dotPeek 2019.1ヘルプ

パラメータ宣言にナビゲートする

ナビゲート | 次にナビゲート | パラメーター宣言
Ctrl+Shift+G | パラメーター宣言

このコマンドは、メソッド呼び出しの引数から、このメソッドの一致するオーバーロードの宣言にある対応するパラメータにナビゲートします。

このコマンドは、メソッド呼び出しの引数で次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。

Navigation and Search Navigating to Parameter Declaration 01
この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを受けて借りたものです: (英語)、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:
最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

次にナビゲート

ナビゲート | 次にナビゲート次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウなどのツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができま...

コンパイル済みコードのナビゲート

dotPeekは、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。コードビューアーのコードプレゼンテーションは、設定、PDB情報の可用性、および適用されたナビゲーションコマンドに依存します。ライブラリーシンボルをターゲットとするナビゲーションコ...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースこのコマンドは、ライブラリーシンボルの元のソースファイルを取得し、そこでシンボルを表示しようとします。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューアー、フ...

現在のコンテキストをナビゲートする

dotPeekは、現在のコンテキスト、つまり開いている文書とその中のキャレットの位置に基づいてコードの構造をナビゲートするのに役立つ多数の機能を提供します。ファイル構造のナビゲート:Windows | ファイル構造dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲート...

Flowターゲットを制御するためにナビゲートする

|コントロールFlowターゲットこのコマンドは、コードビューアーの位置から次の制御フロー受信者に移動します。foreach、yield、ジャンプステートメント(break、continue、goto、return)、またはthrowステートメントで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。...

関数出口にナビゲートする

|機能終了このコマンドを使用すると、関数の終了ポイントに簡単に移動できます。関数の名前、プロパティーのgetterまたはsetter、コンストラクターの名前、returnおよびthrowステートメントで次にナビゲートを呼び出すと、このコマンドを見つけることができます。dotPeekは、void...