dotPeek 2018.3ヘルプ

アセンブリエクスプローラーで現在のシンボルを見つける

ナビゲート | アセンブリエクスプローラーで検索
Shift+Alt+L

この便利なナビゲーション機能により、アセンブリエクスプローラーウィンドウ内のツリーを展開し、現在の文書に対応する項目を自動スクロールして強調表示することができます。

カーソルが特定のシンボル上にある場合、このシンボルに対応するアイテムがアセンブリエクスプローラーで強調表示されます。カーソルがドキュメント内の他の場所にある場合は、ドキュメントのルートタイプが強調表示されます。

アセンブリエクスプローラーで現在のドキュメントを検索するには

  1. コードビューアーでは、キャレットをアセンブリエクスプローラーで検索するシンボルに設定します。

  2. Shift+Alt+L を押すか、メインメニューのナビゲート | アセンブリエクスプローラーで検索を選択し、

  3. dotPeekは、アセンブリエクスプローラーウィンドウにフォーカスを合わせてそこにアイテムを表示します。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを得て借りたものです、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:

最終更新日: 2018年12月18日

関連事項

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

アセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブリ参照と同様に、型および...

コードビューアー

コードビューアーはdotPeekの主要なUIコンポーネントです。さまざまなプレゼンテーションでアセンブリコードを閲覧することができ、Visual Studioのエディタータブのルックアンドフィールを持ちます。ビューアーには、行番号、単語の折り返し、空白のマークなどの一般的なエディター機能とアウトライ...

アクションとオプションへの移動

dotPeekを使用すると、メニューをたどることなく、そのアクションをすばやく見つけて適用できます。アクションとは、現在のキャレット位置に使用できる実行可能コマンド、またはグローバルコマンド(ツールウィンドウを開くコマンドなど)のことです。また、オプションページを見つけて移動することもできます。アク...

型階層の探索

dotPeekを使用すると、型の継承階層を調べることができます。選択した型の基本型と継承元の両方を表示し、マウスクリックでそれらのいずれかに移動できます。階層内の任意のノードでは、プレビューウィンドウ内の多型メンバーのすべてまたは唯一のメンバーを表示できます。階層を調査するコードビューアーで目的のタ...

ファイル構造ウィンドウ

このウィンドウには、アクティブなコードビューアータブにドキュメントの構造が表示されます。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、対応するファイルの構造がウィンドウに表示されます。ファイル構造ウィンドウで項目を検索するには、名前またはキャメルハンプの省略形...