dotPeek 2019.3ヘルプ

キーボード・ショートカット

dotPeekはJetBrains ReSharperからその機能の多くを継承しました。dotPeekで使用されているキーボードショートカットも例外ではありません。ReSharperと同様に、dotPeekには2組のキーボードショートカットがあります。

  • Visual Studioこのスキームは、Visual Studio独自のキーボードショートカットとの競合を最小限に抑えるためにReSharperで導入されました。

  • ReSharper 2.x / IntelliJ IDEAこのスキームは、IntelliJ IDEAおよびその派生Web開発IDEで使用されるショートカットの大部分を共有します。すべてのJetBrains開発環境で共通のキーボード中心のエクスペリエンスを提供します。

基本コマンド

コマンド

ショートカット
(Visual Studio)

ショートカット (IntelliJ IDEA/
ReSharper 2.x)

アセンブリーを開くCtrl+OCtrl+O
アセンブリーを閉じるDeleteDelete
GAC からアセンブリーを開くCtrl+Shift+OCtrl+Shift+O
オプション・ダイアログを開くCtrl+Alt+SCtrl+Alt+S

コードの操作

コマンド

ショートカット
(Visual Studio)

ショートカット (IntelliJ IDEA/
ReSharper 2.x)

ワード・ラップの切り替えCtrl+E,WCtrl+E,W
空白の表示/非表示Ctrl+R,WCtrl+R,W
行番号の表示/非表示Ctrl+R,NCtrl+R,N
定義に折りたたむCtrl+M,OCtrl+M,O
アウトライン展開の切り替えCtrl+M,MCtrl+M,M
すべての展開を切り替えますCtrl+M,LCtrl+M,L
アウトラインを停止するCtrl+M,PCtrl+M,P
現在を隠すのを停止Ctrl+M,UCtrl+M,U
パラメータ情報: 次の署名を表示/表示する Ctrl+PCtrl+P
パラメータ情報: 前の署名にジャンプCtrl+Shift+Alt+SpaceCtrl+Shift+Alt+Space
クイック・ドキュメントCtrl+Shift+F1Ctrl+Q
型階層を表示するCtrl+E,HCtrl+Alt+H
参照の階層を表示するCtrl+Alt+RCtrl+Alt+R
選択範囲の拡張Ctrl+Alt+RightCtrl+W
キャレット位置の文字選択を解除Ctrl+Alt+LeftCtrl+Shift+W
宣言を含む選択Ctrl+Shift+[Ctrl+Shift+[

コマンド

ショートカット
(Visual Studio)

ショートカット (IntelliJ IDEA/
ReSharper 2.x)

どこでも検索/型に移動Ctrl+TCtrl+N
組立にジャンプCtrl+Shift+TCtrl+Shift+N
ファイルメンバーに移動Alt+\ Ctrl+F12
シンボルに移動Shift+Alt+TCtrl+Shift+Alt+N
文字列に移動するCtrl+Alt+TCtrl+Alt+T
次にナビゲートAlt+`Ctrl+Shift+G
記号の種類に移動Ctrl+Shift+F11Ctrl+Shift+T
宣言に移動F12Ctrl+B
実装に移動 Ctrl+F12Ctrl+Shift+Alt+B
ベースシンボルに移動Alt+HomeCtrl+U
派生シンボルへ移動Alt+EndCtrl+Alt+B
使い方にジャンプShift+Alt+F12Ctrl+Alt+F7
外側の宣言にジャンプCtrl+[Ctrl+[
次のメンバー/タグにジャンプAlt+DownAlt+Down
前のメンバー/タグに移動Alt+UpAlt+Up
構造ナビゲーション: 進む TabTab
構造ナビゲーション: 戻る Shift+TabShift+Tab
使用箇所の検索Shift+F12Alt+F7
関連するエンティティの使用箇所を探すCtrl+Shift+Alt+F12Shift+Alt+F7
ファイル内の使用箇所を強調表示Shift+Alt+F11Ctrl+Shift+F7
前の場所に移動/ハイライトCtrl+Alt+PageUpCtrl+Alt+PageUp
次の場所にジャンプ/ハイライトするCtrl+Alt+PageDownCtrl+Alt+PageDown
使用箇所の強調表示を削除する EscEsc
最近のファイルを見るCtrl+,Ctrl+E
ブックマークを表示するCtrl+`Ctrl+`
番号付きのブックマークに移動Ctrl+[number]Ctrl+[number]
番号の付いたブックマークの切り替えCtrl+Shift+[numeric,key]Ctrl+Shift+[numeric,key]
検索結果ウィンドウCtrl+Alt+F12Ctrl+Alt+U
ファイル構造Ctrl+Alt+FCtrl+F11
スタックトレースエクスプローラーCtrl+E,TCtrl+Shift+E
アセンブリエクスプローラーで検索Shift+Alt+LShift+Alt+L

アセンブリエクスプローラーからコードに切り替える

EscEsc
クイック検索ウィンドウCtrl+FCtrl+F
指定行へジャンプCtrl+GCtrl+G
アクションにジャンプCtrl+Shift+ACtrl+Shift+A

ツール・ウィンドウ

コマンド

ショートカット
(Visual Studio)

ショートカット (IntelliJ IDEA/
ReSharper 2.x)

ファイル構造Ctrl+Alt+FCtrl+F11
検索結果ウィンドウCtrl+Alt+F12Ctrl+Alt+U
階層ウィンドウCtrl+E,HCtrl+Alt+H
PdbアクセスログウィンドウCtrl+Alt+YCtrl+Alt+Y
プロパティウィンドウF4F4
クイック検索ウィンドウCtrl+FCtrl+F
スタックトレースエクスプローラーCtrl+E,TCtrl+Shift+E
最近のツールウィンドウを閉じるCtrl+Shift+F4Ctrl+Shift+F4
最近のツールウィンドウを有効にするCtrl+Alt+BackspaceCtrl+Alt+Backspace
最終更新日: 2020年2月18日

関連ページ:

アセンブリの開閉

Ctrl+OdotPeekを使用すると、任意の.NETアセンブリを開いたり、逆コンパイルしたり、内容を調べたりすることができます。C#コード、ILコード、または元のソースコードをPDBファイルとシンボルサーバーを使用してローカルまたはリモートの場所からフェッチすることができるため、アセンブリをデコン...

パラメータ情報

関数呼び出しを研究しているときはいつでも、dotPeekは関数のすべてのオーバーロードのために許された引数に関する詳細を見るのに役立ちます。ツールチップでは、パラメータを持つすべてのパブリックシグニチャと、存在する場合は関数のドキュメントから取得した簡単な説明が表示されます。パラメータ情報の使用:既...

クイック・ドキュメント

dotPeekを使用すると、コードビューアー内のシンボルのドキュメントをすばやく確認できます。エディターでシンボルの使用箇所の上にマウスを移動すると、簡単な説明を含むポップアップが表示されます。ライブラリーシンボルの場合、ポップアップでAlt+クリック(Linuxの場合はCtrl+Alt+クリック)...

型階層を調べる

dotPeekを使用すると、型の継承階層を調べることができます。選択した型の基本型と継承元の両方を表示し、マウスクリックでそれらのいずれかに移動できます。階層内の任意のノードでは、プレビューウィンドウ内の多型メンバーのすべてまたは唯一のメンバーを表示できます。階層を調査するコードビューアーで目的のタ...

参照の階層を探索する

Ctrl+Alt+Rこの機能を使用すると、すべてのアセンブリの参照の階層を調べ、すべてのアセンブリの依存関係を追跡できます。再帰的な依存関係が検出され、参照エントリの右側にグリフが表示されます。アセンブリの参照階層を表示するにはアセンブリエクスプローラーウィンドウでアセンブリを選択します。以下のいず...

選択の拡張/縮小

/選択範囲の拡張コマンドを使用すると、拡張論理ブロックのコードを連続して選択できるため、コード内の任意の式を簡単に選択できるようになります。その場合、その中にキャレットを置き、 を数回押します。このコマンドはメインメニューのでも利用できます。dotPeekは、外側の宣言にジャンプコマンドも提供します...