dotMemory 2018.2 Help

導入

dotMemoryとは何ですか?

dotMemory is a memory profiling tool that allows you to analyze memory usage of any .NET-based application. This includes standalone applications (for example, written in C# or VB.NET), ASP.NET web applications, arbitrary .NET processes, and others.

For the information about dotMemory system requirements, refer to this page(英語).

どのように機能するのですか?

dotMemoryは実行中の.NETプロセスのメモリ使用量データを収集します。データは、メモリ内のオブジェクトに異なる視点を提供するさまざまなビューで表示されます。

なぜ私はそれが必要なのですか?

dotMemoryを使用すると、アプリのメモリ使用量に関する多くの質問に答えることができます:

  • このオブジェクトがまだメモリに残っているのはなぜですか(メモリリークの原因)?
  • 何がそんなにメモリを要する?
  • ガベージコレクションは、アプリケーションのパフォーマンス(例えば、高メモリトラフィック)にどのように影響しますか?
  • メモリ割り当て/配布パターンに違反がありますか?

それにもかかわらず、緊急事態(すでにメモリ問題がある場合)は、メモリプロファイリングの唯一の理由ではありません。dotMemoryは毎日の基本使用にも最適なツールです。例:コードに変更を加えたり、新しいアルゴリズムを導入したりした後、dotMemoryを実行します。dotMemoryはすぐに物事がどのように進行しているかを示します。それは良くなったり悪くなったりします。dotMemoryの使い方をあなたの必須ルーチンの1つにすることは、オンザフライでコードを改善できます。

最終更新日: 2018年9月4日