dotMemory 2019.1ヘルプ

プロセス・ダンプのインポート

時には、たとえば本番用のWebサーバーの場合、dotMemoryをコンピューターにインストールして分析用に定期的なスナップショットを作成することが不可能な場合があります。通常、このような場合の最後の手段は、Windowsのrawメモリダンプです。それは多くのツールによって作成することができますが、確かに、2つの最も人気のあるものはタスクマネージャー(オペレーティングシステムに付属)とプロセスエクスプローラーです。

dotMemoryを使用すると、生のダンプを通常のスナップショットとしてインポートおよび分析できます。自動インスペクションや保持図などのすべての製品機能が含まれます。

プロセスダンプをインポートする

  1. ホームページの左側のパネルで、インポートダンプをクリックします。

  2. 開いたダイアログで、目的のワークスペースファイルを選択して[ 開く ]をクリックします。

    その後、インポートされたダンプは通常のdotMemoryワークスペースに変換されます。

最終更新日: 2019年5月31日