dotPeek 2019.3ヘルプ

デコンパイルされたソースに移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | 逆コンパイルされたソース
Ctrl+Shift+G | 逆コンパイルされたソース

このコマンドを使用すると、逆コンパイルによって再構築されたライブラリタイプとメソッドの宣言に移動できます。このコマンドは、ソースコードのライブラリシンボルおよび逆コンパイルされたソースで次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、アセンブリー・エクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

ターゲットシンボルにXMLドキュメントコメントがある場合、それらは逆コンパイルされたソースに含まれます。コメントを含めない場合は、dotPeekオプションの逆コンパイラーページのデコンパイルされたソースにXMLドキュメントを表示するチェックボックスをオフにします。

この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を取り入れたものです。、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです。

最終更新日: 2020年2月18日

関連ページ:

次にナビゲート

次にナビゲートis a single shortcut for most of your navigation needs. It opens a list with all contextually available navigation destinations. You can invoke...

ファイル構造ウィンドウ

dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されま...

メタデータビューに移動する

|メタデータビューこのコマンドを使用すると、ライブラリーシンボルのメタデータから再構築されたタイプおよびメソッドのシグネチャーに移動できます。メタデータビューは、読み取り専用モードで、部分的に再構成されたソースファイルとしてコードビューアーに表示されます。関連するすべてのdotPeekのナビゲーショ...

シンボルファイルからのソースへの移動

|シンボルファイルからのソースこのコマンドは、ライブラリーシンボルの元のソースファイルを取得し、そこでシンボルを表示しようとします。このコマンドは、ソースコード内のライブラリーシンボルと逆コンパイルされたソースに対して次にナビゲートを呼び出すと使用可能になります。このコマンドは、コードビューアー、フ...

Flowターゲットを制御するためにナビゲートする

|コントロールFlowターゲットこのコマンドは、コードビューアーの位置から次の制御フロー受信者に移動します。,で次にナビゲート、Jumpステートメント(,,,)、またはステートメントで呼び出すと使用可能になります。例:次のコードでは、ステートメントでコントロールFlowターゲットを選択すると、ラベル...

APIを公開するために移動する

|APIの公開このコマンドを使用すると、ある型から、この型のインスタンスを取得できる現在ロードされているアセンブリ内のすべての場所(パブリックフィールドとプロパティー、メソッドの戻り値、出力パラメーターなど)に移動できます。このコマンドは、現在ロードされているアセンブリの宣言または任意のタイプの使用...