dotPeek 2019.3ヘルプ

組立にジャンプ

ナビゲート | 組立にジャンプ
Ctrl+Shift+N

このコマンドを実行すると、アセンブリエクスプローラーウィンドウに現在ロードされているすべてのアセンブリ内のアセンブリまたはデコンパイルされたファイル、およびそれらのアセンブリから参照されるすべてのアセンブリに移動できます。

このコマンドはグローバルスコープで機能します。つまり、起動するためにコードビューアーにフォーカスを移動する必要はありません。

Go to an assembly or to a decompiled file

  1. メインメニューで、ナビゲート | 組立にジャンプを選択するか、Ctrl+Shift+Nを押します。

  2. 表示されるアセンブリ名を入力ポップアップで、アイテム名の入力を始めます。入力すると検索リストが絞り込まれ、入力した部分文字列と一致する名前が提示されます。

  3. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 目的の項目をクリックしてエディターで開きます。

    • UpDown を押して目的の項目を選択し、Enter を押してエディターで開きます。

    • 検索結果ウィンドウで一致する項目のリストを表示および分析するには、検索結果に表示 ThemedIcon SearchResults Screen Gray をクリックし、数字キーパッドの Shift+Enter または + を押します。

大文字小文字を区別しないキャメルハンプがここでサポートされています。たとえば、"LecS" と入力すると LocalElementConflictSearcher.cs を簡単に見つけることができます。

名前を指定するときには、ワイルドカードを使用することもできます。'*' (アスタリスク)は0個以上の文字を表します。'+'(プラス)、':'(セミコロン)、'。' (ドット)、および '\' (バックスラッシュ)は型の完全修飾名の部分を区切ります。

この機能は、JetBrains ReSharperに触発され、その機能を取り入れたものです。、Microsoft Visual Studio用の開発ツールです。

最終更新日: 2020年3月3日

関連ページ:

アセンブリエクスプローラーウィンドウ

Ctrl+Alt+Lアセンブリー・エクスプローラーを使用すると、複数のアセンブリを開いて、開いているアセンブリとフォルダーのリストを保持できます。開いているすべてのアセンブリをトラバースして探索できます。アセンブリノードを展開すると、アセンブリ内の名前空間が一覧表示されます。この名前空間は、アセンブ...

検索結果ウィンドウ

このウィンドウは、さまざまな検索結果を表示するために使用されます (たとえば、シンボルの使用箇所、シンボルのAPIを公開するなど)。最新の検索結果と以前の検索の結果を別のタブで表示します。新しい検索コマンドの結果は、同じ検索/ナビゲーションコマンドを除いて別のタブに表示されます。これらの結果をダブル...

検索結果を分析する

dotPeekのナビゲーション操作と検索操作で複数の結果が得られた場合、これらの結果を検索結果ウィンドウに表示することができます。検索結果ウィンドウは、検索結果を分析するためのさまざまな方法を提供します。使用箇所の検索などの一部のアクションでは、このウィンドウに結果が自動的に表示されます。他のアクシ...

キャメルハンプ

キャメルハンプは、各パートが大文字で始まるCamelCase、または複合名の一部がアンダースコアで区切られた複合名の一部を識別する機能です。これらの部分の最初の文字だけを入力することができ、dotPeekは自動的に名前が一致する項目を検索します。検索コマンドのキャメルハンプ:キャメルハンプは常にすべ...

ファイルメンバーに移動

このコマンドを使用すると、現在のドキュメント内の特定のメソッド、フィールド、プロパティ(ソースファイルまたは逆コンパイルによって再構築されたファイル)にすばやく移動できます。このコマンドを使用して、現在のドキュメント内のテキストを検索することもできます。テキストの一致は、一致するメンバーの後にポップ...