dotPeek 2019.2ヘルプ

メタデータトークンの表示

.NETアセンブリは、シンボル参照をメタデータトークンとして格納します。必要に応じて、dotPeekは各逆コンパイルされたシンボルのトークンを表示できます。トークン値を表示するオプションは、コードビューアー内のすべてのオープンデコンパイル済みドキュメント、アセンブリエクスプローラーウィンドウ内の型およびメンバーにグローバルに適用されます。デフォルトでは、このオプションはオフになっています。

このオプションを有効にすると、メタデータトークンの値がアセンブリエクスプローラーのタイプとメンバーの隣に表示され、コードビューアーとIL Viewerウィンドウのコメントとして表示されます。

Metadata token values displayed by dotPeek

メタデータトークン値を表示または非表示にするには

  • ツールバーのメタデータトークン値をオン/オフにする ThemedIcon ShowIDs Screen Gray をクリックします。

  • dotPeekオプションの逆コンパイラーページでトークン値を表示するチェックボックスをオンにします。

最終更新日: 2019年8月8日

関連事項

関連ページ:

コードビューアー

コードビューアーはdotPeekの主要なUIコンポーネントです。それはさまざまなプレゼンテーションでアセンブリコードを閲覧することを可能にし、Visual Studioのエディタータブのルックアンドフィールを持ちます。ビューアーには、行番号、単語の折り返し、空白のマークなどの一般的なエディター機能と...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブ...

IL Viewerウィンドウ

このウィンドウは現在のドキュメントをMicrosoft中間言語 (MSIL)として表示します。ウィンドウの内容はコードビューアーと同期させることができます。コードビューアーで利用可能なナビゲーションアクションのほとんどはIL Viewerでも利用可能です。IL Viewerウィンドウでは、命令の上に...

中級言語の表示 (IL)

Windows | IL ViewerdotPeekは中間言語 (IL)で逆コンパイルされたシンボルを研究することを可能にします。IL Viewerの使用:コンパイル済みアセンブリからシンボルを開くと、コードビューアーでの表示とは無関係に、いつでも中間言語で調べることができます。たとえシンボルがPD...

構文強調表示

デフォルトでは、コードビューアーは、コード構文ReSharperスタイルを強調表示し、プロパティー、タイプ、アクセサー、およびメソッドに特色を与えます。デフォルトの色でC#のdotPeek構文の強調表示は次のようになります。dotPeek構文の強調表示を切り替えるにはdotPeekオプションの環境

現在の行を強調表示する

キャレットが現在存在する行を強調表示することを選択できます。デフォルトでは、現在の行の強調表示は無効になっています。これを有効にするには、ページのdotPeekオプションの現在行の強調表示チェックボックスをオンにして、再起動します。この機能はJetBrains ReSharperからインスピレーショ...