dotPeek 2019.1ヘルプ

スタックトレースから例外への移動

ツール | スタックトレースをブラウズ
Ctrl+Shift+E

外部スタックトレース(バグレポートなど)を受け取ったら、スタックトレースエクスプローラーウィンドウでそのスタックトレースを開き、対応する例外が発生したコードに移動できます。スタックトレースでは、ファイル、タイプ、およびメソッドがハイパーリンクとして表示されます。これらをクリックすると、対応する項目がエディターに表示されます。

例外を発生させたコードに移動するには

  1. 例外スタックトレースをクリップボードにコピーします。

  2. メインメニューでツール | スタックトレースをブラウズを選択するか、Ctrl+Shift+Eを押します。スタックトレースエクスプローラーウィンドウが開き、クリップボードからの例外スタックトレースが新しいタブに表示されます。

  3. スタックトレースエクスプローラーウィンドウで、強調表示されている項目をクリックすると、対応するコードがエディターに表示されます。

  4. スタックトレースで長い行を折り返したい場合は、対応するツールバーボタン ThemedIcon LineBreaks Screen Gray を使用します

Navigating from stack trace to exception

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを受けて借りたものです: (英語)、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2019年5月8日

関連事項

関連ページ:

スタックトレースエクスプローラーウィンドウ

スタックトレースエクスプローラーは、クリップボードからのスタックトレースを表示し、その中の線をクリック可能なリンクに変換し、関連するコードに直接ナビゲートできます。詳細はスタックトレースから例外への移動を参照してください。ツールバー・コントロールコントロール名前説明前へ/次へ/F8前/次の項目に移動...

アクションとオプションへの移動

dotPeekを使用すると、メニューをたどることなく、そのアクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置に使用できる実行可能コマンド、またはグローバルコマンド(ツールウィンドウを開くコマンドなど)のことです。また、オプションページを見つけて移動することもできます。アク...

検索結果の分析

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。いくつかのアクション、例えば使用箇所の検索は自動的に結果をこのウィンドウに表示します。その他の操...

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウなどのツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナ...