dotPeek 2018.3ヘルプ

最近の場所への移動

dotPeek keeps track of your actions and navigation history, and offers some commands that let you navigate to places where you have edited or just studied the code.

最近閲覧したファイルに移動する

ナビゲート | 最近使ったファイル…
Ctrl+E

This command helps you quickly find a file that you have opened recently.

後のファイルがリストにない場合は、その名前を入力して検索することができます。最初のリストが絞り込まれて一致するファイルのみが表示され、同時にソリューション内の他の一致するファイルがリストに表示されます。

ナビゲーション履歴の移動

ナビゲート | 前進/後進
Ctrl+Num,Minus / Ctrl+Shift+Num,Minus

Using these commands, you can quickly navigate through destinations of dotPeek navigation results. Whenever you use ナビゲーションと検索 commands (except 後方にナビゲートする and 次へナビゲートします of course), the navigation history is recorded and you can go backward and forward within it.

Opening items from the アセンブリエクスプローラーウィンドウ are also recorded as dotPeek navigation events.

最終更新日: 2018年12月18日

関連ページ:

ナビゲーションと検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

アセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブリ参照と同様に、型および...

関連ファイルへジャンプ

ナビゲート | 関連ファイル...Ctrl+Shift+Alt+Gこのコマンドを使用すると、内容が現在のファイルに何らかの形で関連しているすべてのファイルに移動できます。関連ファイルへの移動は、Webアプリケーションにとって非常に役立ちます。たとえば、Webフォームからマスターページ、ユーザーコント...

アセンブリエクスプローラーで現在のシンボルを見つける

この便利なナビゲーション機能により、アセンブリエクスプローラーウィンドウ内のツリーを展開し、現在の文書に対応する項目を自動スクロールして強調表示することができます。カーソルが特定のシンボル上にある場合、このシンボルに対応するアイテムがアセンブリエクスプローラーで強調表示されます。カーソルがドキュメン...