dotCover 2019.3ヘルプ

テストカテゴリー

NUnit、MSTest、およびxUnitフレームワークでは、対応するシンボルの Category (NUnit)または TestCategory (MSTest)属性を使用して、テストとテストクラスをスイートにグループ化できます。xUnitは Trait 属性に同様の機能を提供します。dotCoverはこれらの属性を認識しており、多くの関連機能を提供します。

テストカテゴリを参照する

ユニットテストエクスプローラーウィンドウでは、現在のソリューションの既存のカテゴリをすべて調べることができます。これを行うには、グループ化セレクタでカテゴリーまたはプロジェクトとカテゴリを選択します。また、Unit Test Sessionsウィンドウのセッション内でカテゴリを探索することもできます。オプションセレクタで同じグループ設定を見つけることができます。

カテゴリ内のすべてのテストを実行する

あるカテゴリに属する各テスト/テストクラスから、このカテゴリのすべてのテストの実行を開始できます。これを行うには、Alt+Enter を押すかアクションインジケーターをクリックして、アクションリストで実行 / デバッグまたはすべて実行 / すべてをデバッグするまたはカバー / すべてカバーを選択し、右側の小さな矢印をクリックしてカテゴリ名をクリックするか、Enterを押します。

dotCover: Executing unit tests in a category

カテゴリ内のすべてのテストを実行する別のオプションは、ユニットテストエクスプローラーウィンドウカテゴリ別にテストをグループ化し、カテゴリノードを選択して、ツールバーのユニット・テストの実行 Run Unit Tests Ctrl+T R / ユニット・テストのデバッグ Debug Unit Tests Ctrl+T D またはカバーユニットテスト Cover Unit Tests Ctrl+T H をクリックすることです。

カテゴリーを無視

必要に応じて、無視リストに1つ以上のカテゴリを追加できます。これらのカテゴリに属するすべてのテストは、単体テストセッションの実行中にスキップされます。無視されたカテゴリから特定のテストを個別に実行することもできます。

無視リストにカテゴリーを追加するには、dotCoverオプション(Alt+R, O)のツール | ユニット・テストページのカテゴリからテストをスキップするフィールドにカテゴリー名を入力します。複数のカテゴリを入力する場合、区切り文字としてコンマを使用します。

最終更新日: 2020年2月6日

関連ページ:

ユニットテストセッションの使用

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

ユニットテストエクスプローラーウィンドウ

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

Unit Test Sessionsウィンドウ

dotCoverの単体テストランナーでは、同じIDで複数のテストを実行することはできません。これは実際にはほとんど発生しませんが、同じIDのテストがある場合、それらはユニット・テストエクスプローラーおよびUnit Test Sessionsウィンドウに単一のノードとして表示され、それらのうち1つだけ...

現在のドキュメントで単体テストを処理する

現在のドキュメントのテストを理解する:dotCoverは、ユニットテストクラスとサポートされているすべてのフレームワークの単一ユニットテストをエディターで検出し、エディターの各アイテムの隣に対応するアクションインジケータを追加します。単体テストが複数の単体テストセッションに含まれている場合、その実行...