dotPeek 2020.2 ヘルプ

シンボルの種類に移動

ナビゲート | シンボルの種類
Control+Shift+T

宣言に移動コマンドを実行すると、シンボルが宣言されている場所に移動しますが、シンボルの種類コマンドは現在選択されているシンボルのタイプの宣言に移動します。例:変数 Foo myVar = new Foo(); を持っていて、このコマンドを myVar の使用箇所で呼び出すと、クラス Foo の宣言に移動します。関数でこのコマンドを呼び出すと、関数の戻り値の型にナビゲートします。

ジェネリック型の変数の場合、このコマンドを使用すると、ジェネリック型宣言とすべてのジェネリックパラメーターの宣言に移動できます。例:型 class MyGeneric<X, Y> とこの型 var myGeneric = new MyGeneric<Author, Book>(); の変数があるとします。 myGeneric を使用するときにこのコマンドを呼び出すと、MyGeneric , Author クラスと Book クラスの間でナビゲーション先を選択できます。

このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。

シンボルの型に移動する

  1. コードビューアーのシンボルにキャレットを配置するか、ツールウィンドウでシンボルを選択します。

  2. Control+Shift+T を押すか、メインメニューからナビゲート | シンボルの種類 %menuPath% を選択します。または、Control+Shift+A を押して、ポップアップにコマンド名の入力を開始し、そこで選択することもできます。

  3. コマンドが単一の結果を返す場合、dotPeek はそこで直接ナビゲートします。いくつかの宣言の場合(たとえば、部分クラス)、ドロップダウンにリストされ、次のいずれかを実行できます。

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 入力を開始して結果をフィルタリングします。ここでキャメルハンプを使用できることに注意してください。必要に応じて、Esc を 1 回押してフィルタリングをクリアします。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示して分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray png をクリックし、テンキーの Shift+Enter または + を押します。

    • タイプ依存関係図に一致する項目を表示するには、Alt+Num+ を押すか、ダイアグラムに表示する ThemedIcon TypeLayoutAlt Screen Gray png をクリックします。

最終更新日 :

関連ページ:

宣言に移動

ナビゲート | 宣言に移動このコマンドを使用して、シンボルの使用方法からシンボルの宣言に移動します。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウ、およびその他のツールウィンドウから呼び出すことができます。反対方向(シンボルの使用箇所)にナビゲートするには、すでにシンボル宣言...

ファイル構造ウィンドウ

Windows | ファイル構造dotPeek では、ファイル構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできます。これにより、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはコードビューアーと同期されます。別のコードビューアータブに切り替えると、ウィンドウに対...

検索結果ウィンドウ

Windows | 検索結果このウィンドウは、さまざまな検索結果(シンボルの使用箇所、シンボルのAPI の公開など)を表示するために使用されます。このウィンドウには、最新の検索の結果と以前の検索の結果が別のタブで表示されます。同じ検索 / ナビゲーションコマンドを除き、新しい検索コマンドの結果はそ...

タイプ依存関係図を見る

インスペクション | タイプの依存関係図の表示dotPeek を使用すると、タイプがソリューション内でどのように依存するかを視覚的に調べることができます。型依存関係図では、異なるプロジェクトまたはコンパイルされたアセンブリから任意の数の型を追加し、それらの間のさまざまな種類の依存関係を視覚化でき...

次にナビゲート

ナビゲート | 次にナビゲート次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション先のリストが開きます。このコマンドは、アセンブリエクスプローラー、ファイル構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことがで...