dotCover 2024.1 ヘルプ

バージョン情報

JetBrains dotCover は、.NET ユニットテストランナーおよびコードカバレッジツールです。dotCover を使用すると、.NET アプリケーションコードの実際にテストされている量を分析できます。ユニットテスト中またはアプリケーションを手動で実行するときにメソッド呼び出しを測定することにより、dotCover は、どのステートメントがカバーされ、どのステートメントがカバーされなかったかを示します。

dotCover をすぐに使い始めるには、始める方法を参照してください。

コードカバレッジとは

単体テストでは、コードカバレッジは、自動テストの実行中にコードの何行が実行されるかを表す尺度です。以下の例を参照してください。

Introduction to code coverage. Unit tests and source code

カバレッジ分析を有効にして TestCircleLength() テストを実行すると、dotCover は、テストがカバーするソースコードの量を示します。

Introduction to code coverage. Unit tests coverage

単体テスト専用ですか?

いいえ、ユニットテストに加えて、いわゆる「アプリケーションカバレッジ分析」があります。この分析中に、dotCover の制御下でアプリケーションを実行し、特定の使用シナリオを実行します。ここでの主な目的は、特定のシナリオでコードのどの部分が呼び出され、どの部分に到達しないかを理解することです。

Introduction to code coverage. Application coverage

dotCover を実行するにはどうすればよいですか

dotCover を実行する方法は、ニーズによって異なります。

コードカバレッジが重要なのはなぜですか

dotCover の主な目的はリスク識別とコード品質保証です。より多くのコードがテストでカバーされるほど、何も壊さずに変更を加えることがより安全になります。多くのソフトウェア会社は、特定のコードカバレッジ値を製品リリース前に満たす必要がある要件としています。同時に、コードカバレッジには、どれだけのテストを行っているのかが示されていますが、どれだけうまく行っているのかはわかりません。

Introduction to code coverage. Fake test

関連ページ:

入門

JetBrains dotCover は、.NET ユニットテストランナーおよびコードカバレッジツールです。dotCover を使用すると、.NET アプリケーションコードの実際にテストされている量を分析できます。ユニットテスト中またはアプリケーションを手動で実行するときにメソッド呼び出しを測定することにより、dotCover は、どのステートメントがカバーされ、どのステートメントがカバーされなかったかを示します。dotCover は Visual Studio 2010, 2012, 2013...

.NET コードのカバレッジ分析

JetBrains Rider の統合 dotCover は、.NET コードにコードカバレッジ機能を提供します。JetBrains Rider での dotCover 機能の可用性:すべての dotCover 機能が JetBrains Rider 2024.1 で使用できるわけではないことに注意してください。単体テストのカバレッジ分析、継続的なテスト、カバレッジフィルター、カバレッジツリーで検索、カバレッジレポート (XML、HTML など)、アプリケーションの適用範囲分析、ドキュメントの概...

継続的なテストを使用する

連続テストの概念は、コードを変更するとすぐに実際のテスト結果がすぐに得られることを意味します。プロジェクトを手動で再構築し、変更後にすべてのテストを再実行する必要はありません: 影響を受けるテストはバックグラウンドで自動的に実行されます(テストセッションは、変更の保存やプロジェクトのビルドなどの明示的なアクションによってトリガーされます)。ソリューションで継続的なテストを可能にするメインメニューからを選択し、左側のを選択します。いつテストを再実行する必要があるかを指定します: ソリューションの保...

アプリケーションのカバレッジ分析

ソリューションに単体テストがあるかどうかに関係なく、dotCover を使用すると、実行されたアプリケーションのコードカバレッジを分析できます。dotCover の制御下でアプリケーションを実行し、特定のシナリオで実行した後、実行のステートメントカバレッジを含むカバレッジスナップショットを取得します。このスナップショットのデータを使用して、対象のアプリケーションのソースコードにアクセスし、実行されたシナリオ中にコードのどの部分が呼び出され、何に到達しなかったかを確認できます。dotCover の...

dotCover スタンドアロンアプリケーション

dotCover スタンドアロンアプリケーションでは、Visual Studio 以外で次のタスクを実行できます。.NET アプリケーションの実行範囲分析 - ウェルカムページの分析ボタンまたはまたは、カバレッジスナップショット(ようこそページのスナップショットを開くボタンまたはまたは)を開き、使用して次のタスクを実行します。ホットスポットの検出、カバレッジツリーの検索、カバレッジスナップショットからノードを除外、カバレッジ結果のエクスポート、グローバルカバレッジフィルターを編集するまたは、do...

コマンドラインからのカバレッジ分析

dotCover コマンドラインツールを使用すると、次のことが可能になります。任意のテストランナー (MSTest、NUnit、xUnit、MSpec など) の実行を制御し、実行されたテストのカバレッジをカバレッジスナップショットに記録します。たとえば、さまざまなテストフレームワークを使用する単体テストのスナップショットを結合するには、merge コマンドを使用してカバレッジスナップショットをマージします。report コマンドを使用して、さまざまな形式でカバレッジレポートを生成します。さらに、こ...