dotPeek 2019.2ヘルプ

シンボルからのナビゲーション

任意のコードシンボルから、dotPeekは宣言、実装、用途などにあなたを導きます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウ、および他のdotPeekツールウィンドウからシンボルの使用方法や宣言からのナビゲーションを開始できます。ナビゲーションの範囲は、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリです。コンパイルされたアセンブリ内でナビゲーションがどのように実行されるかについては、コンパイル済みコードのナビゲートを参照してください。

宛先に複数のナビゲーション位置がある場合は、検索結果ウィンドウで開き、その機能を使用してさらにナビゲーションすることができます(詳細については、検索結果の分析を参照してください)。

現在のコードシンボルからのナビゲーションを提供するコマンドについては、次のトピックで説明します。

最終更新日: 2019年9月3日

関連事項

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されま...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブ...

コンパイル済みコードのナビゲート

dotPeekは、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。コードビューアーのコードプレゼンテーションは、設定、PDB情報の可用性、および適用されたナビゲーションコマンドに依存します。ライブラリーシンボルをターゲットとするナビゲーションコ...

検索結果ウィンドウ

Windows | 検索結果このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示さ...

宣言に移動

ナビゲート | 宣言に移動このコマンドを使用すると、シンボルの使用箇所からシンボルの宣言に移動できます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。逆方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言に入っているときに宣...

ベースシンボルへ移動

ナビゲート | ベース・シンボルこのコマンドを使用すると、継承階層を現在のシンボルの基本タイプまたはメソッドに移動することができます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよび他のツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。派生シンボルに移動コマンドと実装に移動コマンドで反対方向の...