dotCover 2019.1ヘルプ

コンソールランナーの設定

コンソールランナーは2つの方法で設定可能です。

  • XML構成ファイルを介して。

  • コマンドラインパラメータを通じて。

これら2つのアプローチは混在する可能性があります。この場合、コマンドラインで指定されたパラメータはXMLで指定されたものを上書きします。

すべてのdotCoverコマンドversionhelpを除く)は、XML構成ファイル内のパラメーターを受け入れます。設定ファイルは、すべてのパラメータをインラインで指定したり、バッチファイルにまとめたりすることに代わる合理的な方法です。サポートされているXMLタグのエラーを回避するには、プログラムで設定スタブファイルを生成し、それを編集してパラメータ値を指定することをお勧めします。

特定のdotCoverコマンド用の設定スタブファイルを生成するには、以下を実行します。

dotCover help <command name> <configuration stub file>

例: cover コマンドの設定スタブファイルを生成するには、次のコマンドを実行します。

dotCover help cover config.xml

設定スタブファイルの準備ができたら、お気に入りのXMLエディターでそれを開き、パラメータに必要な値を指定します。スタブファイルにすべてのパラメータの説明があります。

最終更新日: 2019年5月7日

関連事項

関連ページ:

コンソールランナーコマンド

dotCoverコンソールランナーは以下のコマンドを提供します:cover- 指定されたアプリケーションのカバレッジ分析を実行します。cover-everything- オールインワンタスク。dotCover.exeの後に起動されたすべての.NETプロセスのカバレッジ分析を実行します。cover-s...

コマンドラインからのカバレッジ分析

コードインスペクションを実行してコマンドラインから分析を複製することもできます。dotCoverコンソールランナーは、dotCoverディストリビューションパッケージに含まれるコマンドラインツールです: このツールを使用するあらゆるテストランナー(MSTest、NUnit、xUnit、MSpecなど...

JetBrains TeamCityでカバレッジを設定する

通常、.NETソリューションの継続的インテグレーション(CI)ビルドは、テストのコンパイルと実行を含む一連のタスクで構成されています。JetBrains TeamCityCIサーバーに関しては、これらのタスクはビルドステップと呼ばれます。TeamCityはdotCoverコンソールランナーにバンドル...

カバレッジ結果の操作

どのタイプのカバレッジ解析、ユニットテストのカバレッジ、アプリケーションのカバレッジ、またはサーバー側のテストのカバレッジを問わず、dotCoverはカバレッジ結果をカバレッジスナップショットに保存します。その後、次のいずれかの方法でこれらの結果をさらに詳しく調べることができます。カバレッジ結果ブラ...