dotMemory 2018.3ヘルプ

型宣言への移動

場合によっては、疑わしいオブジェクト(例えば、漏れを引き起こす可能性のあるオブジェクト)のさらなる調査は、ソースコードの検査を必要とします。マシンにdotMemoryとReSharper(またはReSharper Ultimate)の両方がインストールされている場合は、Visual Studioでそのオブジェクトの型宣言に即座に移動できます。この機能は、タイプを表示するdotMemoryビューで使用できます。

機能要件

  • スナップショットを持つアプリケーションのソースコードは、Visual Studioで開きます。

  • ReSharperまたはReSharper UltimateはVisual Studioにインストールされています。

  • dotMemoryは、Visual Studioに統合された状態でインストールされます。dotMemoryは、dotMemoryインストール時に選択されました。

Visual Studioで型宣言に移動するには

  1. dotMemoryでは、オブジェクトタイプを表示する任意のビューで、必要なタイプ*を右クリックします。

  2. コンテキストメニューで、宣言の検索 (Visual Studio)を選択します。これにより、実行中のVisual Studioインスタンスで見つかったすべての型宣言をリストする型宣言の検索ウィンドウが開きます。

  3. Visual Studioで特定の宣言をクリックしてその宣言に移動します。

少なくとも1回タイプの宣言にナビゲートすると、コンテキストメニューに追加の項目宣言に移動 (<solution_name>)Ctrl+L ショートカットでも使用可能)が表示されます。これにより、特定のソリューション(<solution_name>)の型宣言に即座に移動し、型宣言の検索ウィンドウを省略できます。

最終更新日: 2018年12月18日