dotCover 2019.2ヘルプ

dotCoverの新機能

dotCover 2019.2

  • Windows、macOS、およびLinuxでのMonoのサポート。
    dotCover 2019.2は、Windows、macOS、およびLinuxでMono 5.10以降のサポートを取得します。これらのオペレーティングシステムでカバレッジ分析を実行するには、JetBrains RiderまたはdotCoverコンソールランナーを使用する必要があります。macOSおよびLinuxでは、64ビットプロセスのみがサポートされていることに注意してください。

  • LinuxおよびmacOSのコンソールランナー。
    これで、dotCoverコンソールランナーをWindowsだけでなく、macOSおよびLinuxでも使用できるようになりました。新しいプラットフォームでより便利にするために、ツールはUnixスタイルの構文のコマンド引数を受け入れます。例:現在、/TargetExecutable=MyApp.exe--targetexecutable:MyApp.exe の両方が有効です。

  • コンソールランナーの改善。
    コンソールランナーは、.NET CoreおよびMonoアプリケーションとユニットテストのカバレッジ分析を簡素化する2つの新しいコマンド cover-dotnet および cover-monoを取得します。

  • 課題カバレッジ0%および.NET Core単体テスト(英語)は修正されました。ドットネットdotCoverテストの回避策は不要になりましたが、カバレッジ分析を実行するこの方法がより便利であることがわかった場合は、引き続き使用できます。

dotCover 2019.1

  • macOSとLinuxでの.NET Coreユニットテストのサポート。これらのオペレーティングシステムでコードカバレッジ分析を実行するには、JetBrains Riderを使用する必要があります。

  • Visual Studioのリモートカバレッジは利用できなくなりました。この機能はdotCoverから削除されます。

dotCover 2018.3

  • 改善されたカバレッジフィルタ。現在、dotCoverオプションには、ランタイムフィルタ(カバレッジセッション中に適用されるもの)と結果フィルタ(カバレッジ結果に適用されるもの)の2つのフィルタグループがあります。後者はファイル名によるフィルタで拡張されています。

  • 複数のターゲットフレームワークのサポート 。プロジェクトが複数のフレームワークをターゲットにしている場合、カバレッジツリーは各フレームワークに対して別々に結果を表示します(各フレームワークはツリー内の別々のノードとして表示されます)。コードの強調表示は、エディターで選択されているコンテキストによっても異なります。

dotCover 2018.2

  • JetBrains Rider統合。Visual Studioに加えて、今dotCoverはJetBrains Rider IDEの一部です。このリリースでは、2つの主な機能がサポートされています。単体テストのコードカバレッジ分析と継続的なテストです。

  • dotnet コンソールツールのサポート。現在、dotCoverコマンドラインランナーは、.NETコマンドラインツール(dotnet.exe)の拡張機能として使用できます。例: dotnet dotCover testを実行すると、単体テストのカバレッジ分析を実行できます。

  • dotCover.exeコンソールランナーを使用する場合は、analyze コマンドよりも常に cover コマンドを優先するべきです。カバレッジ結果は、--ReportType 引数にのみ依存します。指定されている場合は、特定のタイプのレポートを取得します。そうでない場合は、通常のカバレッジスナップショットが保存されます。

dotCover 2018.1

dotCover 2017.3

  • .NET Coreは、NUnitおよびxUnitの連続テストモードでカバレッジをテストします。

  • カバレッジ結果の迅速な評価。VisualStudioエディターの右側のガターにある「シールド」アイコンを使用すると、総カバー率と失敗したテストの数をすばやく表示できます。アイコンをクリックすると、発見されたステートメントをナビゲートできます。

  • 「カバーステートメントを表示」の改善。これで、エディターでカバーテストを表示するを使用した後、ポップアップウィンドウに、コードの正確な部分がクラス、メソッド、特定のステートメントのどれであるかがわかります。

dotCover 2017.2

  • .NETコアはMSTestのカバレッジサポートをテストします。

  • パフォーマンスの改善。2017.2の前は、大規模なソリューションで継続的なテストを行うことは大きな頭痛の種(英語)でした。テストは非常に高速に実行されますが、後続のカバレッジセッションが完了するまで数分かかることがありました。この問題はdotCover 2017.2にはもう存在しません。新しいスナップショット形式により、dotCoverはカバレッジ結果の処理を大幅に高速化します。

  • カバレッジ結果は、特定のテストだけでなく、テストグループ、プロジェクト、カテゴリなどにも表示されます。

  • 色盲マーカー。現在、マーカーは、色だけでなくその形状でもカバレッジとテスト結果を示すことができます。

  • スナップショットからカバレッジデータを追加します。特定の単体テストセッションのカバレッジ結果を表示するときに、スナップショットのカバレッジデータとマージすることができます。

dotCover 2017.1

  • 色付きの背景を使用してハイライトします。新しい強調表示スタイル(マーカーを使用)は、すべてのユースケースに適していない可能性があるため、マーカーと色付き背景を切り替えたり、両方を表示するオプションを追加しました。古い強調表示スタイルは、更新されたロジックをサポートし、テストカバレッジとテスト結果の両方を表示します。

dotCover 2016.3

dotCover 2016.2

  • Unit Test Sessionsウィンドウと連続テストセッションウィンドウの実行ログ。

  • 自動プロパティーを非表示にするオプションによるカバレッジ解析から自動プロパティーを除外する機能

  • カバレッジ分析とは無関係の子プロセスを除外することによって、不要なオーバーヘッドを削減するためにコンソールランナーからプロセスをフィルタリングする機能。

dotCover 2016.1

最終更新日: 2019年9月20日

関連ページ:

.NETСodeのカバレッジ分析

JetBrains Riderはと統合dotCover.NETコードにコードカバレッジ機能を提供します。現在dotCoverのすべての機能がJetBrains Riderで利用できるわけではないことに注意してください。最も重要な機能のサポートに焦点を当てました。単体テストのカバレッジ分析、継続的なテ...

コマンドラインからのカバレッジ分析

コードインスペクションを実行し、コマンドラインから分析を複製することもできます。dotCoverコンソールランナーは、.zipアーカイブまたはNuGetパッケージとして無料で配布されるコマンドラインツールです。このツールでは次のことができます。あらゆるテストランナー(MSTest、NUnit、xUn...

カバレッジフィルタを設定する

場合によっては、カバレッジ分析の範囲を制限する必要があります。例:複数のプロジェクトと何千ものテストを含む大スコープアプリケーションの開発に参加している場合、これは意味があります。この場合、ソリューション内のすべてのプロジェクト(タイプ、タイプメンバー)の対象範囲を分析する必要はありませんが、特定の...

コードカバレッジの可視化

カバレッジを視覚化し、結果データをテストするために、dotCoverはVisual Studioエディターで現在のスナップショット内のステートメントを強調表示できます。エディターでコードカバレッジを視覚化するには分析したいスナップショットをカバレッジ結果ブラウザウィンドウウィンドウまたはユニットテス...

継続的なテスト

継続的なテストは、さまざまな方法でテスト駆動開発のプラクティスを合理化します。ユニットテストに影響を与える変更を検出し、影響を受けたすべてのプロジェクトを再構築し、新しいテストと古いテストをすべて再実行します。すべてがバックグラウンドで自動的に行われます。影響を受けるプロジェクトのみが再構築されます...

ユニットテストカバレッジ

Visual Studioの場合:このウィンドウでは、単体テストのカバレッジ実行中に取得されたカバレッジデータを調査できます。各スナップショットは2つのビューで表示でき、ツールバーの右側にあるボタンで切り替えることができます。カバレッジツリー:このビューでは、すべてのコード項目がツリー構造でグループ...