dotCover 2018.3ヘルプ

カバリングテストへの移動

ReSharper | カバー | カバーテストを表示する
Ctrl+Alt+K T
ReSharper_ShowTestsCoveringEditorContext

dotCoverは、コード内の特定のステートメントを対象とする単体テストを検出するためのショートカットを提供します。Visual Studioエディターでは、カバリングテストをリストし、これらのテストのいずれかに直接ナビゲートするポップアップを呼び出すことができます。さらに、このポップアップから即座に実行したり、既存のユニットテストセッションに追加することができます。

dotCoverはカバレッジユニットテストに関する情報を現在のカバレッジスナップショットから取得します。したがって、この情報は利用できない場合があり、dotCoverはこのナビゲーションを実行できません。

  • カバレッジスナップショットが開いていません。この場合、メインメニューとコンテキストメニューの対応するコマンドはグレー表示されます。

  • 現在のステートメントをカバーする単体テストはありません。この場合、コマンドはアクティブですが、ポップアップにこの文を網羅するテストはありませんというメッセージが表示されます。

  • 現在のスナップショットにはテストごとのデータはありません この場合、コマンドはアクティブですが、ポップアップに現在のスナップショットにテストごとの情報が含まれていませんというメッセージが表示されます。

単体テストでカバーされていないコードでは、このナビゲーションは不可能です。したがって、最初に対象コードを強調表示してから、対象コードとして強調表示されているコードからナビゲートできます。

テストのカバーに移動するには

  1. エディターで、コードステートメントにキャレットを配置します。

  2. Ctrl+Alt+K T を押すか、メインメニューからReSharper | カバー | カバーテストを表示するを選択してください。あるいは、 Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップでコマンド名を入力してから、コマンド名を選択することもできます。

  3. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • Ctrl+Alt+K T を押すか、メインメニューからReSharper | カバー | カバーテストを表示するを選択してください。

    • 強調表示が有効になっている場合は、ツールチップが表示されるまでカーソルを特定の強調表示マーカーの上に置きます。ツールチップをクリックしてください。

  4. ポップアップが表示されたら、そのステートメントをカバーする単体テストのリストが表示されます。

    dotCover show covering tests

  5. 希望の単体テストをダブルクリックしてエディターで開きます。

最終更新日: 2019年2月14日

関連事項