dotPeek 2018.3ヘルプ

メンバーオーバーロードに移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | メンバーオーバーロード
Ctrl+Shift+G | メンバーオーバーロード

このコマンドは、特定の型メンバーのオーバーロードにナビゲートできます。これは、オーバーロードを持つメンバーの定義内の任意の場所で次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。

Navigating to overloads of a member

オーバーロードが1つしかない場合、dotPeekはそこに直接移動します。複数のオーバーロードがある場合は、それぞれが青で強調表示されています。

ハイライトも右側のマーカーバーのマーカーと複製されます。現在の画面にすべてのハイライトが表示されていない場合は、これらのマーカーを確認すると便利です。
強調表示されている項目間を移動するには、メニューでナビゲート | 次へ/前のハイライトに移動を選択するか、Ctrl+Alt+PageDown / Ctrl+Alt+PageUpを押します。または、コードビューアーの右上隅にあるステータスインジケータ( ThemedIcon ErrorStripeFindNext Screen Gray と表示されているはずです)をクリックして、強調表示間を移動します。
ハイライトの確認が終わったら、Esc を押してそれらを削除します。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項

関連ページ:

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウなどのツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナ...

実装メンバーに移動する

|メンバーの実装このコマンドは、現在のタイプで実装されているすべてのインターフェースメンバーに移動します。次にナビゲートを実装する型のインターフェースエントリに対して次にナビゲートを呼び出すと、次のようになります。実装されたメンバーが1つしかない場合、dotPeekはそこに直接移動します。実装...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューこのコマンドを使用すると、ライブラリーシンボルのメタデータから再構築された型やメソッドのシグネチャに移動できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューア...

Flowターゲットを制御するためにナビゲートする

|コントロールFlowターゲットこのコマンドは、コードビューアーの位置から次の制御フロー受信者に移動します。foreach、yield、ジャンプステートメント(break、continue、goto、return)、またはthrowステートメントで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。...

関数出口にナビゲートする

|機能終了このコマンドを使用すると、関数の終了ポイントに簡単に移動できます。関数の名前、プロパティーのgetterまたはsetter、コンストラクターの名前、returnおよびthrowステートメントで次にナビゲートを呼び出すと、このコマンドを見つけることができます。dotPeekは、void...

ファイルでの強調表示

現在のドキュメントでシンボルの使用箇所を探している場合は、検索結果ウィンドウの用途を分析するのではなく、すべての使用箇所を強調表示してその間をジャンプする方が便利です。読取りおよび書込みアクセスの使用方法は、さまざまな色で強調表示されています。このコマンドを異なるシンボルで呼び出すと、複数の異なるシ...