dotCover 2018.3ヘルプ

Visual Studioからのリモートカバレッジ分析

dotCoverでは、Visual Studioのリモートコンピューターでユニットテストのカバレッジ解析実行できます。この機能は透過的に動作し、ローカルマシンのリソースを節約できます。
カバレッジ分析を開始すると、dotCoverは実行するバイナリとテストのリストをリモートサーバーに送信します。すべての計算はサーバーによって実行され、カバレッジスナップショットはマシンに送り返されます。オーバーレイがローカルで分析されたのと同じ方法でカバレッジ結果調べることができます。

リモートカバレッジの設定

リモートカバレッジを有効にするには、リモートマシンにカバレッジサーバーアプリケーションをインストール、設定、実行し、Visual StudioのdotCover設定で対応する設定を行う必要があります。

MSTestsのリモートカバレッジを実行する場合は、Visual Studioがリモートマシンにインストールされていることを確認してください。ローカルとリモート Visual Studioのインストールには同じバージョンが必要であり、同じディレクトリーにインストールする必要があります。

NUnitテストはカバレッジ・サーバーによってネイティブにサポートされているため、サーバーにNUnitをインストールする必要はありません。

カバレッジサーバーを設定するには

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

  2. リモートカバレッジサーバーを実行するマシンにアーカイブをコピーします。

  3. アーカイブからファイルを抽出し、次のいずれかのパラメータを使用してdotCover.RemoteCoverageServer.exeを実行します。
    • dotCover.RemoteCoverageServer run - デフォルト設定でコンソールアプリケーションプロセスとしてカバレッジサーバーを起動します。

    • dotCover.RemoteCoverageServer install /StartServer - カバレッジサーバーをサービスとしてインストールし、デフォルト設定で起動します。サービスとしてカバレッジサーバーを実行することには多くの利点があります。例:マシンの起動時にサービスを開始するように設定できます。ログインする必要はありません。

    • dotCover.RemoteCoverageServer help - カバレッジサーバーの利用可能なパラメータを研究します。

    カスタム設定で実行する必要がある場合は、カバレッジサーバーの設定を参照してください。
  4. デフォルトでは、サーバーは 9081 ポートで起動し、dotCoverからカバレッジ要求を実行する準備ができています。

Visual Studioでリモートカバレッジを設定するには

  1. dotCoverオプションのdotCover | リモートカバレッジページを開きます。

  2. リモートでカバーユニットテストチェックボックスを選択します。

  3. 対応するフィールドに、IPアドレスまたはホスト名、およびカバレッジサーバーのポートを指定します。

  4. 接続のテストをクリックします。サーバーが正しく構成されている場合、確認メッセージが表示されます。それ以外の場合は、エラーメッセージを調べて設定を修正するか、サーバーを再起動してください。

  5. 対象となるテストで外部テストデータが使用される場合は、テストデータファイルでディレクトリーを指定します。新しいディレクトリーごとにフォルダーの追加をクリックします。
  6. 保存をクリックして変更を適用し、dotCoverに変更を保存する場所を選択させるか、次へ保存ドロップダウンリストを使用して変更を特定の設定レイヤーに保存します。詳しくは、ドットカバー設定の管理と共有を参照してください。

カバレッジ分析をローカルに実行する必要がある場合は、dotCover | リモートカバレッジページのdotCoverオプションのリモートでカバーユニットテストチェックボックスをオフにします。

リモートサーバーでカバレッジ分析を実行する

カバレッジ分析をリモートで実行するようにdotCoverが設定されている場合、Visual Studioウィンドウの右下隅に緑色のクラウドアイコンが表示されます。

Remote coverage server icon

このクラウドアイコンは、サーバー接続に問題がある場合は赤色に変わります。

Visual Studioから単体テストのカバレッジ分析実行するたびに、すべてのカバレッジ分析がサーバー側で実行されます。分析が終了すると、結果は自動的にUnit Test Sessionsウィンドウに表示されます。

カバレッジサーバーのオプション設定

カバレッジサーバーのパラメータは、コマンドライン引数またはコンフィギュレーションファイルdotCover.RemoteCoverageServer.exe.configで指定できます。両方の方法でいくつかの設定が指定されている場合は、コマンドライン引数が優先されます。

カバレッジサーバーをWindowsサービスとして実行する場合は、

以下の設定可能なパラメータがあります。

  • PortNumber - カスタムポート番号を指定できるオプションのパラメータ。デフォルトでは、ポート番号は 9081です。

  • PathToFileStorages - クライアントのファイル用に別のディレクトリーを指定できるオプションのパラメータ。デフォルトでは、これらのファイルはリモートサーバーアプリケーションの隣に保存されています。

  • WorkspaceHostsPoolSize - このオプションのパラメータを使用すると、クライアントのスナップショット用にいくつの別々のプロセスを予約する必要があるかを指定できます。新しいクライアントがサーバーに接続するとすぐに、その計算は空きプロセスで開始され、1つの新しいプロセスが予約プールに追加されます。

  • WorkspaceHostInitializationTimeout - このオプションパラメータは、新しいクライアントプロセスの初期化の制限時間(ミリ秒)を設定します。

  • AllowedFileStorageInactivityPeriod - このオプションのパラメータでは、サーバーから切断されたクライアントのファイルを保持する時間制限(時間単位)を設定できます

  • ロギングを有効にするには、 LogFile パラメータを使用します。パス引数がない場合、ログは自動生成された名前で %Temp%JetLogs フォルダーに保存されます。

  • LogLevel - オプションで、ロギングレベルを次の値のいずれかで設定します。 INFOVERBOSETRACE

最終更新日: 2019年2月14日

関連事項