dotPeek 2019.3ヘルプ

コンパイラ生成コードを表示

独自のアセンブリを探索する場合は、コンパイラ生成コードを調べることができます。たとえば、lambda、closure、auto-propertyなどのコンパイラの処理方法を見てみましょう。これらの目的のために、dotPeekは、コードビューアーのオープンされたすべてのデコンパイルされたドキュメント、およびアセンブリエクスプローラーウィンドウのタイプとメンバーにグローバルに適用されるコンパイラ生成コードを表示するオプションを提供します。

デフォルトでは、このオプションはオフになっており、dotPeekは利用可能な場合は元のコード構成を表示しようとします。

コンパイラ生成コードを表示するかどうかを隠すには

  • ツールバーのコンパイラ生成コードをオン/オフにする ThemedIcon ShowCompilerCode Screen Gray をクリックします。

  • dotPeekオプションの逆コンパイラーページでコンパイラ生成コードを表示するチェックボックスをオンにします。

最終更新日: 2020年1月3日