dotPeek 2019.2ヘルプ

線ダイアログに移動

表示 | 指定行へジャンプ
Ctrl+G

このダイアログは、表示 | 指定行へジャンプコマンドを使用するときに表示され、現在のドキュメントで移動するターゲット行を指定できます。

dotPeek Go to Line
最終更新日: 2019年9月3日

関連事項

関連ページ:

データのエクスポートダイアログ

データのエクスポートは、エクスポートされたデータをファイルに保存したり、データをクリップボードにコピーするのに役立つ補助ダイアログです。選択したエクスポートオプションに応じて、ダイアログにテキスト、XMLまたはHTMLデータが表示され、書式が強調表示されます。次のいずれかのウィンドウでエクスポートコ...

GACダイアログから開く

ファイル | GACから開くCtrl+Shift+Oこのダイアログは、グローバルアセンブリキャッシュ(GAC)内のアセンブリをブラウズし、開くアセンブリを選択できます。詳細は、グローバルアセンブリキャッシュからアセンブリを開くを参照してください。検索フィールドにアセンブリ名の一部を入力して、アセンブ...

ナビゲーションと検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...

使用箇所の検索

dotPeekには、現在ロードされているアセンブリでシンボルを使用する方法を学習するのに役立つ一連の機能が用意されています。このセクションでは、以下の方法について学習します。キャレットがシンボルの使用箇所をナビゲートする宣言上にあっても、宣言に移動を呼び出すことができます。シンボルの使い方を探す、関...

クイック検索ウィンドウ

Ctrl+Fこのウィンドウを使用すると、現在のドキュメントのテキスト文字列を検索できます。現在のドキュメントまたはドキュメント内の現在の選択範囲の検索範囲を切り替えて、標準の検索オプションを変更できます。正規表現、ワイルドカード、頭字語または略語で検索する場合は、検索タイプセレクタで対応するオプショ...