dotCover 2018.1 Help

dotCoverの新機能

dotCover 2018.1

dotCover 2017.3

  • .NET Coreは、NUnitおよびxUnitの連続テストモードでカバレッジをテストします。
  • カバレッジ結果の迅速な評価 Visual Studioエディタの右のガターにある「シールド」アイコンを使用すると、総カバレッジ率と失敗したテストの数をすばやく表示できます。アイコンをクリックすると、カバーされていないステートメントが表示されます。
  • 改善された「表紙の声明を表示する」ここで、エディタでカバーテストを表示するを使用すると、ポップアップウィンドウにコードの正確な部分がクラス、メソッド、または特定のステートメントでどのように記述されているかが示されます。

dotCover 2017.2

  • .NETコアはMSTestのカバレッジサポートをテストします。
  • パフォーマンスが向上しました 。 2017.2以前は、大規模なソリューションでの継続的なテストの作業は本当の頭痛(英語)でした。テストは非常に高速でしたが、その後のカバレッジセッションが終了するまで数分かかることがありました。 dotCover 2017.2にはこの問題は存在しません。新しいスナップショット形式のため、dotCoverはカバレッジ結果の処理を大幅に高速化します。
  • カバレッジ結果は、特定のテストだけでなく、テストグループ、プロジェクト、カテゴリなどにも表示されます。
  • 色盲マーカー。現在、マーカーはカバレッジとテスト結果を色だけでなく形状とともに示すことができます。
  • スナップショットからカバレッジデータを追加します。特定の単位テストセッションのカバレッジ結果を表示すると、スナップショットのカバレッジデータとマージできます。

dotCover 2017.1

  • 色付きの背景を使用してハイライトします。新しいハイライトスタイル(マーカーを使用)はすべてのユースケースに適していない可能性があるため、マーカーと色付き背景を切り替えたり、両方を表示するオプションを追加しました。古い強調表示スタイルは、更新されたロジックをサポートし、テストカバレッジとテスト結果の両方を表示します。

dotCover 2016.3

dotCover 2016.2

  • Unit Test Sessionsウィンドウと連続テストセッションウィンドウの実行ログ。
  • 自動プロパティを非表示にするオプションによるカバレッジ解析から自動プロパティを除外する機能
  • カバレッジ分析に関係のない子プロセスを排除することにより、不要なオーバーヘッドを削減するために、コンソールランナーからプロセスをフィルタする機能

dotCover 2016.1

dotCover 10.0

dotCover 3.0

dotCover 2.6

dotCover 2.5

最終変更日: 2018年4月16日