dotPeek 2020.2 ヘルプ

次にナビゲート

ナビゲート | 次にナビゲート
Control+Shift+G

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション先のリストが開きます。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

コンテキストで利用可能なナビゲーションアクションを表示する

  1. コードビューアーで記号にキャレットを配置するか、ツールウィンドウウィンドウで記号を選択するか、コードビューアーの任意の場所にキャレットを設定します。

  2. Control+Shift+G を押すか、メインメニューからナビゲート | 次にナビゲート… ナビゲート | 次にナビゲートを選択します。または、Control+Shift+A を押して、ポップアップにコマンド名の入力を開始し、そこで選択することもできます。

  3. 表示される次にナビゲートリストに、関連するすべてのナビゲーションオプションが表示されます。

  4. リストからオプションを選択してクリックするか、Enter を押します。

  5. 選択したオプションに 1 つの宛先がある場合、dotPeek はすぐにその場所に移動します。複数の宛先がある場合は、別のリストが開き、さらに選択肢が表示されます。選択したナビゲーションオプションの詳細については、対応するトピックのいずれかを参照してください。

The 'Navigate To' shortcut displays all available navigation options for the current symbol

該当する場合、次にナビゲートのリストには一般的なナビゲーション機能が含まれています。

さらに、次にナビゲートは、ナビゲートメニューから直接利用できない一連のコンテキストナビゲーション機能を使用して、開発者のツールセットを拡張しています。

この機能は、JetBrains ReSharper にインスパイアされ、それから借用されました。、Microsoft Visual Studio 用の開発ツールです。

最終更新日 :

関連ページ:

ファイル構造ウィンドウ

Windows | ファイル構造dotPeek では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはコードビューアーと同期されます。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウに対...

宣言に移動

ナビゲート | 宣言に移動このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、およびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言...

中間言語を表示 (IL)

Windows | IL ViewerdotPeek は中間言語 (IL)で逆コンパイルされたシンボルを研究することを可能にします。IL Viewer:コンパイル済みアセンブリからシンボルを開くと、コードビューアーでの表示とは無関係に、いつでも中間言語で調べることができます。たとえシンボルが PD...

API を公開するために移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | API の公開|API の公開このコマンドを使用すると、タイプから現在ロードされているアセンブリ内のすべての場所にナビゲートして、このタイプのインスタンス(パブリックフィールドとプロパティ、メソッドの戻り値、出力パラメーターなど)を取得できます。このコマンド...

消費 API に移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | 消費 API|消費 APIこのコマンドを使用すると、タイプから、パラメーターでこのタイプのオブジェクトを受け取る現在ロードされているアセンブリ内のすべてのメソッドに移動できます。このコマンドは、現在読み込まれているアセンブリの任意の型の宣言または使用箇所で...

拡張メソッドに移動する

ナビゲート | 次にナビゲート | 拡張メソッド|拡張メソッドこのコマンドを使用すると、型の宣言または使用箇所から、現在ロードされているアセンブリでこの型に対して定義されているすべての拡張メソッドに移動できます。型の宣言と使用箇所で次にナビゲートを呼び出すときに使用できます。このコマンドは、...