dotPeek 2019.1ヘルプ

現在の行を強調表示する

キャレットが現在存在する行を強調表示することを選択できます。

HighlightCurrentLine

デフォルトでは、現在の行の強調表示は無効になっています。これを有効にするには、環境 | エディター | エディターの外観 環境 | ビューアーページのdotPeekオプションの現在行の強調表示チェックボックスをオンにして、再起動します。

この機能はJetBrains ReSharper(英語)からインスピレーションを受けて借りたものです: (英語)、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです:
最終更新日: 2019年6月5日

関連事項

関連ページ:

一致する区切り文字の強調表示

エディターでコードを操作すると、そのペアでキャレットを設定するときに、開始または終了の区切り文字(、、、および)を強調表示することによって、コード構造をすばやく理解できます。対応する終了区切り文字にキャレットを置くたびに、開き括弧、角括弧、波括弧または引用符(すべて「区切り文字」と呼ばれます)を色ま...

これを調べる

このコマンドはdotPeekのコード探索とインスペクション機能への近道です:型階層の探索、型依存関係図、このコマンドは、コードビューアー、ファイル構造ウィンドウ、その他のツールウィンドウから起動できます。コンテキストに応じて、このショートカットはそのコンテキストで利用可能なすべてのコード探索機能にア...

構文強調表示

デフォルトでは、コードビューアーは、コード構文ReSharperスタイルを強調表示し、プロパティー、タイプ、アクセサー、およびメソッドに特色を与えます。デフォルトの色でC#のdotPeek構文の強調表示は次のようになります。dotPeek構文の強調表示を切り替えるにはdotPeekオプションの環境

ファイルでの強調表示

ナビゲート | ファイル内の使用箇所を強調表示現在のドキュメントでシンボルの使用箇所を探している場合は、検索結果ウィンドウの用途を分析するのではなく、すべての使用箇所を強調表示してその間をジャンプする方が便利です。読取りおよび書込みアクセスの使用方法は、さまざまな色で強調表示されています。このコマン...