dotPeek 2018.3ヘルプ

次にナビゲート

ナビゲート | 次にナビゲート
Ctrl+Shift+G

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズのための単一のショートカットです。コンテキストで使用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むドロップダウンリストが開きます。コードビューア、ファイル構造ウィンドウなどのツールウィンドウからこのコマンドを呼び出すことができます。

コンテキストで利用可能なナビゲーション操作を表示するには

  1. コードビューア内のシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウウィンドウでシンボルを選択するか、コードビューア内の任意の場所にキャレットを設定します。

  2. Ctrl+Shift+G を押すか、メインメニューからナビゲート | 次にナビゲート… ナビゲート | 次にナビゲートを選択します。あるいは、 Ctrl+Shift+Aを押して、ポップアップでコマンド名を入力してから、コマンド名を選択することもできます。

  3. 表示される次にナビゲートドロップダウンリストに、関連するすべてのナビゲーションオプションが表示されます。

  4. リストからオプションを選択してクリックするか、 Enterを押してください。

  5. 選択したオプションに1つの宛先がある場合は、dotPeekがすぐにそこに表示されます。複数の宛先がある場合は、別のドロップダウンリストが表示され、さらに選択できます。選択したナビゲーションオプションの詳細については、対応するトピックのいずれかを調べることができます。

The 'Navigate To' shortcut displays all available navigation options for the current symbol

該当する場合、次にナビゲートのリストには一般的なナビゲーション機能が含まれています。

さらに、次にナビゲートは、ナビゲート メニューから直接利用できない一連のコンテキストナビゲーション機能を使用して、開発者のツールセットを拡張しています。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項