dotPeek 2019.3ヘルプ

ナビゲートして検索

dotPeekを使用すると、宣言、メンバー、メソッド呼び出し、継承階層などを使用してソースコードを検索することができます。

ファイル構造ウィンドウ検索結果ウィンドウ、およびその他のdotPeekツールウィンドウから、コードビューアー内の任意の場所からナビゲーションを開始できます。

ナビゲーションコマンドと検索コマンドは、ナビゲートメニューで使用できます。キーボードショートカットはもちろん、コードビューアーやその他のウィンドウのコンテキストメニューもあります。

タスクに応じて、異なるドットピックのナビゲーションと検索機能があなたを手助けするかもしれません:

  • ソリューションまたはリファレンスライブラリーで何かを見つける必要がある場合は、名前で検索セクションのコマンドを調べましょう。

  • 現在のコードシンボルに関連する項目に移動する必要がある場合は、シンボルから移動セクションのコマンドを調べます。

  • dotPeekは、現在のキャレット位置から利用可能なすべてのナビゲーションオプションをグループ化する汎用次にナビゲートショートカットも提供します。このショートカットの詳細については、次にナビゲートのセクションを参照してください。

  • 現在のファイル、プロジェクト、ソリューション、または参照されているライブラリーで特定のシンボルの使用箇所を知りたい場合は、使用箇所の検索セクションのコマンドを調べます。

  • エディターの現在のキャレット位置に応じて、dotPeekは多くの関連ナビゲーションオプションを提案できます。これらのオプションの詳細については、現在のコンテキストをナビゲートするを参照してください。

  • 現在のドキュメントでテキストを検索する必要がある場合は、クイック検索ウィンドウを使用します。

  • 現在のドキュメントの特定の行に移動する指定行へジャンプコマンド。

さらに、dotPeekは他のナビゲーション手段を提供します:

最終更新日: 2019年12月11日

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブ...

コンパイル済みコードをナビゲートする

dotPeekは、コンパイルされたコードを操作するためのツールとして、コンパイルされたコードを検索してナビゲートできます。コードビューアーのコードプレゼンテーションは、設定、PDB情報の可用性、および適用されたナビゲーションコマンドに依存します。ライブラリーシンボルをターゲットとするナビゲーションコ...

ファイル構造ウィンドウ

dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは大きなファイルでのナビゲーションを非常に簡単にします。ウィンドウはコードビューアーと同期しています。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウには対応するファイルの構造が表示されま...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

次にナビゲート

次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキスト的に利用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むリストを開きます。このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。コンテキストで利用可能なナビ...

現在のコンテキストをナビゲートする

dotPeekには、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。ファイル構造のナビゲート:dotPeekでは、ファイル構造ウィンドウを使って現在のドキュメントの構造をナビゲートすることができます。これは...