dotCover 2019.1ヘルプ

カバレッジ結果の操作

どのタイプのカバレッジ解析、ユニットテストカバレッジ、アプリケーションカバレッジ、またはサーバー側のテストのカバレッジを問わず、dotCoverはカバレッジ結果をカバレッジスナップショットに保存します。その後、次のいずれかの方法でこれらの結果をさらに詳しく調べることができます。

  • カバレッジ結果ブラウザウィンドウ (available in both Visual Studio and dotCover standalone application) - this tool window allows opening coverage snapshots recorded during application coverage run or saved in a file.
    If the current snapshot contains assemblies that correspond to the current solution, you can navigate to source code of any item within the snapshot by double-clicking on it.

  • ユニットテストカバレッジウィンドウ(Visual Studioでのみ使用可能) - このツールウィンドウはカバレッジツリーを表示し、それを[ユニットテストセッション]ウィンドウのユニットテストと同期させます。

  • ReSharperマーカーバーの coverage results gutter icon "シールド"アイコンを見るだけで、現在開いているファイルのカバレッジ結果をすばやく表示できます。
    • 結果に応じて、アイコンの表示が異なります。すべてのステートメントがカバーされ、ステートメントが部分的にカバーされ、ステートメントが部分的にカバーされますが、いくつかのテストが失敗するなどです。

    • このアイコンには、現在ユニットテストカバレッジウィンドウに表示されているのと同じ結果が表示されます。

    アイコンの上にマウスを置くと、合計カバレッジ率と失敗したテストの数が表示されます。
    coverage results gutter
    アイコンをクリックすると、カバーされていないステートメントが表示されます。

カバレッジ結果の調査と調査の方法は次のとおりです。

最終更新日: 2019年5月7日

関連事項

関連ページ:

単体テストのカバレッジ分析

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

カバレッジ結果ブラウザウィンドウ

Visual Studioの場合:dotCoverスタンドアロンアプリケーションでは:このウィンドウでは、アプリケーションカバレッジ実行中に取得された、またはファイルから開かれたカバレッジスナップショットを探索できます。複数のタブで複数のスナップショットを閲覧できます。各スナップショットは2つのビュ...

dotCoverスタンドアロンアプリケーション

dotCoverスタンドアロンアプリケーションでは、Visual Studio以外で次のタスクを実行できます。.NETアプリケーションのカバレッジ分析を実行する- ウェルカムページの分析ボタンまたはファイル | カバーアプリケーションまたはCtrl+Alt+K Kカバレッジスナップショットを開く -...

ユニットテストカバレッジ

Visual Studioの場合:ReSharper | Windows | ユニットテストカバレッジCtrl+Alt+K Bこのウィンドウでは、単体テストのカバレッジ実行中に取得されたカバレッジデータを調査できます。各スナップショットは2つのビューで表示でき、ツールバーの右側にあるボタンで切り替え...

コードカバレッジの可視化

ReSharper_ToggleHighlightingカバレッジを視覚化し、結果データをテストするために、dotCoverはVisual Studioエディターで現在のスナップショット内のステートメントを強調表示できます。エディターでコードカバレッジを視覚化するには分析したいスナップショットをカバ...

ホットスポットの検出

ホットスポットビューは、潜在的なリスク領域を調べるのに適した出発点となります: 一度に見ると、最も複雑な方法はどこにありますか?プロジェクトのリスクに対処するために、dotCoverはリスク評価基準を導入しました。これは、各方法について次のように計算されます。リスク(m)= comp(m)^ 2 *...