dotCover 2019.3ヘルプ

プロジェクトまたはソリューションでユニットテストを使用する

ソリューションの単体テストを発見する

dotCoverはユニットテストエクスプローラーウィンドウをVisual Studioに追加します(ReSharper | ユニット・テスト | ユニット・テストReSharper | Windows | ユニット・テスト、または Ctrl+Alt+T )。このウィンドウを使用して、ソリューション全体でサポートされているすべてのフレームワークの単体テストを調べて実行、デバッグ、またはカバーできます。プロジェクトの単体テストは、プロジェクトがビルドされた後にのみウィンドウに表示されます。現在開いているファイルからのテストは自動的に更新され、開いているファイルからの新しいテストは、作成すると同時に単体テストエクスプローラーに表示されます。

Unit Test Explorer displays tests from the entire solution

ユニットテストエクスプローラーを使用すると、次の操作を実行できます。

  • ソリューションのテストを探索する:リストまたはツリービューですべての単体テストを参照し、部分文字列でテストと検索を検索し、プロジェクト、名前空間、カテゴリなどで単体テストを再グループ化します。

  • ビュー内でテストクラスまたはテストクラスのソースコードをダブルクリックして、そのソースコードに移動します。

  • 実行、デバッグまたはカバーテストを選択しました。

  • 選択されたテストおよびテストクラスからの単体テストセッションを作成するおよび/または選択された項目を現在のテストセッションに追加します。

  • すべてのテストをソリューションからテキスト、XML、またはHTMLファイルにエクスポートします。

プロジェクトまたはソリューションの単体テストの実行、デバッグ、カバー

ユニットテストエクスプローラー、ソリューションエクスプローラー、またはクラスビューからテストを実行、デバッグ、またはカバーすることができます。ユニットテストエクスプローラーを使用すると、テストとテストクラスだけを表示し、必要な他のウィンドウ、プロジェクト、ファイル、クラスにテストが含まれていることを確認できます。

  • 単体テストエクスプローラーからテストを実行するには、目的のテストを選択し、ツールバーのユニット・テストの実行 Run Unit Tests Ctrl+T R / ユニット・テストのデバッグ Debug Unit Tests Ctrl+T D またはカバーユニットテスト Cover Unit Tests Ctrl+T H をクリックします。

  • ソリューションエクスプローラーまたはクラスビューからテストを実行、デバッグ、またはカバーするには、テストを含む1つ以上のアイテム(クラス、ファイル、フォルダー、プロジェクト)を選択し、ユニット・テストの実行 Run Unit Tests Ctrl+T R / ユニット・テストのデバッグ Debug Unit Tests Ctrl+T D またはカバーユニットテスト Cover Unit Tests Ctrl+T H コマンドを使用します。メインメニュー(ReSharper | ユニット・テスト)およびコンテキストメニュー。

  • ソリューションのすべてのテストを実行、デバッグ、またはカバーするには、メインメニューでReSharper | ユニット・テスト | ソリューションからすべてのテストを実行 / ReSharper | ユニット・テスト | ソリューションからすべてのテストをカバーするを選択するか、Ctrl+T L / Ctrl+T Kを押します。

どのような方法でテストの実行、デバッグ、またはカバーを選択しても、Unit Test Sessionsウィンドウに実行の進行状況、結果、および出力が表示されます。オープンユニットテストセッションがある場合、実行されたテストはこのセッションに追加されます。テストセッションがない場合、または既存のセッションがロックされている場合は、新しいテストセッションが作成されます。

必要に応じて、最後に実行したテストの実行またはカバレッジ解析を、Ctrl+T T を押すか、またはメニューでReSharper | ユニット・テスト | 前回の実行を繰り返しを選択することによって、いつでも繰り返すことができます。

最終更新日: 2020年2月6日

関連ページ:

ユニットテストエクスプローラーウィンドウ

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

単体テストのカバレッジ分析

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

テストカテゴリー

NUnit、MSTest、およびxUnitフレームワークでは、対応するシンボルの(NUnit)または(MSTest)属性を使用して、テストとテストクラスをスイートにグループ化できます。xUnitは属性に同様の機能を提供します。dotCoverはこれらの属性を認識しており、多くの関連機能を提供します。...

ユニットテストセッションの使用

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

Unit Test Sessionsウィンドウ

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

現在のドキュメントで単体テストを処理する

現在のドキュメントのテストを理解する:dotCoverは、ユニットテストクラスとサポートされているすべてのフレームワークの単一ユニットテストをエディターで検出し、エディターの各アイテムの隣に対応するアクションインジケータを追加します。単体テストが複数の単体テストセッションに含まれている場合、その実行...