JetBrains Fleet 1.37 ヘルプ

入門

これは、Fleet に関する簡単なツアーであり、開始するための基本的なことを行う方法を示しています。手順に従う必要があるのは、コンピューターに Fleet をインストールすることだけです。

Fleet を開始し、基本的なパーソナライゼーションを行う方法を学びます。次に、Fleet をテキストエディターとして使用し、そのテキスト編集、検索、ナビゲーション機能を調べます。また、Git を使用してプロジェクトファイルのバージョンを管理する方法も学習します。

Fleet をダウンロードしてインストールする

  1. JetBrains Toolbox をダウンロードしてインストールします。

  2. JetBrains Toolbox で、JetBrains Fleet アイコンの近くにあるインストールをクリックします。

    Download and install Fleet

JetBrains Fleet をインストールしたら、JetBrains Toolbox から始めることができます。コマンドラインから起動することもできます。

カラーテーマの選択

Fleet の外観を自分好みにカスタマイズできます。まずはカラーテーマの選択から始めましょう。

  • ⌃ ` を押します。または、⌘⇧ K を押してから Select color theme と入力します。

    Color themes preview

さらにカスタマイズについては、「設定」を参照してください。

ツールとパネル

すべての Fleet ツールはパネルに編成されています。ターミナルやデバッガーなどのツールを使用する必要があるときはいつでも、パネルの 1 つで開くことができます。

UI overview

ツールを開く

  1. ⌘ T を押すか、メインメニューから表示 | ツールを選択します。

  2. ツールの名前を入力するか、候補リストからツールを選択します。

ツールパネルの表示と非表示を切り替える

  • ウィンドウの左上隅にあるボタンを使用するか、左側、下部、右側のパネルでそれぞれ⌘ 1⌘ 2、または⌘ 3 を押します。

ファイルとフォルダーを操作する

JetBrains Fleet では、すべてのコードにプロジェクトを作成する必要はありません。代わりに、ほとんどのテキストエディターで通常行うのと同じように、任意のフォルダーや個々のファイルを操作できます。

フォルダーを開く

  1. ワークスペースメニューから新しいワークスペースで開くを選択します。

    Workspaces menu
  2. ディレクトリを選択してください。

    File chooser

ディレクトリを開くと、それがワークスペースのルートになります。ファイルビューでその内容を表示できます。

The Files view in the left panel

ファイルの作成

  1. ファイルビューでディレクトリを選択し、⌘ N を押します。または、ディレクトリを右クリックして新規ファイルを選択します。

  2. ファイルに名前と拡張子を付けます。

    A tab for the new file

テキストの編集

Fleet の核となるのは軽量のテキストエディターであり、個々のテキストファイルの表示と編集に適しています。Fleet エディターの機能の一部を見てみましょう。

分割ビュー

  • 複数のタブを並べて作業すると便利な場合があります。これを行うには、タブをエディターの側 (垂直分割の場合) またはエディターの上部または下部 (水平分割の場合) にドラッグします。

    Two files viewed simultaneously in the same editor

マルチキャレット

追加のキャレットを使用して、複数の場所で同時にテキストを変更できます。追加のキャレットを作成するには、次のいずれかを実行します。

  • ⌘⌥ ↑または⌘⌥ ↓を押して、それぞれ現在のキャレットの上または下にキャレットを追加します。

  • Alt+Shift を押したまま、キャレットを追加したい場所をクリックします

  • 繰り返される単語またはテキストの範囲にキャレットを置き、⌘⇧ L を押します。ファイル内で繰り返される単語すべてにキャレットが追加されます。

複数のキャレットを使用すると、入力に制限されず、単語のコピー、貼り付け、自動補完などが可能になります。

Multiple carets in the editor

選択範囲の拡大と縮小

  • テキストまたはコード構造に基づいて、キャレットで選択範囲を拡大または縮小できます。

    ⌥⇧ ↑を使用して外側のスコープを選択する (選択範囲を拡大) か、⌥⇧ ↓を使用して内側のスコープを選択します (選択範囲を縮小)。

全文検索を実行したい場合、クラスに移動したい場合、単に Fleet での操作方法を思い出せない場合には、移動先ダイアログが最適なツールです。

  • ⌘ K を押し、⌃⇥で必要なタブを選択します。

    Goto panel

バージョン管理

Fleet から Git リポジトリをコミットして管理できます。

  1. ターミナル⌃⇧ ` を開き、次のコマンドを実行します。

    git init echo "Hello" > greeting git add . git commit -m "first commit"

    これにより、ワークスペース内の Git リポジトリが初期化され、テキストファイルが作成され、ワークスペース全体がバージョン管理に追加されます。この手順を省略して、代わりに独自の Git 対応プロジェクトを使用することもできます。

  2. テキストファイルにいくつかの変更を加えます。

    Editing a text file

    ファイルビューのこのファイルの近くに青い円が表示され、コミットされていない変更があることを示します。

  3. ファイルビューで、「Git」タブに移動し、変更が選択されていることを確認し、「コミット」をクリックします。

    Editing commit message in the Git panel

ヒストリータブでコミットの詳細と差分を表示できます。

Viewing diff in the editor

コードを操作する

スマートモード、JetBrains、Fleet を使用すると、多言語コードエディターになります。コードの操作については、サポートされている言語を説明した次のチュートリアルを参照してください。

関連ページ:

CLI から Fleet を起動する

特定のワークフローでは、コマンドラインから JetBrains Fleet を起動する必要がある場合があります。これらをサポートするために、JetBrains Fleet にはシェルスクリプトまたはターミナルで使用できるいくつかのコマンドがあります。スクリプトの生成 Toolbox アプリで、Toolbox アプリメニューをクリックし、設定を選択します。ツールで、シェルスクリプトを生成するを有効にします。シェルスクリプトの場所では、変数を介してアクセスできるフォルダーを指定します。コマンド名の設定...

設定

Fleet は、機能と外観をきめ細かく制御できます。対応する設定は、一連の .json ファイルを通じて管理されます。ファイルベースのアプローチにより、設定の管理と共有が簡単になると同時に、特定のコンテキストで特定の設定を適用するなど、より高度なシナリオを処理できる機能が提供されます。このトピックでは、設定がどのように機能するか、その設定手順について説明し、必要な設定を見つけてその意味を詳しく知るのに役立つリファレンスを提供します。設定レイヤー:Fleet には複数の設定層があります。Fleet...

スマートモード

Fleet は、軽量テキストエディターとしても、インテリジェントコードエディターとしても使用できます。システムリソースを節約するために、リソースを消費する機能は必要なときにのみ有効にします。スマートモードを有効にする右上隅にあるスマートモードのステータスアイコンをクリックします。表示されるポップアップで、「有効にする」をクリックします。準備アクティビティが完了するまで待つ必要がある場合があります。後でスマートモードを無効にしたい場合は、同じポップアップから無効にすることができます。機能:スマー...

Java を始める

このチュートリアルでは、JetBrains Fleet での Java 開発について学びます。インストール、プロジェクトのセットアップ、コードの操作について説明します。完了するには、JetBrains Toolbox 1.22.10970 以降が必要です: ダウンロードページ。Fleet をダウンロードしてインストールする JetBrains Toolbox をダウンロードしてインストールします。JetBrains Toolbox で、JetBrains Fleet アイコンの近くにあるインストールを...

Rust 入門

このチュートリアルでは、JetBrains Fleet での Rust 開発について学びます。インストール、プロジェクトのセットアップ、コードの操作について説明します。前提条件:JetBrains Toolbox 1.22.10970 以降: ダウンロードページ。Rust:Rust をインストールします。ワークスペースをセットアップする:ワークスペースは、プロジェクトが存在するディレクトリです。プロジェクトファイルと設定が含まれています。既存のプロジェクトを開いたり、空のディレクトリを開いて新...

ワークスペース

JetBrains Fleet は、ワークスペースの概念を使用して、作業しているコードのスコープを定義します。実際には、ワークスペースは、開発に必要なファイルが含まれる、ローカルシステムまたはリモートシステム上のフォルダーです。ローカルワークスペースを開くを押すか、メインメニューからを選択します。フォルダーを選択し、開くをクリックします。ワークスペースを作成するもう 1 つの方法は、VCS からリポジトリのクローンを作成することです。リポジトリが別のウィンドウで開きます。リポジトリのクローンワー...