dotCover 2024.1 ヘルプ

サードパーティの CI サーバーでカバレッジを設定する

dotCover を任意の継続的インテグレーション(CI)サーバーと一緒に使用して、テスト適用範囲レポートを .NET アプリケーションのビルドのアーティファクトに追加することができます。dotCover はいくつかの出力フォーマットをサポートしています。例: HTML 出力を受け取ってそれを公開するように、または XML 出力を取り出して特定のニーズに合わせてさらに XSLT 変換を適用するように、ビルドスクリプトをセットアップすることができます。

CI サーバーでのカバレッジ分析のセットアップ

  1. 必要なオペレーティングシステム用の dotCover コマンドラインツールパッケージをダウンロードします

  2. アーカイブを CI サーバーにコピーします。

  3. すべてのアセンブリがビルドされた後にコマンドラインツール実行可能ファイル (dotCover.exe) を実行するようにビルドスクリプトを構成します。例: カバーコマンド: dotCover cover config.xml を実行できます

  4. コマンドラインツールが必要なパラメーターを使用して目的のテストランナー (MSTest、NUnit、xUnit、MSpec など) を開始できるように構成ファイル (たとえば、上記の例: config.xml) を編集し、希望の出力。詳細については、dotCover コマンドラインツールを構成するを参照してください。

関連ページ:

コマンドラインからのカバレッジ分析

dotCover コマンドラインツールを使用すると、次のことが可能になります。任意のテストランナー (MSTest、NUnit、xUnit、MSpec など) の実行を制御し、実行されたテストのカバレッジをカバレッジスナップショットに記録します。たとえば、さまざまなテストフレームワークを使用する単体テストのスナップショットを結合するには、merge コマンドを使用してカバレッジスナップショットをマージします。report コマンドを使用して、さまざまな形式でカバレッジレポートを生成します。さらに、こ...

コマンドリファレンス

dotCover コマンドラインツールには、次のコマンドが用意されています。カバー - 指定したアプリケーションのカバレッジ解析を実行します。cover-dotnet (ドットネット)- システムにインストールされている「ドットネット」実行可能ファイルのカバレッジ分析を実行します。cover-mono (mono)- システムにインストールされている「mono」実行可能ファイルのカバレッジ分析を実行します。cover-everything- オールインワンタスク。dotCover.exe の後に起...

JetBrains TeamCity でカバレッジを設定する

通常、.NET ソリューションの継続的インテグレーション (CI) ビルドは、テストのコンパイルと実行を含む一連のタスクで構成されます。JetBrains TeamCityCI サーバーの観点では、これらのタスクはビルドステップと呼ばれます。TeamCity は dotCover コマンドラインツールにバンドルされているため、対応するビルドステップオプションを有効にするだけでコードカバレッジデータを収集できます。TeamCity が収集したカバレッジ結果は、TeamCity 内でレポートとして表示...