dotPeek 2018.3ヘルプ

スタックトレースから例外への移動

ツール | スタックトレースをブラウズ
Ctrl+Shift+E

外部スタックトレース(バグレポートなど)を受け取ったら、スタックトレースエクスプローラーウィンドウでそのスタックトレースを開き、対応する例外が発生したコードに移動できます。スタックトレースでは、ファイル、タイプ、およびメソッドがハイパーリンクとして表示されます。これらをクリックすると、対応する項目がエディターに表示されます。

例外を発生させたコードに移動するには

  1. 例外スタックトレースをクリップボードにコピーします。

  2. メインメニューでツール | スタックトレースをブラウズを選択するか、 Ctrl+Shift+Eを押します。スタックトレースエクスプローラーウィンドウが開き、クリップボードからの例外スタックトレースが新しいタブに表示されます。

  3. スタックトレースエクスプローラーウィンドウで、強調表示されている項目をクリックすると、対応するコードがエディターに表示されます。

  4. スタックトレースで長い行を折り返したい場合は、対応するツールバーボタン をThemedIcon LineBreaks Screen Gray 使用します

Navigating from stack trace to exception

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項