dotPeek 2020.3 ヘルプ

dotPeek の新機能

dotPeek 2020.3

dotPeek 2020.2

  • デコンパイラー:式本体のメンバー、スロー式、デフォルトのパラメーター、および名前付き引数のサポート。

  • 逆コンパイラー: NullablePublicOnlyAttribute サポート

dotPeek 2020.1

  • 逆コンパイラー: 改善されたタプルコンポーネント名のサポート

  • 逆コンパイラー: null 許容参照型 (メソッド本体ではなく、宣言内)

  • 逆コンパイラー: デフォルトのインターフェースメンバー

  • 逆コンパイラー: 自動実装プロパティおよびフィールドのようなイベントのフィールドターゲット属性

  • IL ビュー: インターフェース実装におけるカスタム属性のサポートおよびジェネリックパラメーター制約 (たとえば、コンパイラーはこれらのエンティティに NullableAttribute および TupleElementNamesAttribute を適用できます)

dotPeek 2019.3

dotPeek 2019.2

dotPeek 2019.1

dotPeek 2018.3

  • ローカル関数の逆コンパイル (C# 7.0)

  • パターンマッチング逆コンパイル: case 句内の const パターン、型パターン、型パターン (述語と破棄はサポートされています) (C# 7.0)

  • Decompilation of System.Enum , System.Delegate and unmanaged constraints (C# 7.3)

  • ピン留めなしの fixed フィールドインデックスの逆コンパイル (C# 7.3)

  • シンボル情報をクリップボードにコピー

dotPeek 2018.2

  • インターフェース、列挙型、メソッドの実装を持たない型へのナビゲーションが改善されました。

dotPeek 2018.1

  • 次の C# 構成要素の逆コンパイルサポート:

    • 無条件(?. または ?[])演算子

    • Await in catch / finally blocks

    • インデクサ(辞書)イニシャライザ

    • 非同期 Main

  • メタデータティーの改善点:

    • デコンパイラーでサポートされていないファイルのメタデータサブツリー(ヘッダー / ディレクトリ)。

    • ヘッダーのプレゼンテーションと新しいファイル記述の改善。

    • メタデータテーブル、メタデータテーブル行、ヒープアイテムの絶対オフセット(オフセットはプロパティウィンドウに表示されます)。

  • プロパティウィンドウのアセンブリのファイル記述(バージョン情報)。

dotPeek 2017.3

dotPeek 2017.2

dotPeek 2017.1

dotPeek 2016.3

dotPeek 2016.2

  • IL Viewer の改善:キャレットをコードシンボルまたは命令に設定すると、この項目のすべての使用箇所がハイライトされます。コード内のループは、対応するインデントとコメントによって区別できます。

  • アセンブリ依存図

dotPeek 2016.1

dotPeek 10.0

  • 中間言語の表示 (IL) と逆コンパイルされた C# コードが並んでいます。

  • 使用箇所の検索は非同期で動作し、逆コンパイル時にバックグラウンドで時間のかかる使用状況の検索を実行しながら作業を続けることができます。

  • dotPeek は、Visual Studio と同じカラーテーマセットをサポートしており、カラースキームの設定を Visual Studio の設定と同期させることができます。

  • 宣言に移動コマンドの使用を認識する動作

dotPeek 1.4

  • Roslyn を使用してアセンブリをデコンパイルする機能

  • 次の C# 6.0 の機能をデコンパイルする機能:例外フィルター、初期化子を使用した自動プロパティ

  • メタデータトークンをアセンブリエクスプローラーおよび逆コンパイルされたコードのコメントとして表示する機能

  • メタデータトークン移動する機能

  • 文字列に移動するコマンドを使用すると、定数文字列フィールドと文字列パラメーターのデフォルト値で文字列リテラルを見つけることができます。

dotPeek 1.3

dotPeek 1.2

dotPeek 1.1

関連ページ:

IL Viewer ウィンドウ

Windows | IL Viewerこのウィンドウは現在のドキュメントを Microsoft中間言語 (MSIL)として表示します。ウィンドウの内容はコードビューアーと同期させることができます。コードビューアーで利用可能なナビゲーションアクションのほとんどは IL Viewer でも利用可能です...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。これは、型と型のメンバー、さ...

ファイルメンバーに移動

このコマンドを使用すると、現在のドキュメント内の特定のメソッド、フィールド、プロパティ(ソースファイルまたは逆コンパイルによって再構築されたファイル)にすばやく移動できます。このコマンドを使用して、現在のドキュメント内のテキストを検索することもできます。テキストの一致は、一致するメンバーの後にポップ...

コンパイル済みコードの表示オプション

設定、PDB 情報の可用性、適用されたナビゲーションコマンドに応じて、dotPeek はコンパイルされたコードをさまざまな方法で表示できます。メタデータビュー— このビューには、タイプの署名とそのすべてのメンバーの署名のみが表示されます。コードビューアーまたはアセンブリエクスプローラーウィンドウから...

アセンブリおよびポータブル PDB メタデータを調べる

dotPeek は、アセンブリメタデータを探索し、その中のすべてのアイテム(テーブル、blob、文字列など)を掘り下げるのに役立ちます。dotPeek では、メタデータトークンを表示および検索することもできます。すべてのメタデータ項目は、アセンブリエクスプローラーウィンドウの各アセンブリに表示される...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースこのコマンドは、ライブラリシンボルの元のソースファイルをフェッチし、そこにシンボルを表示しようとします。このコマンドは、ソースコードのライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、アセンブリエクスプローラ...