dotPeek 2020.3 ヘルプ

シンボルから移動

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

dotPeek では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはコードビューアーと同期されます。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。これは、型と型のメンバー、さ...

コンパイル済みコードをナビゲートする

dotPeek は、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。コードビューアーのコードプレゼンテーションは、設定、PDB 情報の可用性、適用されるナビゲーションコマンドに依存します。ライブラリシンボルをターゲットとするナビゲーションコマン...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果(たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPI の公開など)を表示するために使用されます。最新の検索結果と以前の検索結果をさまざまなタブに表示します。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除いて、新しい各検索コマンドの結果は別々のタブに表示されます。これらの結果...

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション先のリストが開きます。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナ...