dotPeek 2019.1ヘルプ

クイック検索ウィンドウ

表示 | クイック検索
Ctrl+F

このウィンドウを使用すると、現在のドキュメントのテキスト文字列を検索できます。

dotPeek Quick Find

現在のドキュメントまたはドキュメント内の現在の選択範囲の検索範囲を切り替えて、標準の検索オプションを変更できます。正規表現、ワイルドカード、頭字語または略語で検索する場合は、検索タイプセレクタで対応するオプションを選択します。

最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

どこでも検索/型に移動

ナビゲート | どこからでも検索/型に移動...このコマンドは、2つの異なる機能を組み合わせています。最初に表示されるどこでも検索を使用すると、タイプ、シンボル、ファイル、ソースファイルとテキストファイルの文字列リテラル、最近のファイル、メタデータトークン、最近表示したメソッドに移動できます。提案の...

プロパティーウィンドウ

Windows | プロパティーF4プロパティーウィンドウには、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウまたはプロセスエクスプローラーウィンドウで選択されている項目のプロパティーが表示されます。最終更新日: 2018年12月18日プロジェクト/ PDB生成ステータスクイック検索関連事項プロシージャー...

スタックトレースエクスプローラーウィンドウ

スタックトレースエクスプローラーは、クリップボードからのスタックトレースを表示し、その中の線をクリック可能なリンクに変換し、関連するコードに直接ナビゲートできます。詳細はスタックトレースから例外への移動を参照してください。ツールバー・コントロールコントロール名前説明前へ/次へ/F8前/次の項目に移動...

ナビゲーションと検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...