dotPeek 2019.3ヘルプ

コンパイル済みコードをナビゲートする

dotPeekは、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。

コードビューアーコードプレゼンテーションは、設定、PDB情報の可用性、および適用されたナビゲーションコマンドに依存します。

ライブラリシンボルをターゲットとするナビゲーションコマンドには、次の2種類があります。

2番目のタイプのコマンドでは、dotPeekがライブラリシンボルを表す方法を指定できます。dotPeekオプションの逆コンパイラーページでデフォルトのナビゲーションを構成できます。

最終更新日: 2020年1月3日

関連ページ:

コードビューアー

コードビューアーはdotPeekの主要なUIコンポーネントです。それはさまざまなプレゼンテーションでアセンブリコードを閲覧することを可能にし、Visual Studioのエディタータブのルックアンドフィールを持ちます。ビューアーには、行番号、単語の折り返し、空白のマークなどの一般的なエディター機能と...

ナビゲートして検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。ナビゲーションと検索の範囲には、現在アセンブリエクスプローラーウィンドウにロードされているすべてのアセンブリと、それらのアセンブリから参照されているすべてのアセンブリが含まれます...

現在のコンテキストをナビゲートする

dotPeekには、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。構造別にファイルをナビゲートする:dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューこのコマンドを使用すると、ライブラリーシンボルのメタデータから再構築されたタイプおよびメソッドのシグネチャーに移動できます。メタデータビューは、読み取り専用モードで、部分的に再構成されたソースファイルとしてコードビューアーに表示されます。関連するすべてのdotPeekのナビゲーショ...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースこのコマンドは、ライブラリーシンボルの元のソースファイルを取得し、そこでシンボルを表示しようとします。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューアー、フ...

宣言に移動

このコマンドを使用して、任意のシンボル使用からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言にいるときに宣言に移動コマンドを呼び出すか...