dotCover 2018.2 Help

dotCoverの新機能

dotCover 2018.2

  • JetBrains Rider integration. In addition to Visual Studio, now dotCover is a part of the JetBrains Rider IDE. In this release, there are two main features supported: code coverage analysis of unit tests and continuous testing.
  • Support for the dotnet console tool. Now, dotCover command-line runner can be used as an extension to .NET command-line tools (dotnet.exe). For example, you can run coverage analysis of unit tests by running: dotnet dotCover test
  • Now, when using the dotCover.exe console runner, you should always prefer the cover command over the analyze command. The coverage result depends only on the --ReportType argument: if it is specified, you'll get a report of a certain type; if not, a regular coverage snapshot will be saved.

dotCover 2018.1

dotCover 2017.3

  • .NET Coreは、NUnitおよびxUnitの連続テストモードでカバレッジをテストします。
  • Quick evaluation of coverage results.The "shield" icon in the right gutter of the Visual Studio editor allows you to quickly view total coverage percentage and the number of failed tests. Clicking on the icon navigates you through the uncovered statements.
  • Improved ‘Show Covering Statements’. Now, after you use カバーテストを表示する in the editor, the popup window tells you what exact part of your code is covered by these tests: a class, a method, or a particular statement.

dotCover 2017.2

  • .NETコアはMSTestのカバレッジサポートをテストします。
  • Improved performance. Before 2017.2, working with continuous testing on large solutions was a 本当の頭痛(英語) : while tests were executed really fast, it could take several minutes until the subsequent coverage session was finished. The problem no longer exists in dotCover 2017.2: due to the new snapshot format, dotCover provides much faster processing of coverage results.
  • カバレッジ結果は、特定のテストだけでなく、テストグループ、プロジェクト、カテゴリなどにも表示されます。
  • 色盲マーカー。現在、マーカーはカバレッジとテスト結果を色だけでなく形状とともに示すことができます。
  • スナップショットからカバレッジデータを追加します。特定の単位テストセッションのカバレッジ結果を表示すると、スナップショットのカバレッジデータとマージできます。

dotCover 2017.1

  • 色付きの背景を使用してハイライトします。新しいハイライトスタイル(マーカーを使用)はすべてのユースケースに適していない可能性があるため、マーカーと色付き背景を切り替えたり、両方を表示するオプションを追加しました。古い強調表示スタイルは、更新されたロジックをサポートし、テストカバレッジとテスト結果の両方を表示します。

dotCover 2016.3

dotCover 2016.2

  • Unit Test Sessionsウィンドウと連続テストセッションウィンドウの実行ログ。
  • 自動プロパティを非表示にするオプションによるカバレッジ解析から自動プロパティを除外する機能
  • カバレッジ分析に関係のない子プロセスを排除することにより、不要なオーバーヘッドを削減するために、コンソールランナーからプロセスをフィルタする機能

dotCover 2016.1

dotCover 10.0

dotCover 3.0

dotCover 2.6

dotCover 2.5

最終変更日: 2018年9月4日