dotPeek 2018.3ヘルプ

入門

インストールと起動

dotPeekは、ReSharper Ultimateインストーラ(英語)の一部として、および32ビットおよび64ビットプロセッサ用のポータブルバージョンとして、2つのディストリビューションでダウンロードでき(英語)ます。両方の分布は機能的に同等です。

  • 単一のPCでdotPeekを使用し、自動バージョン管理を利用する場合は、インストーラベースの配布が安全です。

  • 複数のマシン間でdotPeekを共有したい場合(例えば、フラッシュドライブやDropboxフォルダーを使用する場合)、ポータブル配布が適しています。

基本設定

dotPeekでは、ショートカットですべてを制御できます。dotPeekはJetBrains ReSharper(英語)から継承した2つのキーボードスキームを提供します。まず第一に、これらの計画の両方でdotPeek命令に割り当てられた近道を研究したいかもしれません。どちらの方式を使用するかを選択したら、dotPeekオプションの環境 | 一般ページでこれらの方式を選択してください。これらのヘルプページを調べるときに、ページの右上隅にある自分の推奨するスキームを選択して、このスキームからのショートカットが表示されるようにすることができます。

表示 | アウトラインおよび表示 | オプションメニューでは、長い行を折り返すか、行番号を表示するかなど、コードビューアーの環境設定をすばやく設定できます。

ライブラリーコードを逆コンパイルするだけでなく、デフォルトでは、ローカルまたはシンボルサーバー上で使用できる場合、元のソースファイルを自動的に検索、取り出し、表示します。逆コンパイルされたコードだけを表示する場合は、逆コンパイラーページのdotPeekオプションの使用可能な場合はシンボルファイルからのソースを使用するチェックボックスをオフにします。

アセンブリを開く

どのアセンブリでも作業を開始するには、アセンブリエクスプローラーでアセンブリを開く必要があります。初めてdotPeekを起動すると、メインシステムアセンブリが既にこのウィンドウにロードされていることがわかります。必要に応じて、さらにアセンブリエクスプローラーツールバーの開く ThemedIcon AssemblyAdd Screen Gray をクリックしてアセンブリファイルを選択するか、アセンブリファイルをアセンブリエクスプローラーウィンドウにドラッグアンドドロップするだけで、探索したいアセンブリをさらに読み込むことができます。

アセンブリのブラウズ

目的のアセンブリがアセンブリエクスプローラーに表示されるとすぐに、アセンブリに表示されるノード(名前空間、型と代理人、および型メンバー)を順番に展開することで、コンテンツの調査を開始できます。

タイプをダブルクリックしてメンバーを入力すると、コードビューアーで逆コンパイルされたコード(または使用可能な場合は元のソースファイルのコード)を表示できます。

アセンブリノードには、参照ノードとリソースノードもあります。参照をダブルクリックすると、参照可能なアセンブリがすぐに使用できる場合は読み込まれます。リソースノードのエントリをダブルクリックすると、対応するリソースのソース表現がコードビューアーで開くか、または外部アプリケーションに渡されます。

タイプノードとデリゲートノードには、現在のタイプのベースタイプと継承を示すために展開できる基本型ノードが表示されます。これは、.NETリフレクタ(英語)バックグラウンドを持つ開発者が通常魅力的なタイプ継承ツリーを参照する方法です。

assembly explorer ReSharper

ソースコードの表示

アセンブリコードは、コードビューアーではC#として表示されます。これには、Visual Studioのエディタータブの外観があります。コードの構文はReSharperスタイルで強調表示されており、プロパティー、タイプ、アクセサ、およびメソッドには独特の色が付いています。キャレットを波括弧または括弧などの区切り記号に置くと、対応する部分と共に強調表示され、自分がいる特定のコードブロックの範囲にフォーカスが移ります。

コードをコピーする必要がある場合は、選択の拡張/縮小ショートカット(Ctrl+W / Ctrl+Shift+W)または宣言を含む選択ショートカット(Ctrl+Shift+[)を使用して、目的のピースを選択できます。

宣言を開かずにシンボルについて学ぶには、クイックドキュメントコマンド(Ctrl+Q)を使用してください。

ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます。コンパイルされたアセンブリ内でナビゲーションがどのように実行されるかについては、コンパイル済みコードのナビゲートを参照してください。

dotPeekでコードを検索する方法はたくさんあります。ほとんどの場合、どこでも検索コマンド(Ctrl+N)を使用することができます。いくつかのキーストロークでスコープのアセンブリ、型、型メンバーに移動します。検索するシンボルを指定するときは、キャメルハンプを使用します。コンパウンド名の大文字のみを入力してください。

豊富なナビゲーションコマンドの中で、最も有用なものは宣言に移動Ctrl+B)で、これは Ctrl - シンボルをクリックすることでも利用可能です。シンボルの使用時にこのコマンドを呼び出すと、その宣言に着地します。宣言自体でこのコマンドを実行すると、スコープ内のすべてのシンボルの使用方法を繰り返すことができます。

navigating to symbol declaration with Ctrl+click

現在のキャレット位置で使用可能なすべてのナビゲーションコマンドを表示するには、次にナビゲートコマンド()を使用します。

The 'Navigate To' shortcut displays all available navigation options for the current symbol

目的のシンボル(アセンブリエクスプローラーで検索Shift+Alt+L))を見つけた後に使用できるもう1つのコマンドは、シンボルが属するアセンブリ、名前空間、タイプなどを理解できます。

高度な機能

dotPeekは、その高度な機能のおかげで、デコンパイラ以上のものです。dotPeekを使用すると、次のこともできます。

最終更新日: 2018年12月18日