined カテゴリに表示されます。プロジェクトをテンプレートとして保存するメインメニューからを選択します。開いたダイアログで、テンプレートに名前を付け、説明を入力します。説明には、フォーマットにと、およびとタグを...