dotPeek 2019.1ヘルプ

検索結果ウィンドウ

Windows | 検索結果
Ctrl+Alt+U

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルAPIを公開するなど )。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。

dotPeek Find Results

これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含む文書をすばやく開くことができます。

ウィンドウタブ

ウィンドウ内で検索結果を開くと、検索結果が新しいタブに表示され、左側に表示されます: 以前開いていたタブは、ウィンドウの幅が許せば右に移動し、それ以外の場合はメモリを節約しますが、タブの右側に表示されている矢印をクリックして必要なタブをクリックする

Tool window tabs

タブがアンロードされないようにするには、タブタイトルの横にあるピンアイコン ThemedIcon Pin Screen Gray をクリックします。

ツールバー・コントロール

検索結果の種類によっては、ツールバーコントロールのセットが異なる場合があります。

コントロール

名前

説明

ThemedIcon Refresh Screen Gray リフレッシュ

コードの変更を外部に反映するためにウィンドウの内容を更新します。

ThemedIcon ExpandAll Screen Gray ThemedIcon CollapseAll Screen Gray

すべて展開 / すべて縮小表示

現在のタブのすべてのノードを展開/折りたたみます。

ThemedIcon Up Screen Gray ThemedIcon Down Screen Gray

前へ / 次へ
Shift+F8 / F8

前/次の項目に移動し、それに応じてソースコードをスクロールします。

ThemedIcon PreviewToggle Screen Gray プレビューの表示 Ctrl+P

ドロップダウンリスト(ウィンドウの下部または右側の部分)を使用して指定した位置に、選択した項目のプレビューを含むペインを非表示または表示します。

ThemedIcon Export Screen Gray エクスポート

このボタンをクリックすると、ウィンドウに現在表示されているデータをテキスト形式でエクスポートしたり、ドロップダウンセレクタを使用してXMLまたはHTML形式でデータをエクスポートしたりできます。表示されるデータのエクスポートダイアログは、データをファイルに保存するか、クリップボードにコピーできます。

ThemedIcon Merge Screen Gray 同じ行に出現箇所をマージする

このオプションを選択すると、同じ行にある出現箇所は単一の項目として表示されます。

ThemedIcon UsageRead Screen Gray 読み込みのみを表示する

このオプションが選択されていると、読み取り使用箇所のみが表示されます。フィールド、プロパティー、ローカル変数の用途に使用できます。

ThemedIcon UsageWrite Screen Gray 書き込み用途のみを表示する

このオプションが選択されていると、書き込み使用箇所のみが表示されます。フィールド、プロパティー、ローカル変数の用途に使用できます。

ThemedIcon Filter Screen Gray フィルタの使用

このドロップダウンリストでは、表示する特定の種類の用途(たとえば、宣言、呼び出し、パラメータ、メソッドの戻り値など)を選択できます。すべての種類の用途を有効にするにはすべての使用箇所を表示をクリックするか、現在のタブですべての種類の用途を無効にしてすべての用途を隠すようにフィルターのクリアをクリックしてください。

ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray 図に表示する

このボタンをクリックすると、ウィンドウに表示されているすべてのタイプがタイプ依存関係図ビューに表示されます

ThemedIcon Kind Screen Gray グループ分けを種類別に切り替える

このボタンを使用して、検索結果を用途の種類(つまり、宣言、呼び出し、パラメータ、メソッドの戻り値など、さまざまな場所でターゲット項目がどのくらい正確に使用されるか)でグループ化します。グループセレクタを使用して、'kind'グループ内のグループ化をさらに絞り込むことができます。
フィルタの使用 ThemedIcon Filter Screen Gray セレクタを使用して、特定の種類の使用箇所を表示/非表示にすることもできます。

グループ

ウィンドウ内のアイテムを異なるカテゴリでグループ化できます。

最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

検索結果の分析

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。いくつかのアクション、たとえば使用箇所の検索は自動的に結果をこのウィンドウに表示します。その他の...

APIを公開するために移動する

|APIの公開このコマンドを使用すると、型から現在ロードされているアセンブリ内のこの型のインスタンスを取得できるすべての場所(パブリックフィールドとプロパティー、メソッドの戻り値、出力パラメータなど)に移動できます。次にナビゲートを呼び出すとコマンドが使用可能になります。あなたのソリューションまたは...

データのエクスポートダイアログ

データのエクスポートは、エクスポートされたデータをファイルに保存したり、データをクリップボードにコピーするのに役立つ補助ダイアログです。選択したエクスポートオプションに応じて、ダイアログにテキスト、XMLまたはHTMLデータが表示され、書式が強調表示されます。次のいずれかのウィンドウでエクスポートコ...

階層ウィンドウ

Windows | 階層インスペクション | 階層階層ウィンドウには、コードのいくつかの型階層構造が表示されます。型階層型依存関係図アセンブリ依存図参照の階層ウィンドウタブ型階層このビューには、メンバーを含む型階層、および特定のタイプのすべてのサブタイプとスーパータイプのリストが表示されます。階層を...

ファイル構造ウィンドウ

Windows | ファイル構造dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対...

関連エンティティの使用箇所の検索

このコマンドを使用すると、特定の範囲内の選択されたシンボル(テキスト出現、動的参照など)に何らかの形で関連するエンティティの使用箇所を見つけることができます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。用途の高度な検索を実行するにはコー...