dotMemory 2018.2 Help

新機能

dotMemory 2018.2

  • 実行コンフィギュレーションのプロファイリング . dotMemory integrated in Visual Studio gets more profiling capabilities. Now, you can profile not only your startup project, but any 'run configuration' - a startup project, an arbitrary executable, or even any static method.
  • Improved timeline graph
    • タイムラインは、.NETコア、ASP.NETコア、IISホスト型Webアプリケーションなど、あらゆるタイプのアプリケーションで利用できるようになりました。
    • The timeline contains a new GC以来LOHに割り当てられています chart. The chart shows instant memory allocation to the Large Object Heap and can be very helpful in detecting excessive allocations of large objects.
  • Now, the ファイナライズ可能オブジェクト inspection works not only with snapshots captured via dotMemory but with raw memory dumps as well. In addition, now, finalizable objects are treated as objects that exist in a snapshot/dump, so you can open them and inspect more thoroughly.
  • Two new root types: F-Reachable Queue / Finalization Queue .
  • dotMemory console runner allows you to set a name for a taken snapshot.

dotMemory 2018.1

  • ユーザーインターフェースが改善されました。 2018.1リリースでは、複数のマイナーなユーザーインターフェースが改善されています。最も重要な変更は、再加工された分析サブジェクトパネルです。分析パスをナビゲートする方がはるかに簡単です。

dotMemory 2017.3

  • 改良された検索。これで、オブジェクトセットビューで特定のオブジェクトを検索するときに、特別な記号を使用すると検索効率を上げることができます。

dotMemory 2017.2

  • メモリダンプをインポートします。これで、Windows Rawメモリダンプ(通常はタスクマネージャまたはプロセスエクスプローラツールを使用して取得)をインポートし、dotMemoryのすべての機能を使用してそれらを解析できます。
  • 改善された「ドミネーターによるグループ」ビュードミネーターによるグループビューは、アプリケーションの主要なオブジェクトが何であるかを理解しやすくするために修正されました。ドミネーターの木は、今や支配者のサンバーストチャートと組み合わされます。
  • ユーザーインターフェースが改善されました。 dotMemoryユーザーインターフェースは、分析対象とビューを簡単にナビゲートできるように若干再設計されました。この作業のさらなる利点は、ビュー領域の拡大です。

dotMemory 2017.1

dotMemory 2016.3

dotMemory 2016.2

dotMemory 10

最終変更日: 2018年9月4日