dotCover 2018.3ヘルプ

コードカバレッジの可視化

ReSharper | カバー | コードハイライトを切り替える
Ctrl+Alt+K H
ReSharper_ToggleHighlighting

カバレッジを視覚化し、結果データをテストするために、dotCoverはVisual Studioエディターで現在のスナップショット内のステートメントを強調表示できます。

エディターでコードカバレッジを視覚化するには

  1. 分析したいスナップショットをカバレッジ結果ブラウザウィンドウウィンドウまたはユニットテストカバレッジウィンドウで開きます。

  2. 現在のスナップショットが開いているウィンドウのツールバーでハイライトコード ThemedIcon Highlighting Screen Gray をクリックします。

  3. dotCoverは、現在のカバレッジスナップショットに含まれるすべてのアセンブリのコードを強調表示します(左のガターを参照)。

    dotCover highlighting

  4. 現在のスナップショットのハイライトを無効にするには、Ctrl+Alt+K H を押すか、メインメニューからReSharper | カバー | コードハイライトを切り替えるを選択します

カバレッジ結果ブラウザウィンドウまたはユニットテストカバレッジウィンドウで複数のスナップショットを切り替えても、強調表示は自動的に切り替わりません。特定のスナップショットの強調表示を切り替えるには、現在のスナップショットが開いているウィンドウのツールバーのハイライトコード ThemedIcon Highlighting Screen Gray をクリックします。

ハイライトの仕組み

コードステートメントの状態を示すために、dotCoverは、Visual Studioの左ガターで色付きのマーカーを使用します。

マーカー

説明

dc highlighting no tests | dc highlighting no tests shaped

1行に少なくとも1つの文が含まれている場合は、単体テストの対象にはなりません。

dc highlighting tests pass

1行にあるすべての文は単体テストの対象となります。すべてのテストは合格です。

dc highlighting tests fail | dc highlighting tests fail shaped

1行の中のすべての文は単体テストの対象です。少なくとも1つのテストが失敗します。

dotCoverの強調表示オプション整形されたマーカーを使用する (カラーブラインドモード)設定を有効にすると、マーカーはカバレッジとテスト結果を色だけでなく形状でも表示します。

コードを変更した直後には、テスト結果は古くなってしまいます。この場合、マーカーは色を維持しますが、マーカーはより薄くなります。マーカーのツールチップには、以前の状態に関する情報も表示されます。

dc highlighting previous state

コードの行がカバレッジ結果の異なる複数の文で構成されている場合、dotCoverは "最悪の"結果だけを考慮して行を強調表示します。例:最初のステートメントのテストが合格し、2番目のステートメントのテストが失敗した場合、dotCoverは赤色のラインを強調表示します。1つのステートメントがいくつかの失敗したテストでカバーされ、別のステートメントがまったく対象外である場合、マーカーはグレーです。

dc highlighting multiple

コードの行全体がハイライト表示されているときに、「古いスタイル」の強調表示(dotCover 2016.2以前のように)を使用したい場合は、ReSharper | オプション | dotCover | エディター | コードカバレッジの強調表示 | ラインの背景を使用して切り替えることができます。

dc old highlighting

カバーテストへのナビゲート

引き続きコードカバレッジを調査するには、カバレッジテストに移動したり、カバレッジツリーでコード項目を見つけたりできます。

複数のフレームワークをターゲットとするプロジェクトでのコードカバレッジの視覚化

プロジェクトが複数のフレームワークをターゲットにしている場合、dotCoverは各フレームワークについて個別にカバレッジ結果を表示します。したがって、カバレッジツリーは各フレームワークを別々のノードとして表示します。コードの強調表示は、エディターで選択したコンテキストによっても異なります。

最終更新日: 2019年2月14日

関連事項