dotPeek 2018.3ヘルプ

シンボルファイルからのソースへの移動

ナビゲート | 次にナビゲート | シンボルファイルからのソース
Ctrl+Shift+G | シンボルファイルからのソース

This command tries to fetch the original source file of a library symbol and display the symbol there. The command becomes available when you invoke 次にナビゲート on a library symbol in your source code and on decompiled sources. You can invoke this command from the code viewer, from the ファイル構造ウィンドウ and other tool windows.

Navigation and Search Navigating to External Source File 01

dotPeekが必要なファイルをシンボルサーバーからダウンロードする間、しばらく時間がかかるかもしれません。この場合は、ダウンロードの進行状況がわかります。

このコマンドを正常に実行するには、PDB情報がターゲットアセンブリに対して利用可能である必要があります。dotPeekはPDBを検索するために2つのアプローチを使用します。

  • ターゲットアセンブリが配置されているディレクトリーと同じディレクトリーにあるPDBをローカルで検索します。

  • そこにPDBが見つからない場合は、_NT_SYMBOL_PATH 環境変数を使用してシンボルサーバーでそれを検索します。
    一部の企業は、シンボルサーバー(ソースサーバー)を使用して自社のソースの一部を公開しています。例:マイクロソフトはこのテクノロジを使用して、.NET フレームワークのソースコードへのアクセスを提供しています。ターゲットPDBのシンボルサーバーが使用可能な場合、このコマンドはそのように格納されているソースにアクセスできます。

dotPeekに利用可能なシンボルサーバーを認識させるには、それらを _NT_SYMBOL_PATH 環境変数で指定する必要があります。dotPeekはシンボルファイルを探し、指定された場所からそれらをダウンロードします。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項