dotPeek 2018.3ヘルプ

コードの操作

C#コード、ILコード、または元のソースコードをPDBファイルとシンボルサーバーを使用してローカルまたはリモートの場所からフェッチすることができるため、アセンブリをデコンパイルして表示できます。詳細は、コード表示オプションを参照してください。

dotPeekはコードをC# 4.0に逆コンパイルします。 async / await 修飾子がある場合、コードをC# 5.0に逆コンパイルします。例外フィルタまたは自動プロパティー初期化子がある場合は、C# 6.0を使用して逆コンパイルされたコードを表示します。

コードビューアータブには、コンパイルされていないコードまたはソースコードが表示されます。これらのタブには、行番号、ワードラップ、アウトライン、空白スペースなどの設定可能なオプションを含む、Visual Studioのエディタータブの外観があります。

次のセクションでは、コードを操作するさまざまな側面について説明します。

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項