dotPeek 2021.1 ヘルプ

ナビゲートして検索

dotPeek を使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。

ファイル構造ウィンドウ検索結果ウィンドウ、その他の dotPeek ツールウィンドウから、コードビューアー内の任意の場所からナビゲーションを開始できます。

ナビゲーションコマンドと検索コマンドは、ナビゲートメニューで使用できます。キーボードショートカットはもちろん、コードビューアーやその他のウィンドウのコンテキストメニューもあります。

タスクに応じて、異なるドットピックのナビゲーションと検索機能があなたを手助けするかもしれません:

  • ソリューションまたはリファレンスライブラリで何かを見つける必要がある場合は、名前で検索セクションのコマンドを調べましょう。

  • 現在のコードシンボルに関連する項目に移動する必要がある場合は、シンボルから移動セクションのコマンドを調べます。

  • dotPeek は、現在のキャレット位置から利用可能なすべてのナビゲーションオプションをグループ化する汎用次に移動ショートカットも提供します。このショートカットの詳細については、次に移動のセクションを参照してください。

  • 現在のファイル、プロジェクト、ソリューション、または参照されているライブラリで特定のシンボルの使用箇所を知りたい場合は、使用箇所の検索セクションのコマンドを調べます。

  • エディターの現在のキャレット位置に応じて、dotPeek は多くの関連ナビゲーションオプションを提案できます。これらのオプションの詳細については、現在のコンテキストをナビゲートするを参照してください。

  • 現在のドキュメントでテキストを検索する必要がある場合は、クイック検索ウィンドウを使用します。

  • 現在のドキュメントの特定の行に移動する行に移動コマンド。

さらに、dotPeek は他のナビゲーション手段を提供します:

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ | dotPeek

Ctrl+Alt+L アセンブリエクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開き、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。これは、タイプ、タイプメンバー、アセンブリ参照にさらに展開できます。任意のタイプをダブルクリックして逆コンパイルしたり、シンボルサーバーからソースをフェッチしたりできます(設定によって異なります)。さらに、アセンブリエクスプローラー...

コンパイル済みコードをナビゲートする

dotPeek は、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。コードビューアーのコードプレゼンテーションは、設定、PDB 情報の可用性、適用されるナビゲーションコマンドに依存します。ライブラリシンボルをターゲットとするナビゲーションコマンドには、次の 2 種類があります。ライブラリシンボルをどこでどのように表現するかを明示的に指定するコマンド: アセンブリエクスプローラーで検索、デコンパイルされたソースに移動する、メタデータビューに移動...

ファイル構造ウィンドウ

dotPeek では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはコードビューアーと同期されます。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファイルの構造が表示されます。ファイルを簡単にナビゲートするために、プリプロセッサーディレクティブはデフォルトで非表示になっています。ファイル構造ウィンドウから、さらに多くのアクションにアクセスできます。利用可能なコマンドを確認...

検索結果ウィンドウ | dotPeek

このウィンドウは、さまざまな検索結果(シンボルの使用箇所、シンボルの API の公開など)を表示するために使用されます。このウィンドウには、最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブで表示されます。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそれぞれ別のタブに表示されます。これらの結果をダブルクリックすると、特定の検索結果を含む文書をすばやく開くことができます。ウィンドウタブ:ウィンドウ内で検索結果を開くと、検索結果が新しいタブに表示され、左側に表示されます。以前開い...

次に移動

次に移動は、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション先のリストが開きます。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナビゲーションアクションを表示するコードビューアーでシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウウィンドウでシンボルを選択するか、コードビューアーの任意の場所にキャレットを設定します。を押すか、メインメ...

クイック検索ウィンドウ | dotPeek

Ctrl+F このウィンドウを使用すると、現在のドキュメントのテキスト文字列を検索できます。現在のドキュメントまたはドキュメント内の現在の選択範囲の検索範囲を切り替えて、標準の検索オプションを変更できます。正規表現、ワイルドカード、頭字語または略語で検索する場合は、検索タイプセレクタで対応するオプションを選択します。プロパティウィンドウスタックトレースエクスプローラーウィンドウ