dotCover 2018.3ヘルプ

サードパーティのCIサーバーでカバレッジを設定する

dotCoverを任意の継続的インテグレーション(CI)サーバーと一緒に使用して、テスト適用範囲レポートを.NETアプリケーションのビルドの成果物に追加することができます。dotCoverはいくつかの出力フォーマットをサポートしています。例:HTML出力を受け取ってそれを公開するように、またはXML出力を取り出して特定のニーズに合わせてさらにXSLT変換を適用するように、ビルド・スクリプトをセットアップすることができます。

CIサーバーでカバレッジ分析を設定するには

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

  2. アーカイブをCIサーバーにコピーします。

  3. すべてのアセンブリをビルドした後にコンソールランナーの実行可能ファイル(dotCover.exe)を実行するようにビルドスクリプトを設定します: 例: coverコマンドを実行できます: dotCover cover config.xml

  4. コンソールランナーが必要なパラメーターを使用して目的のテストランナー(MSTest、NUnit、xUnit、MSpecなど)を起動し、目的の出力を作成できるように、構成ファイルを編集します(たとえば、上の例では config.xml)。詳しくは、コンソールランナーの設定およびコマンドラインからのカバレッジ分析を参照してください。

最終更新日: 2019年2月14日

関連事項

関連ページ:

コマンドラインからのカバレッジ分析

コードインスペクションを実行してコマンドラインから分析を複製することもできます。dotCoverコンソールランナーは、dotCover配布パッケージに含まれるコマンドラインツールです: このツールを使用するテストランナー(MSTest、NUnit、xUnit、MSpecなど)の実行を制御し、実行され...

コンソールランナーコマンド

dotCoverコンソールランナーは以下のコマンドを提供します:cover- 指定されたアプリケーションのカバレッジ分析を実行します。cover-everything- オールインワンタスク。dotCover.exeの後に起動されたすべての.NETプロセスのカバレッジ分析を実行します。cover-s...

JetBrains TeamCityでカバレッジを設定する

通常、.NETソリューションの継続的インテグレーション(CI)ビルドは、テストのコンパイルと実行を含む一連のタスクで構成されています。JetBrains TeamCityCIサーバーに関しては、これらのタスクはビルドステップと呼ばれます。TeamCityはdotCover Console Runne...

カバレッジ結果の操作

どのタイプのカバレッジ解析、ユニットテストのカバレッジ、アプリケーションのカバレッジ、またはサーバー側のテストのカバレッジを問わず、dotCoverはカバレッジ結果をカバレッジスナップショットに保存します。その後、次のいずれかの方法でこれらの結果をさらに詳しく調べることができます。カバレッジ結果ブラ...