dotPeek 2018.3ヘルプ

デコンパイルされたソースに移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | 逆コンパイルされたソース
Ctrl+Shift+G | 逆コンパイルされたソース

このコマンドを使用すると、逆コンパイルによって再構築されたライブラリータイプとメソッドの宣言に移動できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから起動できます。

ターゲットシンボルにXMLドキュメントのコメントがある場合、それらは逆コンパイルされたソースに含まれます。コメントを含めたくない場合は、dotPeekオプションの逆コンパイラーページのデコンパイルされたソースにXMLドキュメントを表示するチェックボックスをオフにします。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項

関連ページ:

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。コードビューアー、ファイル構造ウィンドウなどのツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナ...

ファイル構造ウィンドウ

このウィンドウには、アクティブなコードビューアータブにドキュメントの構造が表示されます。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、対応するファイルの構造がウィンドウに表示されます。ファイル構造ウィンドウで項目を検索するには、名前またはキャメルハンプの省略形...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューこのコマンドを使用すると、ライブラリーシンボルのメタデータから再構築された型やメソッドのシグネチャに移動できます。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューア...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースThis command tries to fetch the original source file of a library symbol and display the symbol there. The command becomes available...

Flowターゲットを制御するためにナビゲートする

|コントロールFlowターゲットこのコマンドは、コードビューアーの位置から次の制御フロー受信者に移動します。foreach、yield、ジャンプステートメント(break、continue、goto、return)、またはthrowステートメントで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。...

APIを公開するために移動する

|APIの公開このコマンドを使用すると、型から現在ロードされているアセンブリ内のこの型のインスタンスを取得できるすべての場所(パブリックフィールドとプロパティー、メソッドの戻り値、出力パラメータなど)に移動できます。次にナビゲートを呼び出すとコマンドが使用可能になります。ソリューションまたは任...